最高齢の歌舞伎俳優・中村小山三さん。94歳で亡くなる。中村屋を三代にわたり支える。

スポンサーリンク
未分類

現役最高齢の歌舞伎俳優・中村小山三さん(なかむら・こさんざ)さんが
2015年4月6日、亡くなられました。
四歳で三代目中村米吉(後の十七代目中村勘三郎)に弟子入り。
以来、なんと90年間の長きにわたり、
十七代、十八代、そして現在の中村勘九郎、七之助兄弟の
「中村屋」を支えてきました。

歌舞伎の舞台をご覧になったことがない方でも、
フジテレビでの中村屋の番組に登場して、
兄弟、また十八代目が幼いときから
ずっと演技指導したり、世話を焼く
小山三さんの姿を見たという方は多いのではないかと思います。

フジテレビ
《密着!中村屋ファミリー 大奮闘2014》
http://www.fujitv.co.jp/nakamuraya/story.html
《「ザ・ノンフィクション」
– 今がサイコー!94歳の歌舞伎役者・中村小山三(仮) -》
http://tvtopic.goo.ne.jp/program/info/797144/index.html

2014年の秋には、フジテレビで、
中村小山三さんを特集する
ドキュメンタリー番組がありました。

生い立ち、入門、これまで中村屋に使えてきた様子、
そして94歳のマンションでの1人暮らしの日々などが
紹介されていました。

歌舞伎界の出ではないので、主役にはなれない。
そこで頭を切り換えて、脇役に徹する。
芝居の事ならなんでも覚え、何か聞かれたら、
答えられるようにする。

そうした積み重ねで、十七代目勘三郎には
「俺が死んだときは小山三を棺桶に入れてくれ」、
十八代目中村勘三郎からは、
「家宝」とまで言われるようになったのです。

登場するだけで、声がとび、拍手がわく役者。
脇役では珍しいことです。
舞台に出ると、芝居がしまりました。

小山三さんの携帯ストラップもあるほどの人気。
気さくな人柄で、サインや写真撮影など気軽に応じてくれました。
歌舞伎座の楽屋口で出待ちの人とお話したり、写真をとったり、
サインをしたりする小山三さんの姿を何度も拝見しました。

番組のタイトルにもなっていますが、
「今がサイコー」と言っていらしていたのが
思い出されます。

今頃は、先代、先々代の勘三郎さんと
大好きな歌舞伎の話をしているのではないかと思います。

長い間、本当におつかれでございました。
素晴らしい舞台を見せていただいた感謝とともに、
心より哀悼の意を表します。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント