亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「心臓がドキドキ」「微熱が出る」「 体がだるい」。知人男性の不調の原因は? 意外にも……。 

   

知合いの男性。

あるとき気づいたのは、
立ちくらみ。

それまでそんなことなかったのに、
度々起こるようになったそう。

そのうちそんなに動かないのに、
心臓がドキドキ。
さらに微熱が出たり、
なんとなく体がだるいといったことが。

さすがにおかしいと思って、
病院に行って見てもらったといいます。

何が原因だと思いますか?

血液検査をしたところ、
ヘモグロビンの値が低い。
いわゆる貧血だったんだそう。

貧血の原因は知人の場合、
加齢、食生活。

つまり年を取ったこと。
偏った食生活を送ったこと。

高齢者の貧血の原因として多い、
胃腸からの出血はなし。
(胃潰瘍、胃がん。十二指腸潰瘍、
大腸癌などによる出血)

知人の値だけみると、若い人なら
立っていられないほど。

お医者さんによると
長年ちょっとずつ悪くなったので、
体が慣れてしまったのかもしれないと。

この知人のように、
年を取ってから貧血になる人は
意外に多いのだそう。

知人は鉄剤などを処方してもらい、
鉄分の多い食材を含むバランスのよい
食生活を送ることを指導されたとか。

知人が意外に思ったのは、
肉、卵などのタンパク質を
できるだけ多くとるように言われたこと。

鉄欠乏性貧血症の場合、
ミネラルの鉄分だけでなく、
タンパク質をしっかり
とることが必要なんだとか。

上に書いたような不調がある方。
一度、貧血を疑ってみる必要が
あるかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

生涯で2枚だけ名刺を受け取らなかったことがある。温厚な年上の方が明かしたその理由。

出張先で取引先の方と立ち話。 かなり地位の高い方なのですが、 出入りの業者にも気 …

日野原重明先生。10月4日で104歳。「10月4日 104歳に 104句」。

最年長の現役医師・日野原重明先生。 2015年10月4日で104歳になられました …

「死ぬときくらい好きにさせてよ」。樹木希林さんを使った宝島社の広告。「メメントモリ」。

1月5日、読売新聞の朝刊のページを めくっていると美しいカラーの 見開き広告が現 …

買った値段以上に処分費がかかった不要品。安物買いの銭失いを体験した年下の知人。

年下の知人が、結婚することになりました。 結婚準備のための引っ越しを 先日、行な …

閖上。「ゆりあげ」。「閖」はどんな意味と母から質問。知ったかぶりは知識を狭める。

昨日だったか、朝、ご飯を食べていると、 母が新聞を持ってきて、尋ねました。 「こ …

素人こそ道具にお金を。スライサー導入でキャベツの消費量増加。足にあったオーダー中敷きで毎日1万歩の知人。

仕事で道具を使うプロフェッショナルは、 お金を生む元である道具にお金をかける と …

ミシュランガイドで世界初、屋台が一つ星獲得。「香港油鶏飯麺」と「吊橋頭大華猪肉麺」。また行列が伸びる。

シンガポールに1人旅したとき、 食事をどうしようかと悩みませんでした。 どこの都 …

祖母の家近くのお寺で開かれた小学生の時の「肝試し」の思い出。闇と静寂。

読売新聞の夕刊に、 富山県射水市の高野山真言宗金胎(こんたい)寺が https: …

「速聴、高速音読」で頭のサビがとれたという知合い。

年とともに衰える記憶力、頭の働き。 ある程度、年齢を重ねた方なら だれでも感じた …

肌ぴかぴかおじいさんの使っていた小さな布の正体とは?

夏になって少し回数が減りましたけれど、 銭湯に通っています。 長風呂で身体の血行 …