亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

100歳の現役写真家・笹本恒子さん。「野の花に感謝の気持ちを」。骨折し車椅子でも野の花を撮る。

   

日本ではじめての女性報道写真家・笹本恒子さん。
100歳で現役を続けていらっしゃいます。

2015年7月3日、NHKの「おはよう日本」において、
《野の花に感謝の気持ちを ~報道写真家・笹本恒子 100歳~》
とのタイトルで、近況が紹介されていました。
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20150703.html

残念ながら、去年、二度転倒され、
両手と両足を骨折。
現在は、長年続けられた1人暮らしをやめ、
再び歩いて、撮影できるよう、
鎌倉の施設でリハビリを
続けていらっしゃるようです。

そんな中、現在、取り組んでいらっしゃるのは、
これまで笹本さんの人生にかかわった人との話を、
野の花とからめ、エッセイにすること。

たくさんの野の花の名前が書かれた
本の構想についての、
手書きのメモが写されていました。

本のタイトルは、「花あかり」。

文章は屋内でもできますが、
野の花の撮影は、現場に行かなくてはいけません。

リハビリ中の笹本さんにとって、
エッセイに添える野の花の撮影が、
一番の課題です。

今、撮影したいのが、初夏に咲く白百合。

白百合にまつわる叔父さんとの思い出を
つづりたいとのことです。

戦時中、笹本さんは、自宅で掘り出したユリの根を、
神奈川の山あいの町に住んでいた叔父さんに送ったところ、
毛筆でしたためた
「百合根の疎開とは、誠に優雅なことにござそうろう」
との返事が届いたそうです。

現在は車椅子の生活をされている笹本さん。
車椅子をおしてもらい、白百合の咲く野原に。

咲いている場所までは、道がなく、
下は雑草が生えている柔らかい土。
車椅子の車輪が沈みこみます。
咲いているそばまで行くのも大変です。

苦労しながら、車椅子を操作してもらい、
なんとかたどりついた笹本さん。

花を前に、生き生きとした姿で、
細かく車椅子の位置を変えてもらいながら、
様々なアングルから白百合を
撮影していらっしゃいました。

その姿を拝見して、どんなときでも、
意欲を失ってはいけないのだなと
強く思わされました。

今から、出版される本の出版が楽しみです。

笹本恒子写真ギャラリー
http://ameblo.jp/sasamotogallery/

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
日本初の女性報道写真家・笹本恒子さん。9月1日で100歳に。11月に写真展。さらに本も出版。

記憶と実際の放送が違っていた部分を訂正しました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「ぞうきんになれ」。京都の仏教系の洛南高校の教え。久しぶりに聞く。

先日、取引先で初めてあった若者が、 「ぞうきんの教え」について話してくれました。 …

子育て四訓をご存じですか? 「乳児はしっかり肌を離すな。幼児は肌を離せ、手を離すな……」。

先日あるところで「子育て四訓」 という言葉を聞きました。 あなたはご存じですか? …

日本で初めての闘牛カレー、発売。沖縄闘牛で活躍した牛の肉を使っています。スペインの闘牛肉料理。

先日、近所の高級スーパーを訪れたら、 あまりのレトルトカレーの種類の多さに 驚き …

「頭と尻尾はくれてやれ」。近所に住んでいた株式の達人の教えてくれた相場格言を思い出す梅雨の夜。

「頭と尻尾はくれてやれ」。 この言い回しをご存じでしょうか? これは株式相場にま …

小池都知事の「頭の黒いネズミ」発言。小さい頃の盗み食い。ねずみ捕りに、町内会のネズミ一斉駆除。

小池都知事の「頭の黒いネズミ」発言。 都議会で「具体的に誰なのか」と質問され、 …

「雨のことば辞典」。雨づくしの1200語。青葉雨、麦雨。雨濯、筍流し。豊かな言葉。

新聞の書籍広告に、 「雨のことば辞典」が出ていました。 《雨づくしの一二〇〇語》 …

田中角栄都市伝説。目白の田中角栄邸から新潟県西山町の実家まで3回曲がるだけで着く。神楽坂の逆転一方通行。

「月曜から夜ふかし」という番組の 2015年5月4日放送で、 田中角栄の都市伝説 …

知人がぎっくり腰で車椅子で仕事に。冬先、寒さで発症も。前兆に気をつけろ。

ぎっくり腰。 経験した方、多いのではないでしょうか> 今日、仕事場に行ったら、 …

目、肩、背中の凝り・不調。原因は単純だった。40歳過ぎたら、3ヶ月に1度は目をチェック。老眼用コンタクトレンズ。メガネ。

50歳過ぎの男性。 この数年、頭が重い、 目が痛い、背中、肩が凝る といった症状 …

落語「八五郎坊主」と釈迦の弟子・周利槃特(しゅりはんどく)。そして「レレレのおじさん」。

落語「八五郎坊主」そして、 釈迦の弟子の一人周利槃特(しゅりはんどく)。 ご存じ …