亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

残されたネガフィルムで父母の自分に対する愛を知る。フィルムをデジタル化し始めた知人。

   

若い方はもしかしたら、
もう見たことがないかもしれません。

昔、写真といえば、フィルムで撮影し、
現像し、プリントするものでした。

今は、スマホ、デジカメで撮影し、
そのまま眺めたり、送信したりして、
見ることが多いですね。

定年を迎え、少し時間に余裕が出来た知人が、
家の引き出しの中に眠っている、
大量の写真とネガフィルムを整理しようと
手を付け始めたそうです。

中学、高校時代は、自分が撮影したものも
ありますが、それ以前、赤ちゃんから
中学くらいまでは、ほとんど両親が撮影
してくれたものだそう。

当時、フィルムは貴重で、今のようにバシバシとらず、
大切に選んでとっていました。
また現像、印刷も結構値段がはったので、よいものを
選んでプリントし、アルバムに貼ってあるとのこと。

そうした写真、ネガフィルムを整理し、
出来ればデジタル化して、残そうと
決意したとのこと。

以前、街中のDPEショップに一部、持っていった
こともあるのですが、デジタル化は結構お金が
かかると気づき、自分でやってみたいと思ったそう。

昔は高かったスキャナーも今はかなり安価になり、
手間も以前に比べかからなくなっているようです。

現像されたネガフィルムを引き出しから出し、
それをスキャナーにかける。

小さい頃はモノクロ(白黒)ですが、
小学校に上がる頃からカラーに変わるそう。

ただプリントしたカラー写真は退色が激しく、
それ以前の白黒写真の方が劣化していないとのこと。

そうして一つずつチェックし、
スキャナーでデジタル化し、
パソコンに取り込んでいるうちに、
気づいたのは、親がいろいろな所に
連れて行き、そこで写真をとっていること。

多くの場合、近所の公園、百貨店だったりするのですが、
中にはわざわざ遠くまで旅行し、撮影したものも
多くあるよう。

そうした写真・フィルムを見ると、
本当に自分を愛し、大切に育ててくれたのだなと
感じたとのことです。

家族の場合、撮影役をしている
お父さんの写真がない場合が多いのですが、
お母さんがカメラマンを買って出て、
お父さんの写真も存在。

小さな時の自分を見るのも楽しいですが、
それよりも若い時の父母の姿は、
自分以上に感激するとのことです。

なんとなくわかる気がしますね。

地震、水害など災害にあった方々が、
よく言われるのが、昔の写真を失うのは、
他のものに較べても、とても悲しいし、
寂しいということ。

写真は単なるものではなく、
そこにまつわる家族の歴史、時間、
物語をとどめているものですから、
失ったときの衝撃は大きいのかもしれませんね。

知合いの話を聞いて、
わが家にも眠っているネガフィルムを
かびたり、劣化する前にデジタルで取り込みたい
と思いました。

〇デジタル化したデータのプリント。
以前よりも進んだ最新のプリント技術を
使うため、驚くほど鮮明な写真が
得られるとのことです。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

閖上。「ゆりあげ」。「閖」はどんな意味と母から質問。知ったかぶりは知識を狭める。

昨日だったか、朝、ご飯を食べていると、 母が新聞を持ってきて、尋ねました。 「こ …

日馬富士の暴行事件からの教訓。スマホいじりは怒りを招く。

横綱日馬富士が、貴ノ岩に 暴行を加えたとして 大きな騒ぎとなっています。 横綱を …

人気チャネラーが脱税で告発される。思い出す、かつての同僚が頼ったサイキッカー。

先日、「チャネラー」として 人気が高い女性が、 脱税の疑いで告発された とのニュ …

「必要に迫られればできるようになる」。英語で外国人観光客とやりとりする近所のお店の老夫婦。

わが家は、成田・羽田、 さらに言えば浅草に直結している 都営浅草線沿線にあります …

運動すると体重が減らなくても肝脂肪が減る―筑波大、男性肥満者169名を解析

筑波大学は2015年4月3日、 同大学の研究グループが、 「中高強度の身体活動量 …

まもなく定年を迎える知合い。「人生の楽園」みたいな夢の実現に向けて準備中。

テレビ朝日で土曜日の夕方 午後6時から放送している 「人生の楽園」。 http: …

体が香りに染まるほど、食べていた松茸の思い出を語ってくれた祖母。

先日、百貨店の食品売り場に行ったら、 国産松茸が木箱の中に納められ 売られていま …

「大番頭」ってどう読みますか? 「おおばんとう」「おおばんがしら」。

「大番頭」。 どう読みますか? 突然、知合いから上の単語を書いた紙を 見せられ、 …

フルタ製菓の古田織部が登場するコマーシャルが話題。それを見た母が、「家に確か織部が……」と。

先日、昼休み頃、テレビをつけたら なんだかとてもポップなぶっ飛んだCMが。 フル …

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …