亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

勤労感謝の日=新嘗祭。新米を食べるのはこの日を過ぎてから……。

   

11月23日、勤労感謝の日の祝日です。

法律によれば、その趣旨は、
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」
こととされています。

ずいぶん昔、祖母にこの勤労感謝の日のことを言ったら、
即座に、「新嘗祭」という返事が返ってきました。

この日は戦前は新嘗祭という祭日。
古くは五穀豊穣を喜び、天皇が新穀を天神地祇にすすめ、
ともにこれを食する祭儀のこと。

古来、陰暦11月下旬の卯の日に行われていたそう。
明治6年以降は、11月23日に執り行われていたとのこと。

これが、戦後、天皇制の色を消し、
勤労感謝の日として、国民の祝日になったのですね。

このお祭は、宮中だけでなく、
伊勢神宮、出雲大社でも
行われているんだそう。

祖母によれば、小さい頃は、この日までは、
お米が出来て収穫しても、まだそれを食べなかったそう。
11月23日の翌日から、新米を食べることができたのだとか。

神様が召しあがる前に食べてはいけないという禁忌だったのですね。

祖母の実家も、またわが家も家業は
農業ではありませんが、昔は、お米に限らず、
初物を買ったり、いただいたときは、まず
神棚(もしくは仏壇)にお供えしてから、
そのお下がりをいただいたものです。

今では神棚、仏壇がない家も多いですから、
お供え、お下がりということも
なくなっているのでしょうね。

今はものが豊富で、どこに行っても食べ物が
潤沢にあふれています。

食べきれない食品の放棄、食べ残しが
問題になっているほど。
飢えとは無縁。

それに伴って、食べ物に対する感謝の気持ちも
薄れてきているのかもしれません。

食べ物をつくってくださる生産者。
そして自然、生産物に感謝を忘れないように
と思った祝日の朝でした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

靴下を足袋状の靴下にしたら歩きやすく踏ん張りがきくようになったと知合いの高齢者。

先日、靴下、そして靴を買いました。 靴下は足の親指と他の指が分かれている 足袋型 …

取引先からきた夏期休暇のお知らせとお願いの中身とは。完全休暇、デジタル断食。

明日の山の日から、土日を含め、 お盆休み、夏期休暇という方は 多いのではないでし …

「さわやか」は秋の季語。被災地の新設校ふたば未来学園高校入学式で、林先生が即席授業。

「さわやか」。 よく使われる表現ですね。 イケメンのあなたは、 「さわやかな方ね …

久しぶりに聞いた「運鈍根」という言葉。運のよい人、ツキがある人になるためには。

「運鈍根(うんどんこん)」という言葉を 聞いた事がありますか? これは成功するに …

折り込み広告を使った自作カードで、脳トレをしている知人。日々のトレーニングの結果は?

還暦を過ぎた知人。 何年か前にスマートフォンデビューをして、 今ではすっかり使い …

給食から、あのソフトめんが消える? 小さい時の味の記憶。

学校給食の思い出。 いろいろあります。 地域や年代によって、いろいろと異なってい …

2099年3月31日が有効期限の取引先のカードを申請して思ったこと。

4月、新年度ということで、 身分証明とか、取引先の会社への入構証など、 あらゆる …

ご馳走続きで知る白飯と水の美味しさ。伯父さんの言葉を正月3日に思い出す。

1月3日。 年末年始続いたご馳走に もう飽き飽きしていて、 残ったおせち、お餅を …

駅弁の掛け紙についての新刊を見て、胸がちくちく痛む。

あなたは鉄道旅で駅弁を買われますか? 多くの方はイエス と答えるのではないでしょ …

集団就職と方言。「ひよっこ」を熱心に見ている、近所の老舗の女将さんは、集団就職組だった。

見ていない人には何のことやらですけれど、 連続テレビ小説「ひよっこ」についてです …