亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

鏡を見る人ほど寿命が長い。体重計に毎日乗るだけで適性体重に。

   

会社の定期健康診断で気になる数字が出て、
医師・栄養士の指導を受けなければ
ならなくなった知人。

案の定、言われたのは体重を減らすこと。
適正体重よりかなりオーバーしていたそう。

そのとき医師から言われたのが、
「サプリメント、栄養補助食品を買うとか、
スポーツクラブに行くとか考える前に、
するべきこと、やれることは一杯あります」。

具体的にするべきこと、やれることとは?

それは「記録」でした。

以前、レコーディングダイエットがはやったことがありました。
唱えた人が、元に戻ってしまった(リバウンド)ので、
一気に人気がなくなってしまったようですけれど、
「記録をつける」ということは、
自分の毎日の生活を見直す上でかなり効果があるんだそう。

朝起きたら、トイレに行って、体重計に乗る。
体重を記録する(最近の体重計は自動的に記録してくれたり、
スマートフォン、パソコンで管理できる機種もある)
ただそれだけ。

(愛知県の蒲郡市で100日間、1万人の市民が
体重計にのり記録するという試みを実行。
多くの市民が適正体重になったとか)
《「体重測定100日チャレンジ!」を続けましょう!》
http://www.city.gamagori.lg.jp/site/hokencenter/taiju100intro.html

余裕があれば、血圧計で血圧も測る。

朝ご飯、昼ご飯、間食、夕食。
食べたものを書くのは面倒だと感じる人が
多いと思います。
そんな場合は、スマートフォンで、写真撮影だけでもOK。

それを1日の終わり、
もしくは1週間に一度、見返す。
それで自分がどれだけものを食べたり、
飲んだりしたのかがわかる。

運動は?

水泳したり、走ったり、機械でトレーニング。
できる人はそうしてもよいけれど、
一般の人はなかなか大変。

日常生活で少しでも動くように心がけること。
20分に一度、休憩をとり、立ち上がり、
何かを取りに行く。
窓ふき、拭き掃除など身体を動かす家事をする。
いつもの通勤ルートより少し遠回りするなどなど。

それらの記録は、万歩計(歩数計)で記録。
今はさらに歩いた数だけでなく、24時間の
すべての活動を記録してくれる活動量計があるので、
それを買って記録。(携帯電話・スマートフォンなどで
歩数計、簡単な活動量を計測できる機種も)

さらに言われたのは、朝起きて、体重計を測る前でも後でも
いいのですが、とにかく鏡を見ること。
それで顔色、目の色、肌の具合などを観察する。
毎日、見続けていると、自分の変化に気付くのだそう。

本当は顔だけでなく、身体全体を映す鏡を持ち、
それを例えば風呂上がり、着替えたときに見るといいとも。

ともかく、人は鏡を見ると、無意識のうちに、
肌の調子や顔色、身体の変化をチェックしているため、
鏡を見る習慣を持っている人は、そうでない人に比べ、
寿命は10年延びるとも言われているんだそう。

あなたのおうちには、
体重計、血圧計、全身が映る鏡はありますか?

ビタミン、ミネラルなどのサプリメント、
高価な美容液、ダイエット食品を買ったり、
スポーツクラブに通う前に、そうしたものを
そろえた方がよさそうですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミシュランガイドで世界初、屋台が一つ星獲得。「香港油鶏飯麺」と「吊橋頭大華猪肉麺」。また行列が伸びる。

シンガポールに1人旅したとき、 食事をどうしようかと悩みませんでした。 どこの都 …

認知症に効果? 夢の薬、物質か、「プラズマローゲン」。日本が精製、実験中。

認知症。 高齢化社会を迎えた日本だけでなく、 世界的にも患者が増えている病気です …

座右の銘を一ヶ月に一度、毛筆で書き換えて、心を新たに。言霊、常若。

会社の壁、机の前、デスクトップなどに、 今年の自分の目標、会社の社訓などを 貼っ …

カストロ前議長の銅像建立禁止、遺言を尊重して。伯父さんの失敗。

先日、亡くなったキューバのカストロ前議長。 キューバ革命から50年あまりにわたり …

一人サマータイムを続ける知合い。電車がら空き、仕事はかどり、定食屋でもすいすい。いいことだらけだそう。

一時期、省エネの観点から 盛り上がったサマータイム・夏時間。 どうなってしまった …

須賀神社の初夢宝船。今年も手に入れられるかと心配する地元の友達。初夢を気にした祖母。

先日、四ッ谷に長年住む 友達の家に行ってきました。 白菜鍋をつつきながら、この1 …

1月25日、初天神。思い出すのは落語と祖母。

1月25日は初天神でしたね。 菅原道真をお祀りする天満宮に、 その年初めてお参り …

「冷暖自知」(れいだんじち)。ネット、ヴァーチャル時代。実際に体験することの重要さ。

中学の時だったか、町のパン屋さんが 新たに発売したパンが評判となったことがありま …

申年の赤い下着で病気知らず。イタリアでは大晦日に赤い下着で福を呼ぶ。

もうずいぶん前になります。 巣鴨のとげ抜き地蔵にお参りした後、 参道の商店街を見 …

使い尽くして、ボールパンの替え芯を買う喜び。携帯電話の故障受付終了に感じる悲しみ。

5年以上使い続けた携帯電話の調子が悪くなりました。 慣れ親しんでいるので、修理し …