亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

肌ぴかぴかおじいさんの使っていた小さな布の正体とは?

   

夏になって少し回数が減りましたけれど、
銭湯に通っています。

長風呂で身体の血行をよくするのと、
天井の高い、また広い空間で
ゆっくりすることによる
リラックス効果を狙ってです。

下町の銭湯なので、知らない人と話をしたり、
他の人たちがおしゃべりしたりするのを
聞くのも楽しみです。

実用的な知識を得ることもあります。

例えば、先日、ある高齢の方が、
あとから入ってこられました。

顔や身体が、余りにもぴかぴかと
きれいだったのです。
肌が、ぴんと張っているのに加え、
つやつやと輝いているんですね。

そのおじいさんが、洗い場で顔と身体をあらっていました。

近所の知合いらしき、おじさんが
横に座って、話しかけています。

「相撲取りみたいに、
肌がぴかぴか、輝いて……」

「おうおう、ありがとう。これのおかげ」

そう答えて、見せたのは、ハンカチより
少し小さいくらいの正方形の灰色の布。

「〇〇眼鏡って書いてあるけれど、
もしかして眼鏡拭き?」

「そうそう。顔を洗うときはコレを使い、
身体を洗う時は、こっち」。

それは、水色で、フェイスタオルくらいの大きさ。
けれど綿やナイロンの身体を洗うクロスではなさそう。

「こっちは台所で使うマイクロなんとかっていう布巾。
どっちも知合いから教えてもらった」

マイクロなんとかっていう布巾とは、
もしかしてマイクロファイバークロスのこと。

極細の繊維でできていて、通常の布巾ではとれないような
汚れが面白いほど簡単に力を入れずにとれると評判のグッズです。

大掃除本や片付け本などで、掃除や片付けをするときに、
欠かせない、優秀な製品として推薦されていたりします。

そんなものをおじいさんは使っているのか
と驚きました。

眼鏡拭きに使われている
極超極細繊維(マイクロファイバー)を
使ったクリーニングクロス。

もうずいぶん前ですが、口コミで洗顔に使うと
余分な角質がとれると話題になり、
その後、東レなどのメーカーがこのマイクロファイバーを
使った洗顔用などの製品を発売しています。
(毛穴すっきり洗顔クロスなど)

濡らしてから使うとか、
ゴシゴシこするのはダメとか、
使う時の注意事項はあるようですけれど、
効果はあるみたいですね。

それにしても70代後半に見えた
高齢の方が、そうしたグッズを取り入れた
洗顔や身体洗いを取り入れているとは。

自分にとっては新しく、よく知らないことでも
チャレンジする意欲、実際にやる行動力に
感心したことでした。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

怒りのピークは6秒。怒りを自分でコントロール。

最近、腹のたつこと多くありませんか? 高齢になればなるほど、穏やかになる。 そん …

実家の土地・建物は「負動産」。売れない、寄付も断られた地方の山林。

地方出身で現在、首都圏など 都会に住む人の中で、 地方の実家の処分に困っている …

まもなく定年を迎える知合い。「人生の楽園」みたいな夢の実現に向けて準備中。

テレビ朝日で土曜日の夕方 午後6時から放送している 「人生の楽園」。 http: …

信号機。赤青緑の配列は? Googleのロゴの配色は? 人は見ているようで見ていない。課題を与えて脳を活性化。

インターネットを使った事がある方なら、 検索サイトGoogleはご存じで、 毎日 …

平尾昌晃さん、亡くなる。後楽園でお金を使い果たした平尾少年、江ノ島の自宅に帰れるか? サナトリウムでの体験。

歌手そして作曲家として大活躍した 平尾昌晃さんが、2017年7月21日の夜、 肺 …

体調が悪いと病院に行ったら、「心臓移植が必要かも」と医師から。人生何が起こるかわからない。

タイトルをご覧になって、 筆者のことかと思われた方、 申し訳ありません。 取引先 …

ふるさと納税で楽天スーパーポイントを付与。楽天がサイトを開設。

「ふるさと納税」。 人気ですね。 多くの人がふるさと納税を行い、 実質的な手取り …

認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、 妻である大山のぶ代さんが 認知症の闘病中 …

LED付きの化粧鏡でよみがえった若さ。目を直し、照明を新しくすると若返る。

1日に鏡で、自分のことを何回見ていますか? 回数が多い人ほど、体も心も若い。 な …

久しぶりに会ったイタリア人の友人達2人。未婚の母と別居生活開始。惰性で生きない。

2017年10月8日、 あるお祝いのパーティーに出席。 知合いや友達の イタリア …