ドキッとした言葉。「あなた、今、ときめいている人、ことはある?」。高齢の知人のときめきの工夫。

未分類

最近、80代の知合いにいわれ、
ドキッとした言葉があります。

「あなた、今、ときめいている人、ことはある?」

です。

このブログを読まれているあなたは、
いかがでしょうか?
一人暮らしの知人。
年をとって一人暮らしで、一番寂しいことは、
昔のことを含め、話し会う人がいなくなることだと言います。

近所の人、また同級生、親戚などが、
年とともに亡くなり、語り合う人がいなくなった。

これが、精神的に一番こたえたことだといいます。

それは時の流れでしようがない。
今、話せる人を探そうと気持ちを切り替え、
新しく話せる人を自分で開拓することにしたそうです。

朝起きて、家を出て、近所を歩くと、
それまで知らなかった人と出会う。
深い付き合いは臨まないが、あいさつを交わす間柄になる。

そして、コンビニやミニスーパーを回る。
年を取って余り調理をしないこともあるのですが、
コンビニ、ミニスーパーは、毎日出かけていって、
お総菜、お菓子、生活用品を買う。

同じ時間帯に行くと、同じ人が勤めていることが多く、
そうした人と、お天気や季節の花の話題などを交わす。

たったそれだけですが、それが何物にも代えがたい
言葉のやりとりになっていて、気持ちがはなやぎ、
イキイキとしてくるのだそう。

またテレビで、ときめく人を見つけるのも日課。
つい先頃まで放送されていた、「あさが来た」の
五代友厚を演じていたディーンフジオカ。

彼には、久しぶりに心が揺れて、ときめいたそう。

そうした自分の心動かせる人や、ことを
テレビ、新聞などで出来るだけ探すようにしているとのこと。

これはお医者さんにも、心の健康、
また頭の働き(認知症予防)のためにもよいことだと
勧められたといいます。

好きと思う心から、ホルモンが分泌されて、
人は若返る、活性化されるそう。

何歳になっても、好きになる対象がある方が、
人生が楽しく、意味のあるものになりそうですね。

仕事に追われ、そうした好きという気持ち、
憧れる気持ち、ときめく心持ちから遠ざかっていた自分。

反省しました。

このブログを読んでいただいたアナタに伺います。

「最近、ときめいた人、ことはありましたか?」

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント