永六輔さん。亡くなる。各地を旅して、そこの体験、空気を、放送で伝える。民俗学者・宮本常一の言葉を実践。

スポンサーリンク
未分類

放送作家、作詞家、エッセイスト、
ラジオパーソナリティなど
数多くの肩書きを持ち、放送の世界で活躍された
永六輔さんが亡くなられました。

テレビ、ラジオに、出演されているのを、
見たり聞いたりするだけでなく、
ご実家のお寺(最尊寺)で行われていた
会を聞きに行ったり、東京の映画館や、
地方などで、何度もお目にかかったことがあります。

たくさん書かれた本も読んでいます。

なので、テレビ、ラジオからなのか、
ご本からなのか、それとも直接ご本人からなのか、
その経路は定かではないのですが、ともかく
世の中の面白い話、不思議な話、ためになる話を、
永さんから、いくつも知る事ができました。

永さんは、師である民俗学者の宮本常一さんに
言われたことを、実践していると
常々おっしゃっていました。

「ラジオは電波だ。電波はどこにでも飛んでいく。
だからきみもどこへでも飛んで行って、
スタジオでなく、電波が届いた先がどうなっているのかを
見聞きしなさい。話を聞きなさい。そして、それを持って
帰ってスタジオで話しなさい。」

ベストセラーになった本の中には、
そうした旅で得た多くの人々の言葉を
集めたものがいくつもありました。

その影響だと思いますが、
自分も地方に出かけては、
特に高齢者の話を聞くように心がけていました。

ガイドブックや本には出ていない、
その地方の歴史や考え方、知恵などを
いくつも教わりました。
(佐渡島の人里離れたある集落、そして、
新潟と山形の県境にある山中の村を訪れた時、
そこにも永さんが何度も来たことがあるとわかりビックリ)

もうずいぶん前になりますが、
銀座の映画館で
お見かけしたことがあります。

残念ながら映画のタイトルを
忘れてしまったのですが、
とてもいい映画でした。

見終わった後、映画館を出たところで、
やはりその映画をご覧になった永さんと
一緒になりました。

こちらが、「いい映画でした」
と声をかけると、にっこり笑って、
「いい映画を見ると、顔でわかるね」
と言葉を返してくれました。

作務衣(?)にずだ袋を下げて、
銀座4丁目方向に、さっそうと
去って行った姿を、
昨日のことのように覚えています。

ご冥福をお祈りします。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント