亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

小さなチャレンジ(コチャレ)を続ける。上大岡トメさんの「コチャレ! 小さいチャレンジで次の扉を開ける」。

   

いつ、誰に教わったか忘れたのですが、
何か物事をするときには、小さく分けて、
分けたものを一つずつ実行せよと。

一気に10メートルの壁を乗り越えることは出来ないが、
それが10センチずつのの階段になっていれば、
階段を一段一段、あがることで、10メートルの壁を
乗り越えられると。

イラストレーターの上大岡トメさんの新刊
「コチャレ! 小さいチャレンジで次の扉を開ける」
を読んで、そんなことを思い出しました。


上大岡トメさんと言えば、
「キッパリ! たった5分間で自分を変える方法」が
ベストセラーになりましたね。

自分もあの本を読み、少しですが、意識が変わりました。

今回の新刊のタイトルの
「コチャレ」は、すぐできる「ちっちゃいチャレンジ」のことです。

一つ挑戦して成功すれば、自信がわき、
やる気に火がついて、新しい扉が開くと言います。

そうすると自分を新しい方向に変えてくれ、
また元気にもなる。

本では、上大岡トメさんのイラストで
100個の「コチャレ」を紹介しています。

どんなものがあるのか、本紹介に
あげられていたモノを記しておきましょう。

《●サイフを整理しよう。余分なものは出して、
お金が入ってくるスペースをつくろう。
●1日の終わりに、机の上をキレイにしよう。
●今日はエレベーターを階段にしよう。
●いつもより10回多く噛んでみる。
●靴を磨こう、足元をしっかりするのだ。
●今から5分間、今日は何をすべきか、何がしたいか考えよう。
●今日は「夢」そして「目標」を思いっきり考える日にしよう。
●やらないことリストをつくろう。
今やっていることって時間をムダにしているんじゃない?》

いかがですか?

以前、このブログや別のブログで
やりたいと書いていたことが含まれていたのにはビックリ。
まあ人の考えることはそんなに違わないということでしょうか。

また個人的には、年をとってきたせいか、
《やらないことリストをつくろう》
というのがぐっときました。

本は以下のような章から成り立っています。

《Chapter1 今からここから
Chapter2 やる気が出ないとき
Chapter3 カラダとココロをすっきりしたいとき
Chapter4 背中を押してほしいとき
Chapter5 次の扉を開けたいとき
Chapter6 疲れちゃったとき
Chapter7 自分をメンテナンス
Chapter8 生活が雑になってきたら
Chapter9 カラダを動かしてみよう
Chapter10 人生は続く
脳研究者・池谷裕二先生との対談》

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062193535

本にあげられたリストを参考にしながら、
自分なりの「コチャレ」を日々、実行していきたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

チェッコリ。本を学び終えたあと、先生に感謝し仲間と祝う韓国の行事。大叔母の思い出。

チェッコリ。 韓国語です。 頭の片隅に、 このちょっと可愛い響きの言葉があります …

金持神社。金持箸。春。上京の際、母が持たせてくれた一膳の箸。

金持神社。 http://kanemochi-jinja.net/ ご存じですか …

テレビの見方。コマーシャルの間にその前の内容を短くまとめてメモする。頭脳活性化。

ゴールデンウィークの間、 外出せず、家でゆっくりとテレビを見ている という方も多 …

するめ健康法? 知人が毎日、持ち歩くものとは? 脳を活性化し、ドライマウスを防止。

まもなくお正月。 ちょっと気が早いでしょうか。 お正月の準備のために、 様々なも …

「人は他人の記憶の中で永遠に生きられる」。オーネット・コールマンへの山下洋輔さんの追悼文の中の言葉。

「フリージャズ」を創始した一人とされる オーネット・コールマンさんが、先日亡くな …

毎日のコンビニ通いが健康の元という知合いの高齢者のお母さん。コンビニ通いの勧め?

毎年春先に通っている取引先を、 先日、1年ぶりに訪れました。 同年代の知合いが、 …

自分だけの桜。近所の桜地図、桜マップを。

もうお花見はされましたか? きのう、母は、ある小さな公園の桜を見に行きました。 …

北海道新幹線、開業は2016年3月26日。1日13往復。東京-新函館北斗は4時間強。

日本経済新聞が電子版で、2015年9月8日に 伝えた所によれば、 北海道新幹線は …

最近、かたつむりを見ましたか? 俳句 「たゆまざる 歩みおそろし かたつむり」と絵本「せかい いち おおきな うち」。

梅雨、湿気の多い時期。 小学生の頃、この時期、 よく捕まえていたのが、 「かたつ …

実家の巨大な仏壇・仏具を整理した知合い。純金のおりんの価値を知る。

実家の家を整理する「親家片(おやかた)」が 話題になっていますね。 知合いに何人 …