亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

祖母曰く「人は得意なことで失敗する」。徒然草第109段「高名の木登り」。

   

昔、中学の古典の授業で、
徒然草を習いました。

その中の第109段に
「高名の木登り」がありました。

あなたは覚えていらっしゃいますか?

《高名の木登りと言ひし男、人をおきてて、
高き木に登せてこずゑを切らせしに、
いと危ふく見えしほどは言ふこともなくて、
降るるときに軒たけばかりになりて、
「過ちすな。心して降りよ。」
とことばをかけ侍りしを、
「かばかりになりては、飛び降るるとも降りなん。
いかにかく言ふぞ。」 と申し侍りしかば、
「そのことに候ふ。目くるめき、枝危ふきほどは、
己が恐れ侍れば申さず。過ちは、やすきところになりて、
必ずつかまつることに候ふ。」 と言ふ。

あやしき下臈なれども、聖人の戒めにかなへり。
鞠も、難きところを蹴出だしてのち、
やすく思へば、必ず落つと侍るやらん。》

http://manapedia.jp/text/1652

名高い木登り名人が、人を木に登らせて
梢を切らせた。
高い時にいるときには、声をかけなかったが、
軒先ばかりの高さになった時に、
気をつけるようにと注意した。

なぜかと尋ねたら、高い所は自分が気をつける。
失敗は簡単なところになって起こるものだからですと。

身分の低い人だけれども、言っている内容は、
徳の高い人の戒めと一致している。
蹴鞠も難しい所にきたものを蹴り出した後、
簡単なところにきた鞠をけるときに
たやすいものだと思っていると、必ず落ちる
と言われているようだ。

そんな内容でした。

これを習った時に思ったのは、
祖母が言っていたことに似ている
ということでした。

祖母が娘や孫達に言い聞かせていたのは、
「人は得意なことで失敗する」
ということでした。

どういうことかと言うと、
例えば、弁舌が巧みな人がいたとします。

その人は取引先に得意の弁舌でもって、
新商品、新サービスを売り込む。
ところが、その売込み文句の中に、
オーバーな表現があったりして、
相手に誤解を与え、契約をとったあとに、
トラブルになってしまう。

はたまた数字に明るいと思われる人が、
見積書の計算を間違えて取引先に出してしまい、
大失敗してしまう。

酒に強く、宴席に強いものが、
酒の席で失態をさらし、
取引先を怒らせてしまうなどなど。

そんな例を具体的に教えてくれたものでした。

なので、得意な分野、技能ほど、
気をつけよという教えでした。

中学の頃は、テストの時に、
得意分野で失敗したりといった時に
この言葉を実感しました。

そして社会人になった後、
まさに祖母の言葉通りのことが起こりました。

自分は、説明がうまく、
人とのコミュニケーションが得意だと思い、
また周囲もそう認めてくれていました。

しかし、ある時、あるサービスの説明について、
取引先に大きな誤解を与え、そこから役員クラスの
上司が謝罪する大きなトラブルに
なったことがありました。

その時に、祖母が言っていたことは、
こういうことだったのかと、
身にしみて思い出したのでした。

得意だと思っていると、
そこに慢心や油断が生まれ、
そこにトラブルの種が忍び込むのですね。

突然、この祖母の言葉と
徒然草の「高名の木登り」の段を
思い出したのは、自分にそうした
失敗があったからではありません。

最近の様々なニュースを見聞きして、
頭の中にふと浮かんできたのでした。

「人の振り見て我が振り直せ」
ということわざもあります。

得意で失敗しないよう、
改めて心したいと思います。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

物忘れ改善薬をドラッグストアに買いに行った友人。奥さんに叱られる。

このところ様々な製薬会社から、 「物忘れ改善薬」が発売されていますね。 自分もこ …

挿架(そうか)、目片口(めかたくち)。最近、初めて出会った言葉。

昔、近所に国鉄を定年退職したおじさんがいました。 そこによく遊びに行っていたので …

読書から遠のいていた理由は、照明だった。高齢の知人がLED付きルーペから読書灯にめざめる。

読書好きの年配の知合いがいます。 けれどずいぶん前から、それまでに比べ、 目が疲 …

温活を本格的に開始。白湯、温熱サポーター。今年から加わったジンジャーココア。

あるとき、久しぶりに体温を測ったら、35度台。 それに驚いて、体を温める温活を始 …

故郷から送ってきた十年熟成自家製味噌。知人がその味噌汁を飲みながら、感じた時の流れ。

知合いの故郷は長野県。 蔵がある代々続く農家です。 東京に住む知合いのもとに、 …

富士山の最多登頂記録の登山家・実川欣伸さん。エベレストに再挑戦。

人生で一度は富士山に登りたい。 そう思っている方は多いと思います。 2014年に …

嫌いな人、物、場所などにも意味はある。嫌いを大切にすると自分が変わる。

先日、会った年配の人の話。 心動かされることがあったので、 記しておきます。 そ …

昔、旅館で枕元にあった「宝水」。覚えていますか? 夜中の水分不足を解消。足のつり、脳梗塞防止。

「宝水」。 この言葉、そしてそれが 意味する物をご存じですか? 2015年10月 …

「あさが来た」で「ファーストペンギン」? 明治時代に?

昨日もNHKの連続テレビ小説「あさが来た」の 話題を取り上げました。(「スカブラ …

子育て四訓をご存じですか? 「乳児はしっかり肌を離すな。幼児は肌を離せ、手を離すな……」。

先日あるところで「子育て四訓」 という言葉を聞きました。 あなたはご存じですか? …