亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

家庭内の投票の秘密。夫と妻、親など家族のの投票先を知っていますか?

   

明日、2017年10月22日は衆議院選挙ですね。

全国的に天気が悪い予想が出ており、
投票に行くのも大変な地域もありそうですね。

先日、知合いの人と
選挙の話になりました。

そこのお宅では、選挙前に、
投票先をどこするか、
選挙公報などをもとに、
家族で話し会うのだそう。
(選挙区、政党それぞれ)

なので家族はみんな同じ
候補者・政党に投票するとのこと。

これを聞いて驚きました。

わが家も、選挙、候補者について
話をしますが、投票先は家族バラバラ。
というか家族がどの人に投票しているのか、
全くわからないからです。

その時、居合わせたもう1人は、
夫婦で話しあって、
1人の候補者に決めるそう。

たまたまその場にいた2人が
家族で話会って、投票先を一緒に
決めるとの結果に驚いたので、
帰宅後、他の友人・知人に聞いてみました。

そうしたらなんと、家族みんな一緒
という家庭は少なかったのですが、
夫婦で一緒というところは
意外なくらい、多かったのですね。

これは全くの予想外。

昔、愛媛の親戚の叔父さん夫婦が、
選挙の時、村のえらい人の指示で
ある候補者に入れるという話を
聞いたことがあります。

その時、誰が誰に入れたか分かるように、
ある工夫というか仕掛けをするんだそう。

例えば、候補者の名前を書く場所。
右上に収まるように書く。
もしくは、字に特徴をつける。

これは例ですが、鈴木一郎さんという
候補者に入れるとすると、
木の縦棒を長くする。さらに「一」を
ちょっと右下がりにするなど。

地区で開票をした時に、開票した票を
立会人が点検するらしいのですが、
それでちゃんと頼んだ人に入れているかどうか
チェックするとのこと。

なので夫婦はもちろん家族は
みんな同じ人に投票する。

こうなると投票の秘密は
あってないようなものですね。

それはもう昔の話だと思っていたのですけれど……。

家庭内でもそれぞれ自分が良いと思った人に
投票するのが当たり前と思っていたら、
自分の身の回りでは、必ずしもそうではない
という結果にビックリしてしまいました。

世間一般的にはどうなんでしょうか、
とても気になります。

我が家の常識は、
必ずしも世間の常識ならず。
改めてそう思わされました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「赤いアンデス」。38年ぶりにアンデスメロンの新品種、誕生。

「アンデスメロン」、お好きですか? 小さい頃、メロンは、高級品でした。 あったの …

思い出の品を小さくして手元に。制服、スーツ。ランドセル。

あなたは、学生の時の制服、ランドセルなどをお持ちですか?、 先日、知合いの女性が …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」。気働き。「一を聞いて十を知る」。

あなたは、 「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」(もしくは「鑿と言わば槌」) という …

断捨離と一緒に省エネも実施した知人宅。電気代、ガス代などが激減。

東京都にお住まいのあなた。 白熱電球2個をLED電球に交換しましたか。 現在、特 …

明治天皇の玄孫(やしゃご)竹田恒泰さん、結婚。来孫(らいそん)、昆孫、仍孫、雲孫。

明治天皇の玄孫(やしゃご)の 竹田恒泰さんが、2015年4月19日、 一般女性と …

寒い季節。暖かいスープ、煮物を作るのに最適。プチプチ、発泡スチロールで省エネ、ほったらかし保温調理。

寒い季節、暖かい料理が恋しい季節となりました。 冷え性で体温が低く「温活」をして …

久しぶりに会ったイタリア人の友人達2人。未婚の母と別居生活開始。惰性で生きない。

2017年10月8日、 あるお祝いのパーティーに出席。 知合いや友達の イタリア …

進行すれば介護の必要。4700万人の衝撃。ロコモ(運動器症候群)の新基準を日本整形外科学会が発表。

4700万人。 この数字に驚きました。 日本整形外科学会が発表した、 ロコモ度1 …

童話作家の佐藤さとるさんなくなる。88歳。「コロボックル物語」シリーズの作者。小学生の時に魅了された。

童話作家の佐藤さとるさんが、 お亡くなりになりました。 89歳でした。 佐藤さと …