亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

横浜・野毛の”三杯屋”「武蔵屋」、2015年7月31日で閉店。店主・木村喜久代さん93歳。「体力の限界」。

   

横浜・野毛にある(あった)
居酒屋・武蔵屋。
ご存じでしょうか?

昭和の香りを残したわずか7坪の一軒家。
のれんもありません。
お酒はビールと日本酒(櫻正宗)のみ。
そして3杯まで。
お品書きもなし。
おきまりのおつまみ5品
(おから、タマネギの甘酢あえ、炒り豆に里芋、鱈豆腐、納豆)が
出てくるというお店です。

戦後の昭和21年12月に、
野毛の地に移転開業。
お父様から引き継いだ姉妹が、
ずっと開いていました。

地元の人はもちろん、
神奈川、東京などから通うファンも存在。
芸能人、文化人も愛したお店でしたが、
2015年7月31日で閉店しました。

理由は、ずっとのれんを守ってきた店主の
木村喜久代さんが、体力の限界を感じたから。

喜久代さんは93歳。

妹の富久子さん(91歳)と2人でやっていらしたのですが、
5年ほど前に、妹さんが脳梗塞で倒れて引退。
それからは、喜久代さんと
アルバイト3~4人で運営していました。
週3日の営業。
けれど今年になり、木曜、金曜だけに。

90歳を過ぎた頃から、何度も閉店を考えていたけれど、
お客さんのことをなかなか踏ん切れなかったそう。
病気をしたこともあり、ついに決めたとのこと。

閉店後は、長年続けたごほうびに、
自分に休息をあげたいとも。

年上の方に失礼ですが、
本当に長い間、お疲れさまでした

〇武蔵屋
1919年大正8年に、横浜市中区太田町に、
喜久代さんの父・木村銀蔵さんが
酒屋・立ち飲み屋として開店。
1946年昭和21年に、野毛に移転し現在の姿に。
土瓶で燗をつけたお酒を、銀蔵さんがコップにつぐ。
身体を壊さず、家庭を壊さないように
と、3杯までがルール。
1983年に銀蔵さんが逝去。
姉妹もこのルールを受けついだ。

〇木村喜久代さん。
1922年(大正11年)7月7日(戸籍では3月7日)、神奈川県生まれ。
横浜市立横浜尋常小学校卒業。神奈川学園卒業。代用教員をしながら、
武蔵屋を手伝う。

〇2012年平成24年、五代路子さんが、
武蔵屋を題材に舞台化。
《『野毛 武蔵屋』~三杯屋の奇跡~》

〇店の看板猫、黒猫の「クロ」。
迷い猫としてやってきて、店に居着いた黒猫。
他にも何匹か、居着いている猫がいる(いた)

武蔵屋に限りませんが、
若い時に親しんだお店が、店主、従業員の
高齢化で次々とお店を閉めています。

寂しいですが、永遠に続くものなどありません。
通っている今の時間を大切にしたいものと
改めて感じました。

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
横浜 野毛、お酒は三杯までの居酒屋「武蔵屋」が舞台に。《『野毛 武蔵屋』~三杯屋の奇跡~》

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高島屋が来日観光客向けに浴衣の着付けレンタルサービス。外国人の浴衣人気。

先日、ミラノ出身の21歳の大学生に会いました。 初来日の彼、東京の後、北海道に行 …

久しぶりに昔、通った田舎料理の店を訪ねたら……。

このところ、新宿三丁目の2つの取引先に、 毎週、定期的に通っています。 どちらも …

ほうれん草と小松菜。食べるなら小松菜。ほうれん草と一緒に食べてはいけないのは何? 骨粗鬆症予防の食べ合わせ。

小松菜、お好きですか? 嫌いというほどではないのですが、 ほうれん草と小松菜の2 …

いくつになっても筋肉は鍛えることが可能。古希を迎えて、スポーツジムに通い始めた知合いは……。

毎日、スクワットをしています。 いつ頃からか忘れてしまったのですけれど、 あると …

シニア留学が熱い? 観光業界も力を入れる。語学留学を安全に格安にするコツは?

2016年8月29日、朝日新聞に 《熱いシニア留学 観光とセット、業界も商機》 …

名前にちなんだ「和」の字を、外出先で撮影して集める夫婦。

みうらじゅんさんによる 「アウトドア般若心経」。 ご存じですか? 「般若心経」は …

忘れ物、探し物をゼロに。知り合いのカメラマンが行っている形跡管理とは?

知り合いのカメラマンがいます。 撮影のとき、ご一緒することが多いのですが、 いつ …

関西出身の知人。夜に納豆。入れるのはヨーグルトで快調、快腸。

納豆はお好きですか? わが家は必ず冷蔵庫に入っていて、 朝、家族の誰かがいただき …

王女の名前は「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に。ウィリアム王子とキャサリン妃の間の王女。

ウィリアム王子とキャサリン妃の間に、 2015年5月2日生まれた王女の名前を、 …

2月6日は海苔の日。海外在住の友人たちの日本食への思い。一枚の海苔が教えてくれたこと。

2月6日は海苔の日だそう。 http://www.zennori.or.jp/d …