亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「花は心の食べ物です」。南房総。戦争中、花を守った川名りんさん。

   

先日、友達と一緒に房総半島の
鴨川に行ってきました。

意外だったのは、キンセンカ、ストック、菜の花など、
様々な種類の花は、東京などより早く数多く咲いているのに、
桜(ソメイヨシノ)は、まだだったこと。

地元の人によれば、桜(ソメイヨシノ)だけは、
東京などとと同じくらいに咲くのだとか。

また今年2015年は、例年より開花が遅かったので、
余計、東京から来た人にとっては遅く感じたかもしれないと。
(2015年、関東地方ではソメイヨシノの開花は
東京が最も早かったそう)

そんなおり、NHKのBSプレミアムの
「新日本風土記」を見ました。
(旅行後、収録したものを視聴)
http://www.nhk.or.jp/fudoki/
《3月27日放送:房総 花物語》

以下のような、南房総の様々な
花にまつわる物語が紹介されました。
《<オムニバス項目(抜粋)>
●夫婦の花畑…
結婚50年の夫婦が守る海辺の花畑に秘められた半農半漁の営み。
●見てよし、食べてよし…
美しいキンセンカ。実は天ぷらも美味。五感で楽しむ房総の春。
●故郷を飾る菜の花…
ローカル線沿線に、故郷に帰ってきた人たちが植えた黄色の絨毯。
●絆育むビワの花…
冬に花をつけるビワを目指し越冬にやってくる養蜂家同士の絆と幻の蜜。
●砂に咲くヒマワリ…
半島の南端で砂と戦ってきた一家三代が咲かせる幸せの花。》
http://www.nhk.or.jp/fudoki/150327broadcast1.html

いずれも丁寧に取材しており、
どのエピソードも深く心を打つものでした。

その中でも心にしみたのは、第二次世界大戦中に、
花の栽培が禁じられた中、戦争が終わって平和になったら、
必ず花が必要になるとして、花の種を守った川名りんさんの話。

戦争中、千葉県では、花が栽培禁止になりました。
花畑の花は引き抜かれ、食料のイモ畑や麦畑に。

さらに、畑に植わった花だけでなく、
種も球根もすべて焼却せよ
との命令も出されたと言います。

川名りんさんは、命令に従うことができず、
水仙の球根を、山の奥の杉林に隠しました。

そして終戦。
夏から冬になり、りんさんが、
球根を隠していた杉林には、
水仙が見事な花をつけていたのでした。
りんさんは、花について次のように語っていたそう。

「花は口で食べることはできないけれど、
口で食べるものだけが食べ物ではないの。
心で食べるものがなくなってしまったら、
心は生きてゆけなくなってしまうのよ」

この川名さんの話は、田宮寅彦が小説「花」に書き、
それを原作として、映画「花物語」が生まれ、
広く世間の知るところとなりました。

「花は心の食べ物」。

いい言葉ですねー。

次回、房総を訪れる時は、千倉、和田浦など、
この番組の舞台となった場所を訪れたいと思います。

《真浦天畑 (もうらてんばたけ)》
http://www.mboso-etoko.jp/cgi-bin/co_kanihp/info.asp?uid=3077
田宮虎彦の「花」は、新潮日本文学 36 田宮虎彦集 (36) に収録。
映画「花物語」情報
http://movie.walkerplus.com/mv26350/
《花の種をまもった人びと=『おはなし千葉の歴史』》
http://bunka-isan.awa.jp/About/item.htm?iid=568&TXSID=dyeuhwiw

 

 - 未分類

Comment

  1. 雑賀公一 より:

    新日本風土記を見て、ずっと心に残っていました。今、図書館で借りた「花」を読んでいます。一度、南房総に行きたいなと思っています。ネット検索でこちらにたどり着くことができました。詳しい情報、ありがたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

災害時仕様のバッグの中身。知合いの高齢者の工夫。

東日本大震災の後、しばらく、 外出する時に、災害にあっても困らないように、 様々 …

田舎の同級生から母にかかってきた電話は年賀状について。人生の幕引きを考えた一日。

母に岐阜にいる同級生(女性)から 電話がかかってきたそうです。 80歳を超えて、 …

現金お断り。支払いはクレジットカードに限ります。オランダ・アムステルダムのスーパー、パン屋。

先日、コンビニで携帯電話料金の支払いで、 4万余りのお釣りを不正に受け取った詐欺 …

桑の実の思い出。汁を飛ばすと……。舌は黒紫。

2017年7月15日、読売新聞の 投稿欄《ぷらざ》に、 《桑の実に甘い思い出》と …

2015年上半期 キラキラネームランキングのベスト3は? 「苺愛」「皇帝」「黄熊」。読めます?

キラキラネーム。 今や当たり前のようになっているようです。 2015年上半期のキ …

友達のお母さん。週に二度のマッサージ通いで体の調子が良くなる。

先日、友人が家に遊びに来た時、 友人のお母さん(80代)が週に二度、 マッサージ …

夏バテとは無縁? 飲む点滴甘酒を使ったアイスを手作りする知人。

ヨーグルト製造機を使って ヨーグルトのみならず、甘酒など 発酵食品を自宅で手作り …

糖尿病はマグネシウム不足から?

糖尿病、糖尿病予備群の人の数が増えています。 カロリーをとらなくなったのに、なぜ …

手書きで紙に書く。悩み、苦しみから心を救う。「1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法 」。

2015年5月21日、今秋月曜日発売の アエラを読みました。 手書きについての特 …