亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

渋谷、宇田川遊歩道を歩くと、キンモクセイの香りが。蘇る記憶、思い出。

   

取引先での会議のため、渋谷駅から、
宇田川遊歩道を通ったら、
甘いけれど爽やかな香りが漂ってきました。

キンモクセイです。

遊歩道の端に列をなして植えられている
キンモクセイがオレンジ色の可憐な花を
咲かせています。

秋がやってきたと季節を感じますね。
匂いは記憶に直接、結びつき、刺激するようで、
この香りをかぐと、小学校の運動会、準備、
秋の空などが脳裏に浮かびます。

それとともに思い浮かぶのは、
年配の方との会話です。

祖母や近所のおじさん、おばさんによると、
キンモクセイというのは、ご不浄の近くの
木であり花なんだそう。

昔は、今のような水洗ではなく、
くみ取り式がほとんど。
その悪臭を少しの間だけでも和らげるために、
お手洗いのそばにこの木が植えられていたとのこと。

その後、トイレが近代化され、
水洗に変わった後、人工の芳香剤が
出始めました。

今でもあるのかどうか、その芳香剤の香りは、
上の故事(?)にならい、キンモクセイの香りが
使われていましたね。

今時は、強い香りで悪臭を誤魔化すというところから、
臭いの元から絶つ消臭という方向に進み、
それゆえ香りも弱めのものに変わっているとのこと。

そういえば昔、香港に行った時、
このキンモクセイ=桂花の話になりました。

香港の人たちは、桂花金酒、楊貴妃や
お茶、お菓子などを思い浮かべると。

国によりイメージがこんなに違うのか
と驚きました。

そういえば、少し前になりますが、
10月初め頃にイタリアに行った時、
このキンモクセイの香りに
出合ったことがあります。

キンモクセイに似た木で香りだったのですけれど、
花の色はオレンジではなく白色。
「ギンモクセイ」という種類だったようです。

結構、この花は各地に植えられており、
香りもイタリア人にも、なじみがあるものだそう。
ギンモクセイの香油、オーデコロンなどもあるとか。

中国のようにお酒、お菓子など、
食べ物に使った例はまだ体験がありません。

何でもリキュールにしてしまうイタリアなら、
ギンモクセイで、
レモンチェロのようなお酒があってもおかしくないのに。

またオレンジの花を使ったドルチェなど、
シチリアあたりでよく見かけます。
ギンモクセイのお菓子もあるのかなー。

また秋にイタリアに行った時、
確かめてみたいと思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ホワイトノイズで瞑想。知合いが始めた集中法。

脳、体のストレスを減らしたい。 そのためには瞑想が良い。 ということで、最近、瞑 …

傘の進化に驚く。晴雨兼用、グラスファイバーの傘で、夏の熱暑と豪雨に備える。

2017年7月19日、関東地方は梅雨が明けました。 数日前からもうずっと30度を …

疲れた脳の休め方。簡単にできる方法。教えてくれたのは、ハンドマッサージ。五感をバランス良く使う。

現代人は、五感の中で、 視覚を最も酷使していて、 続いては聴覚。 余り使っていな …

養老孟司さんが、40歳過ぎまであいさつが苦手だったわけ。5歳直前、亡くなったお父さんに言えなかった「さよなら」。

解剖学者の養老孟司さんへのインタビューが 2015年9月14日から朝日新聞夕刊で …

「木彫りの大黒様が持つビー玉を水晶に変えなさい」。お告げに従って水晶を買って交換したら……。

とても親しい友人の話。 その家には、お祖父さんお祖母さんが ずいぶん昔に買った高 …

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …

「一無、二少、三多」。お聞きになったこと、ありますか?

「一無、二少、三多」 どこかで目にしたり、 耳にされたりしたことありますか? こ …

定期的に五感を刺激してリフレッシュ。長生き、健康のコツ。

人は惰性の生き物。 前の日と同じ事をしがち。 同じ時間に起き、同じモノを食べ、 …

高校の同級生、2017年の東京マラソン断念。

まもなく東京マラソン2017年が開催されます。 (2017年2月26日) わが家 …

日馬富士の暴行事件からの教訓。スマホいじりは怒りを招く。

横綱日馬富士が、貴ノ岩に 暴行を加えたとして 大きな騒ぎとなっています。 横綱を …