防災ぜいたく。ちょっと贅沢な品、そして自分の好物を備蓄品の中に。防災の知恵。

スポンサーリンク
未分類

9月1日防災の日、
前後に、災害に備えるための
知恵、ノウハウが特集されています。

このブログでも、ローリングストック、
なければあるもので間に合わせるなどの
考え方をご紹介しました。

様々な新聞の特集で、
なるほどと思ったことが
いくつかあります。

それは、「防災ぜいたく」と言う言葉。

神戸市東灘区に住む、料理研究家の
坂本広子さんが提唱しているもの。

「あえて少し効果な食品を用意する」
ということです。

阪神大震災で被災した時に、
ちょっとぜいたくなカレーの買い置きを見つけ、
食事が気分を変えてくれると実感したところから、
こう考えるに至ったそう。

日常、いつも食べているもの、飲んでいるものが
あると安心しますが、たまに自分へのご褒美として
口にするものがあれば、ストレスの多い災害時に、
心をいやしてくれるかもしれません。

それと同様な趣旨ですが、
「好物を備蓄する」との提案もありました。

食べたり飲んだりしたら、ほっとする、
安心するという好物はどなたにもあると思います。
それが災害時に出てくれば、どれだけ精神的に楽になるか。

ちょっと贅沢で美味しいモノ、また
自分の好物をいくつか備蓄品の中に
用意しておくといいなと思いました。

個人的には、うなぎの蒲焼きのレトルト、袋詰めかなー。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント