亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

2月23日富士山の日。富士山初登頂した友人が強烈に富士登山を勧める訳。

   

語呂合わせで2月23日は富士山の日だそう。

富士山というと、
数年前の友達のチャレンジを思い出します。

何歳か年下の女性の友達。
その頃、仕事にもプライベートにも
いろいろあって精神的にも、また
肉体的にもまいっていたそう。

何かしなければ。
そう思ったものの、
なにをやっていいのかわからない。
そんな状態が続いたといいます。

ある日、昼休み、ランチをとるため、
会社の近くを歩いていた時、
「富士山に登ってみませんか。初心者歓迎」
といった広告を見かけたのです。

「これだ」とひらめいた友達は、
その日、会社帰りにその広告が出ている
スポーツ店に。

広告はグループで夏の富士登山を
目指すというもの。

全くの登山初心者でも、
安全安心して登れるように、トレーニング、
登山用品などを教えてくれる内容でした。

平地・日常でもできる歩き方の指導を受け、
毎朝そして夕方、公園、自宅周辺を歩くことから
始めたといいます。

富士登山に関する様々な知識を教えてくれる
授業もあったとか。

そうして準備万端整えて、
目指した富士山登頂。

山小屋に泊まり、ご来光を目指し、
真っ暗な早朝から頂上を目指す。

思っていた以上に、苦しかったけれど、
リーダーそして他のメンバーがいたので、
精神的にめげて、断念ということは
かんがえられなかったとのこと。

苦労して一歩ずつ体を上に。
周囲は、非日常の世界。

登っているうちに、精神が
とても解放され、
これまで味わったことがない領域に。
目の前がぱっと開けたような感じがしたそう。

その感覚は頂上の到達して、
下山している最中もずっと続いたとのこと。

走るとランナーズハイという高揚感がありますが、
クライマーズハイと表現できる気分でしょうか。

体験した後、気持ちも変わり、
精神的なもやもやも吹っ切れたといいます。
また登山のため、運動を続けたせいか、
体力もずいぶん回復し、それにより、
精神も安定したそう。

という訳で、友人知人にあうごとに、
体験を語り登山を勧めるようになりました。

自分もその一人。

彼女の生き生きとした話しぶり、顔色などを見て、
富士登山の効用を十分に理解しました。

一時は自分も熱があがったのですが……。
あれから数年、まだ実行していません。

今年こそ、富士山発登山を目指したいですね。

石井スポーツ登山学校
https://www.ici-sports.com/climbing_school/school/school.php

好日山荘登山学校
https://www.kojitusanso.jp/school/practical/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

一人暮らしの知合いたが、旅の仲間(旅友)を募るサイトを利用。

一人旅も良いですけれど、 集団で行く旅行も思い出を後で、 語り合え楽しいですね。 …

「ながら」を止めてみてわかったこと。一つ一つに丁寧に向き合う大切さ。

2016年12月に、 《「十人の敵は一人一人やっつけなさい」「問題は縦に並べなさ …

「温活」継続中。1年前に較べ体温が上がり調子よし。白湯、スクワット、ルームシューズ。末端温め。

丁度1年前、体温を久しぶりに測ったところ、 若い時に較べ、かなり低くなっており、 …

「ナスダックって何」と質問した母。「知識を得たい人は老いない」 「知識をなおざりにする人は老いる」。

2015年12月15日、朝ご飯をとりながら、 NHKのニュースを見ていました。 …

知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

久しぶりに食通の知人に会いました。 会ってすぐに彼が話し始めたのは、 この冬買っ …

東日本大震災で被災した歌手・クミコさん。心を溶かした場所と言葉は。

「広い川の岸辺」がロングヒットしている歌手のクミコさん。 東北の被災地でのコンサ …

今年2015年は、平成27年。そして昭和90年。明治148年、大正104年。

2013年12月に、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが、 「昭和八十八年度! …

ミシュランガイドで世界初、屋台が一つ星獲得。「香港油鶏飯麺」と「吊橋頭大華猪肉麺」。また行列が伸びる。

シンガポールに1人旅したとき、 食事をどうしようかと悩みませんでした。 どこの都 …

日本酒巡りの達人から教えてもらった福島の「飛呂喜」。ついでのアドバイス「次の機会はほとんど来ない」。

先日、久しぶりにあった知合い。 日本酒の師匠ともいうべき方です。 新潟のご出身で …

母子手帳ならぬ「祖父母手帳」。今時の子育ての常識をまとめた手帳をさいたま市が発行。「孫育て」と「孫疲れ」。

何年か前、中学の同級生(女性)に孫が出来たと知り、驚きました。 若い時に結婚し、 …