亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「人生煎じ詰めれば……」。煎じた後に残るものは?

   

昔、近所におばあさん1人で
住んでいるお宅がありました。

その前を通ると、なんとも言えない
薬くさい匂いがしたものです。

あるとき、その匂いの元がわかりました。
母と一緒にそのお宅を訪れたから。

おばあさんは、陶器の土瓶に、
乾燥した葉やら木の木っ端の
ようなものを入れ、煮だしていたのでした。

それは漢方薬の煎じ薬で、
胃腸や血流を良くするために飲むものとのこと。

毎日毎日、朝煮出し、それを1日3回飲むんだそう。

それなら一度に大量に作っておけばいいのでは
と思ったのですが、煎じ薬は、毎日その日に
煎じなければダメなんだとか。

また煎じるのは、強火で一気にというのは
良くなくて、薬の成分を出すためには
じっくりと時間をかけなければいけないとも。

親しくなって、1人で訪れるようになると、
お菓子などを出してくれながら、
いろいろな話をしてくれるようになりました。

その中でよく覚えていることの一つが、
「煎じ詰めれば」という言葉。

「煎じ詰めれば」というのは、
まさに煎じ薬の成分が出つくすところまで
煮出す、煎じるということ。
そこから究極のところ、結論が出るまで、
考えを突き進めるという意味で使われます。

おばあさんは、さらにその言葉には、
最後に残ったもの、本質は何か
という意味でもあると。

人とつきあうとき、その人がどんな人か考える。
すぐには結論が出ない。
その人を煎じ詰めなくてはいけない。
それにはじっくりと時間を掛けねば、
その人の本質は出てこない。
じっくり構えなさいと。

また自分の人生を考えたとき、
最後に何が残るか、
つまり煎じ詰めたら何が残るかを
常に考えなさいと。

無駄なモノをそぎ落とし、
薬効のある部分のみを抽出する。
それが煎じ薬。

自分や自分の人生を煎じ薬に置き換えて
考えたとき、何が自分、自分の人生に残るのかと。

その言葉をずーっと忘れていましたが、
人生も後半戦。
煎じ詰めねばならない時期にさしかかってきています。

自分の人生を煎じ詰めたとき、何が残るのか。
じっくりと考える必要がありそうです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

相違じゃんけんってご存じ。頭を活性化するシナプソロジー。

先日、知合いにあったら、 最近、脳に刺激を与える活動をしている と教えてくれまし …

簡単な血液検査で認知症のリスク(前段階MCI)がわかります。

認知症の研究。 日々、進んでいます。 認知症の前段階はMCI(軽度認知障害)。 …

家・仕事場の近くに中央区コミュニティサイクルのポートが。2015年10月1日からサービス開始。

今年2015年2月に金沢に行ったとき、 コミュニティサイクルを使い、観光をしまし …

関西出身の知人。夜に納豆。入れるのはヨーグルトで快調、快腸。

納豆はお好きですか? わが家は必ず冷蔵庫に入っていて、 朝、家族の誰かがいただき …

2015年の紅白。大トリは2年連続で松田聖子さん。「トリ」。「トリを取る」とは?

12月31日に放送される 「第66回NHK紅白歌合戦」の 出場歌手の出演順が発表 …

消費期限間近の「高級カニ缶」を母と一緒に食べた。母と自分の感想。

ちょっと気が早いですけれど、 まもなく9月1日。 この9月1日と1月17日、 そ …

懐かしの「がんづき」。毎日新聞のおかん飯で紹介。岩手のお菓子だったんだ……。祖母の「雁月」。

甘い物はお好きですか? お好きな方、「がんづき」 というお菓子をご存じでしょうか …

日本ダービー、皐月賞を制したドゥラメンテはイタリア語。その意味は?

2015年5月31日に行われた第82回日本ダービー。 制したのは、一番人気、本命 …

「荷物は小さく軽く」。身軽にして、動きやすく。元祖ミニマリストの祖母の教え「人生の荷物も小さく軽くが良し」。

東京のお盆は過ぎてしまいました。 母が亡くなった祖母のことについて、 語るとはな …

「雨のことば辞典」。雨づくしの1200語。青葉雨、麦雨。雨濯、筍流し。豊かな言葉。

新聞の書籍広告に、 「雨のことば辞典」が出ていました。 《雨づくしの一二〇〇語》 …