亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

渋谷、宇田川遊歩道を歩くと、キンモクセイの香りが。蘇る記憶、思い出。

   

取引先での会議のため、渋谷駅から、
宇田川遊歩道を通ったら、
甘いけれど爽やかな香りが漂ってきました。

キンモクセイです。

遊歩道の端に列をなして植えられている
キンモクセイがオレンジ色の可憐な花を
咲かせています。

秋がやってきたと季節を感じますね。
匂いは記憶に直接、結びつき、刺激するようで、
この香りをかぐと、小学校の運動会、準備、
秋の空などが脳裏に浮かびます。

それとともに思い浮かぶのは、
年配の方との会話です。

祖母や近所のおじさん、おばさんによると、
キンモクセイというのは、ご不浄の近くの
木であり花なんだそう。

昔は、今のような水洗ではなく、
くみ取り式がほとんど。
その悪臭を少しの間だけでも和らげるために、
お手洗いのそばにこの木が植えられていたとのこと。

その後、トイレが近代化され、
水洗に変わった後、人工の芳香剤が
出始めました。

今でもあるのかどうか、その芳香剤の香りは、
上の故事(?)にならい、キンモクセイの香りが
使われていましたね。

今時は、強い香りで悪臭を誤魔化すというところから、
臭いの元から絶つ消臭という方向に進み、
それゆえ香りも弱めのものに変わっているとのこと。

そういえば昔、香港に行った時、
このキンモクセイ=桂花の話になりました。

香港の人たちは、桂花金酒、楊貴妃や
お茶、お菓子などを思い浮かべると。

国によりイメージがこんなに違うのか
と驚きました。

そういえば、少し前になりますが、
10月初め頃にイタリアに行った時、
このキンモクセイの香りに
出合ったことがあります。

キンモクセイに似た木で香りだったのですけれど、
花の色はオレンジではなく白色。
「ギンモクセイ」という種類だったようです。

結構、この花は各地に植えられており、
香りもイタリア人にも、なじみがあるものだそう。
ギンモクセイの香油、オーデコロンなどもあるとか。

中国のようにお酒、お菓子など、
食べ物に使った例はまだ体験がありません。

何でもリキュールにしてしまうイタリアなら、
ギンモクセイで、
レモンチェロのようなお酒があってもおかしくないのに。

またオレンジの花を使ったドルチェなど、
シチリアあたりでよく見かけます。
ギンモクセイのお菓子もあるのかなー。

また秋にイタリアに行った時、
確かめてみたいと思いました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

麺のすすり音をカムフラージュするフォーク「音彦」の予約を日清食品が受付開始。

このプレスリリースを読んだとき、 冗談、エイプリルフールではないか と疑いました …

福引き2等に当たった母。運を無駄遣いするな。ついていないと思う時は、運を貯めている時。

近所の福引きで、2015年12月29日、 母が2等をあてました。 母は昔から福引 …

母の日を前に、青いカーネーション「ムーンダスト」の輸入がピーク。

2015年は5月10日が母の日。 カーネーションの花が花屋さんにあふれています。 …

肩凝り、眼精疲労。ドラッグストアなどでビタミン、サプリメントを買う前に。病院で処方すると10分の一以下で……。

眼精疲労、肩凝りで悩んでいる方、 多いのではないでしょうか? かくいう自分もそう …

「ノートルダムのせむし男」問題。劇団四季、2016年12月から「ノートルダムの鐘」を上演。「せむし男」はなぜ消えた。

地下鉄の車内広告に、 劇団四季が12月11日から上演を予定している 「ノートルダ …

「人生煎じ詰めれば……」。煎じた後に残るものは?

昔、近所におばあさん1人で 住んでいるお宅がありました。 その前を通ると、なんと …

歌は心と体に良いと歌の個人レッスンを受講。さらに歌声コンサートに参加する知合い。

歌が大好きな知人。 学生の頃、ずっとコーラスを やっていました。 社会人になって …

無塩朝食で本格的に高血圧対策を始めた知合い。

このブログでも何度もご紹介していますが、 日本人の食塩摂取量、1日あたり 成人男 …

改めて教えられた運動の後の栄養補給の重要性。高齢になっても動ける体でいるために。

新年に今年こそは、毎日運動をして体を鍛え、 脂肪のないスリムな姿になる と決意し …

寒中、明日2016年1月21日は大寒。寒稽古、寒餅。寒紅。

2016年1月20日、東京は外に出ると、 体の芯から冷えるような寒さでした。 今 …