亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

実家の巨大な仏壇・仏具を整理した知合い。純金のおりんの価値を知る。

   

実家の家を整理する「親家片(おやかた)」が
話題になっていますね。

知合いに何人もいます。
話を聞いていると、
物理的にも精神的にも大変みたいです。

先日、聞いた話は、仏壇・仏具の整理。
その方のご実家は広い一軒家。
仏壇を置いている部屋は、仏間で、
そこに巨大な仏壇と灯明、花立て、
おりんなど様々な仏具が置かれていたそうです。

地方にいくとそうした立派な仏間と
大きな仏壇のあるお宅、ありますね。

知合いは東京のマンション暮らし。
お宅は全部あわせて、実家のの仏間くらいですから、
とてもそれらを持ってこられません。

そこで、その仏壇、仏具を処分し、
マンションにあう小さな厨子(ずし)を
新に買うことを決めたとのこと。

調べたら、仏壇を処分する前に、
僧侶などに「魂抜き(閉眼法要)」を
してもらわないといけないとわかったそう。

その方はご先祖様のお墓などは、
実家の近くに残したので、
菩提寺の住職に相談。
それは快く引き受けてくれたそう。
(お布施あり。位牌なども処分を依頼)

仏壇などの処分は一般廃棄物としてゴミとしても
出せるのですが、それはさすがに忍びないので、
あたらしく仏壇(厨子)も買うということで、
仏壇業者に相談。

そうしたらひきとってくれることになったそう。

業者が引き取りの下見に、
立ち会ったとき、思いも掛けないことを
いわれたといいます。

それは、「おりん」。
なんと純金で、
数百万の価値があるものだと。

ご両親などから小さい時に、
おりんについては、聞かされた記憶が
うっすらとあったようですが、
まさかそれほどの価値があるとは
思わなかったと。

そこでその「おりん」だけは、
マンションに引き取ることにしたと。

すべてが終わって安心している反面、
ご先祖様から受け継いだ仏壇・仏具類を
処分してしまったという後ろめたさは
あると言います。

さらに心配なのは今後。
お子さんが1人いらっしゃるのですが、
結婚を予定している相手も一人っ子。

両家の仏壇、墓を管理は大変。
まだ元気なうちに、今度は、
実家の墓もどうしようかと
頭を悩ましているとのことです。

この知合いに限らず、今後、
こうした問題はまだまだ多くなりそうですね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

かびた餅は危険、食べるべからず。カビだけ取り除いてもダメ。

明日、15日は小正月。 1月11日に鏡開きをして、 鏡餅を食べたけれど、 まだ小 …

「東京の丸ビルも丸いと思ってた」。人生の中の小さな勘違い。「つもりちがい十ヶ条」

先日、同級生と丸ビル内の居酒屋で お酒を飲みました。 その席で友達が、大阪の取引 …

「必要に迫られればできるようになる」。英語で外国人観光客とやりとりする近所のお店の老夫婦。

わが家は、成田・羽田、 さらに言えば浅草に直結している 都営浅草線沿線にあります …

母と箱館戦争について語り合う。「幕府方の永井玄蕃頭(げんばのかみ)は、おじいちゃんの……」。

テレビの歴史番組が好きでよく見ています。 先日も、箱館戦争で亡くなった 土方歳三 …

もう一度食べたい食べ物、料理は? 「あけび」と答えた人を思い出す秋の暮。

秋のこの季節になると、 「あけび」とその人のことを思い出します。 「あけび」は、 …

6月30日、「夏越の祓」をしましたか?  逃した方は、夏詣。《開運八社さんぽ 東京福めぐり》。

6月30日、一年の半分が今日で終わります。 以前にも書いたのですが、この日は、 …

祖母曰く「人は得意なことで失敗する」。徒然草第109段「高名の木登り」。

昔、中学の古典の授業で、 徒然草を習いました。 その中の第109段に 「高名の木 …

小池都知事の「頭の黒いネズミ」発言。小さい頃の盗み食い。ねずみ捕りに、町内会のネズミ一斉駆除。

小池都知事の「頭の黒いネズミ」発言。 都議会で「具体的に誰なのか」と質問され、 …

渡せなかった修学旅行のお土産。高知県の銘菓「松魚(かつを)つぶ」。

日曜日に放映されていた TBSの世界遺産では、日光東照宮を 取り上げていました。 …

折り込み広告を使った自作カードで、脳トレをしている知人。日々のトレーニングの結果は?

還暦を過ぎた知人。 何年か前にスマートフォンデビューをして、 今ではすっかり使い …