亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

かきフライから真珠が50個、見つかる。テネシー州のレストランで。

   

あなたは、料理から真珠が出てきたことはありますか?

自慢ではありませんが、自分はあります。
それを思い出しました。

アメリカのテネシー州のレストランで、53歳の女性が、
「かきフライ(fried oyster)」を食べたところ、
異物を感じたのではき出し調べたら、小さな真珠だったそう。

その牡蠣からあわせて50個もの真珠が出てきたとのこと。
(伝えているメディアにより数は様々です)
出てきた真珠は小さすぎ、ネックレスやブローチには
ならないようですが、お店は洗って女性にプレゼントしたとのことです。

自分の場合、真珠が出てきたのは、
旅行で訪れたニューヨークのリトルイタリーの
イタリアンレストランでのこと。

今も好物であるムール貝のパスタを頼みました。
女性と同じく、ムール貝を噛んだところ、
がりっと異物を感じ、出したところ、
小石ではなく、まさに白い真珠でした。

そこから慎重にほかのムール貝も探ったところ、
さらにもう一つ出てきました。(濃い紫色)

宝物・お守りとして、小銭入れに入れておいたのですが、
あるとき、家族がコンビニで支払いをする時に
小銭入れを渡したところ、入れてあるところをあけて、
一つ無くされてしまいました。
あわてて捜したのですが、なにせ2ミリほどの
小さな粒なので、発見することができませんでした。
今でも残念です。

真珠が出てきたときに調べたのですが、
有名なアコヤガイのほか、真珠ができる貝は多く、
女性が食べた牡蠣、自分のムール貝、さらに
あさりなどからも真珠が見つかることがあるようです。

けれど、そうした貝から見つかるのは、
宝飾品として評価される大粒のものはでず、
ほとんどが1ミリとか2ミリといった小さなもの。
なので一攫千金は無理なようです。

以来、真珠に興味を持つようになりました。
少し前に話題になったのは、大阪の道頓堀に
イケチョウ貝を入れ、真珠を作るという計画。
水質浄化を目指す試みです。

《大阪ジョウカ物語》
http://www.mizukaido808.com/osakajouka/supporter/

市民からオーナーを募り、そのお金で貝を沈めたところ、
大小多くの淡水真珠がとれたとのこと。

関東では、東京オリンピックのボート競技が行われた
埼玉県の戸田ボートコース。

この浄化のためにやはりイケチョウ貝が使われました。
選手を悩ませていたアオコが発生しなくなるなど、
水質浄化効果が認められ、多くの貝が生き残り、
立派な真珠がとれたようです。

ボート関係者は「戸田パール」として売り出したいという意向で、
実際、商品化もできる品質、大きさのものが育っているとのこと。
夢がありますね。

《イケチョウ貝による水質浄化活動》
http://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/211/kankyo-seisaku-suisituzyouka.html

さて、料理から真珠。
あれ以来、何度も外食し、
また家でもムール貝など貝類を
数多く食べています。
それらしきものを歯で感じたことはあるのですが、
ちゃんとした真珠を見つけたことはありません。

なんとかもう一度、料理から真珠を得たいものです。

《Tennessee Woman Finds Dozens of Pearls After Biting Into Oyster at Restaurant》
http://ktla.com/2015/04/07/woman-bites-into-oyster-finds-51-pearls/
《Woman at Tenn. restaurant finds 50 pearls in oyste》
http://wishtv.com/2015/04/03/woman-at-tenn-restaurant-finds-50-pearls-in-oyster/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

毎朝のカプチーノのカップが重いと言い出した母。軽くて丈夫で持ちやすく、安っぽくないコーヒーカップはどこに?

裕福な家に生まれ育って、 自分で働いたことのないことのたとえとして、 「箸より重 …

糖尿病はマグネシウム不足から?

糖尿病、糖尿病予備群の人の数が増えています。 カロリーをとらなくなったのに、なぜ …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

人の心を強くし、力を与える活人剣。「切ってみたいと思わせるなら、それはすでに鈍刀です」。刀匠・河内國平さん。

最近、漫画、ゲームなどの影響で日本刀が好きな女性、 いわゆる刀剣女子が増えている …

小さなチャレンジ(コチャレ)を続ける。上大岡トメさんの「コチャレ! 小さいチャレンジで次の扉を開ける」。

いつ、誰に教わったか忘れたのですが、 何か物事をするときには、小さく分けて、 分 …

「心の忘れ物」つづった手紙、煙となる。島根県飯南町「優便ポスト」。銀座の手紙寺。「ラストレター運動」。

島根県飯南町。 そこに「優便(ゆうびん)ポスト」が 2016年11月23日に設置 …

住むところで寿命は決まる。ヒートショック。風呂、トイレ。住宅断熱改修で高齢者の血圧改善。都長寿医療センター。

一人暮らしの高齢の知合い。 冬の寒い時期、そして夏の暑い時期に 1~2ヶ月、デイ …

「孟宗の親孝行」。「雪中の筍」。敬老の日に思い出す祖母が語ってくれた話。

敬老の日の祝日。 あなたはどう過ごされましたか。 母は以前、敬老の日が 9月15 …

「40代は急に止まれない」その理由は? 恐ろしい大腿四頭筋の衰え。あなたは? 「緊急体力チェック」。中居正広さんは失格。

今からずいぶん前ですが、 20年ぶりくらいにスキーをしました。 数本、難易度の低 …

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

大昔、幼稚園に通っていた頃、 冬の季節、登園して、みんなが集まると、 部屋に広が …