亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

実家の巨大な仏壇・仏具を整理した知合い。純金のおりんの価値を知る。

   

実家の家を整理する「親家片(おやかた)」が
話題になっていますね。

知合いに何人もいます。
話を聞いていると、
物理的にも精神的にも大変みたいです。

先日、聞いた話は、仏壇・仏具の整理。
その方のご実家は広い一軒家。
仏壇を置いている部屋は、仏間で、
そこに巨大な仏壇と灯明、花立て、
おりんなど様々な仏具が置かれていたそうです。

地方にいくとそうした立派な仏間と
大きな仏壇のあるお宅、ありますね。

知合いは東京のマンション暮らし。
お宅は全部あわせて、実家のの仏間くらいですから、
とてもそれらを持ってこられません。

そこで、その仏壇、仏具を処分し、
マンションにあう小さな厨子(ずし)を
新に買うことを決めたとのこと。

調べたら、仏壇を処分する前に、
僧侶などに「魂抜き(閉眼法要)」を
してもらわないといけないとわかったそう。

その方はご先祖様のお墓などは、
実家の近くに残したので、
菩提寺の住職に相談。
それは快く引き受けてくれたそう。
(お布施あり。位牌なども処分を依頼)

仏壇などの処分は一般廃棄物としてゴミとしても
出せるのですが、それはさすがに忍びないので、
あたらしく仏壇(厨子)も買うということで、
仏壇業者に相談。

そうしたらひきとってくれることになったそう。

業者が引き取りの下見に、
立ち会ったとき、思いも掛けないことを
いわれたといいます。

それは、「おりん」。
なんと純金で、
数百万の価値があるものだと。

ご両親などから小さい時に、
おりんについては、聞かされた記憶が
うっすらとあったようですが、
まさかそれほどの価値があるとは
思わなかったと。

そこでその「おりん」だけは、
マンションに引き取ることにしたと。

すべてが終わって安心している反面、
ご先祖様から受け継いだ仏壇・仏具類を
処分してしまったという後ろめたさは
あると言います。

さらに心配なのは今後。
お子さんが1人いらっしゃるのですが、
結婚を予定している相手も一人っ子。

両家の仏壇、墓を管理は大変。
まだ元気なうちに、今度は、
実家の墓もどうしようかと
頭を悩ましているとのことです。

この知合いに限らず、今後、
こうした問題はまだまだ多くなりそうですね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏場の行楽、お出かけで重宝する自然解凍の冷凍食品。知合いは外出時には必ず持参。

先日、訪れた取引先。 そこの控え室で備え付けのコーヒーを 飲んでいたら、丁度、お …

「窓からは光(や風)とともに幸せが入ってくる」。その通り道、汚れていませんか?

以前、別のブログで 「窓の曇りは心の曇り」 という、曾祖父と祖父に言葉について …

若い頃、1日テレビ3時間以上見ていた人は、40~50代になって記憶力が低下。アメリカの医学誌に論文。

一日にテレビを何時間、ご覧になっていますか? 高齢で一人暮らしの場合、かなり多い …

「おいしい果物をお持ちしました」「いらない靴を引き取ります」。家に訪れる危ない人や電話。

仕事場から家に、昼ご飯を食べに 帰ってきたら、母が電話を受けていました。 どうや …

104歳で現役の経営者。コーヒー焙煎販売。西荻窪「アロマフレッシュ」店主・安藤久蔵さん。

最近は100歳を超えていらっしゃる方は、 そんなに珍しくなりました。 けれど働い …

電動スープメーカーを買って、1年365日スープを飲んで健康になった知合い。スープ健康法。

料理研究家の辰巳芳子さん。 映画にもなったスープ作り。 病床のお父さんのために …

斧琴菊紋。ご存じですか? 「良き(善き)こと聞く」の精神。

2015年9月28日、取引先の女性が騒いでいました。 福山雅治さん、千原ジュニア …

「頑張っている人を応援することは、自分を応援することでもある」。2016年2月28日の東京マラソンのランナーを応援する近所の人の言葉。

明日、2016年2月28日、 東京マラソンが行われます。 自宅、仕事場、会社がそ …

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」の句とともに先輩が教えてくれた目のつく言葉3つ。目の毒、目の薬、目垢。

「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。 五月ころの季節になるとこの句を思い出します …

長友選手の影響で「アモーレ」が流行語に? イタリア語の愛情表現、愛する人への呼びかけ。

サッカー日本代表チーム、 2016年6月3日のキリン杯の ブルガリア戦は、7-2 …