亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

鎌倉大仏。2016年1月~3月、調査のため、拝観できず。

   

去年、本当に久しぶりに長谷寺と
鎌倉大仏を訪れました。

鎌倉大仏では、胎内巡りもしました。

日本人だけでなく、
海外からの観光客が多いのに驚きました。

今や世界的な人気スポットなんですね。

奈良の大仏と違って雨ざらしの鎌倉大仏。
傷みも激しいのかなと心配でした。

その大仏が、2016年1月から、調査のため
拝観できなくなります。

高徳院が、2015年7月28日発表しました。

長年、風雨にさらされているため、汚れ、さびが目立ち、
さらに内部には雨漏りしているところもあるそう。

このための調査です。
調査期間は、2016年1月13日~3月10日まで。
かぐらを組み、大仏全体がシートに覆われるため
拝観が不可能に。

調査が終わった後、調査結果を踏まえ、
改修作業を行うかどうかを検討するとのこと。

この前、修理がおこわわれ、拝観できなくなったのは、
「昭和の大修理」と呼ばれた昭和34年から36年にかけての修理中。
拝観できないのは55年ぶりになります。

この大修理の時に、大仏の下にステンレスの板を差し込み、耐震化、
さらに強化プラスティックで首の部分を内部から補強しました。
(この強化したところは胎内巡りで確認できます)

〇今回の調査は作業は東京文化財研究所が実施。
外部の汚れ→年2回の高圧洗浄で落ちない汚れをきれいに。
また、内側に入り込んだ雨水の影響やさびの進行具合、
前回補強した首の状態を調べる。記録写真も撮影。
国庫補助事業。総事業費約6496万円の約6割を国、
残りを県や市、高徳院が負担。

〇鎌倉大仏(阿弥陀如来像、国宝)
高さ約11.3メートルの銅製。
鎌倉時代の1252年ごろに建立が始まった。完成時期は不明。
当初は大仏を覆う建物があったが、津波、火災などで無くなり、
現在までむきだしの状態。
1994年に、腹部や、親指の爪にペンキが塗られ、
一時拝観を中止したことも。

鎌倉大仏殿高徳院
http://www.kotoku-in.jp/

関連エントリー
《トクダス》
鎌倉の大仏様は、釈迦牟尼なのか? オバマ大統領が鎌倉、大仏を再訪。抹茶アイスは?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

共に102歳。日本初の女性報道写真家・笹本恒子さん。現役最高齢スイマー・長岡三重子さんの現況。

日本初の女性報道写真家・笹本恒子さん。 そして 現役最高齢スイマー・長岡三重子さ …

災害時仕様のバッグの中身。知合いの高齢者の工夫。

東日本大震災の後、しばらく、 外出する時に、災害にあっても困らないように、 様々 …

「再審開始は針の穴をラクダが通るくらい難しい」。針の穴、ラクダ。この出典は?

お昼のワイドショーを見ていたら、 20年ぶりに釈放された2人の方の ニュースを取 …

お正月だからこそ、ふだん手を抜いていることに手を掛け、時間をかけてみる。

2016年を迎えました。 年々薄れてきているように思えますが、 3が日は、1年の …

手作り豆腐に凝っている知合い。今年は大豆も自分でと張り切る。

お豆腐、お好きですか? 大好きですが、 知合いに言わせると、 買った豆腐を食べて …

母が捨てずに残しておいたチラシは、血赤珊瑚買い取りのものだった。帯留め、ネックレス。

ここ何年か、家にチラシや電話で、 金を初めとする貴金属買い取りの 依頼がたくさん …

母の実家・岐阜から届いた鮎の甘露煮。従兄弟が捕り、義理の叔母さんが作る。秋を感じる。

何年か前も届いた鮎の甘露煮。 今日、母のふるさと、岐阜から送られてきました。 鮎 …

感謝しながらものを捨てる。使わない捨てるものも綺麗にの精神。近藤麻理恵さん、「TIME」の「世界の100人」選抜に思う。

すでに2週間ほど前の話題となります。 2015年4月16日、アメリカの雑誌TIM …

暑中お見舞い。暑中伺い。違いをご存じですか? 黒木瞳さんも知らなかった常識。お中元のタブー。

黒木瞳さんが、朝日新聞に連載の 「黒木瞳のひみつのHちゃん」。 2015年6月2 …

遊牧民はカレンダーを持たないので誕生日を祝わない。郷ひろみさん、61歳。時の認識の善し悪し。

先日、NHKで 《“郷ひろみ”という生き方~60歳のエンターテイナー~》 の再放 …