亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

100歳の現役写真家・笹本恒子さん。「野の花に感謝の気持ちを」。骨折し車椅子でも野の花を撮る。

   

日本ではじめての女性報道写真家・笹本恒子さん。
100歳で現役を続けていらっしゃいます。

2015年7月3日、NHKの「おはよう日本」において、
《野の花に感謝の気持ちを ~報道写真家・笹本恒子 100歳~》
とのタイトルで、近況が紹介されていました。
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20150703.html

残念ながら、去年、二度転倒され、
両手と両足を骨折。
現在は、長年続けられた1人暮らしをやめ、
再び歩いて、撮影できるよう、
鎌倉の施設でリハビリを
続けていらっしゃるようです。

そんな中、現在、取り組んでいらっしゃるのは、
これまで笹本さんの人生にかかわった人との話を、
野の花とからめ、エッセイにすること。

たくさんの野の花の名前が書かれた
本の構想についての、
手書きのメモが写されていました。

本のタイトルは、「花あかり」。

文章は屋内でもできますが、
野の花の撮影は、現場に行かなくてはいけません。

リハビリ中の笹本さんにとって、
エッセイに添える野の花の撮影が、
一番の課題です。

今、撮影したいのが、初夏に咲く白百合。

白百合にまつわる叔父さんとの思い出を
つづりたいとのことです。

戦時中、笹本さんは、自宅で掘り出したユリの根を、
神奈川の山あいの町に住んでいた叔父さんに送ったところ、
毛筆でしたためた
「百合根の疎開とは、誠に優雅なことにござそうろう」
との返事が届いたそうです。

現在は車椅子の生活をされている笹本さん。
車椅子をおしてもらい、白百合の咲く野原に。

咲いている場所までは、道がなく、
下は雑草が生えている柔らかい土。
車椅子の車輪が沈みこみます。
咲いているそばまで行くのも大変です。

苦労しながら、車椅子を操作してもらい、
なんとかたどりついた笹本さん。

花を前に、生き生きとした姿で、
細かく車椅子の位置を変えてもらいながら、
様々なアングルから白百合を
撮影していらっしゃいました。

その姿を拝見して、どんなときでも、
意欲を失ってはいけないのだなと
強く思わされました。

今から、出版される本の出版が楽しみです。

笹本恒子写真ギャラリー
http://ameblo.jp/sasamotogallery/

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
日本初の女性報道写真家・笹本恒子さん。9月1日で100歳に。11月に写真展。さらに本も出版。

記憶と実際の放送が違っていた部分を訂正しました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

買った値段以上に処分費がかかった不要品。安物買いの銭失いを体験した年下の知人。

年下の知人が、結婚することになりました。 結婚準備のための引っ越しを 先日、行な …

お釣りを4万5000円、多く受け取った女性が詐欺で逮捕される。支払い額は10万2000円。出したお金は10万5000円、お釣りは4万8000円。

釣り銭詐欺のニュースが伝えられていました。 2015年3月22日の宮城県石巻市の …

「人は他人の記憶の中で永遠に生きられる」。オーネット・コールマンへの山下洋輔さんの追悼文の中の言葉。

「フリージャズ」を創始した一人とされる オーネット・コールマンさんが、先日亡くな …

デジタル遺品。特集をNHKの「おはよう日本」で特集。

もし自分が亡くなってしまったら、 パソコンに入っているデータ、 ネット上で利用、 …

「教育の根は苦いが、その果実は甘い。」アリストテレスの言葉。映画「おいしいコーヒーの真実」を見直して。

最近、鳥取県に47都道府県で、最後の スターバック1号店がオープン とのニュース …

祖母の家近くのお寺で開かれた小学生の時の「肝試し」の思い出。闇と静寂。

読売新聞の夕刊に、 富山県射水市の高野山真言宗金胎(こんたい)寺が https: …

「食材の在庫が多い店の料理はまずい」。考えさせられた言葉。

先日、料理人の方々と食事。 いろいろと興味深い話を伺ったのですが、 その中で、一 …

友達がついに靴下問題を解決。さらに進めてスティーブ・ジョブズ化?

服に関して、あなたのストレスに なっていることはありませんか。 自分の場合のそれ …

現金お断り。支払いはクレジットカードに限ります。オランダ・アムステルダムのスーパー、パン屋。

先日、コンビニで携帯電話料金の支払いで、 4万余りのお釣りを不正に受け取った詐欺 …

「ポツリポツリと同級生の訃報が入る」。「ペコロスの陽だまりの時間」。岡野雄一さんの作品から。

2015年6月22日は、出張先でみかけた 中学の同窓会の古希の祝いについて記しま …