亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

勤労感謝の日=新嘗祭。新米を食べるのはこの日を過ぎてから……。

   

11月23日、勤労感謝の日の祝日です。

法律によれば、その趣旨は、
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」
こととされています。

ずいぶん昔、祖母にこの勤労感謝の日のことを言ったら、
即座に、「新嘗祭」という返事が返ってきました。

この日は戦前は新嘗祭という祭日。
古くは五穀豊穣を喜び、天皇が新穀を天神地祇にすすめ、
ともにこれを食する祭儀のこと。

古来、陰暦11月下旬の卯の日に行われていたそう。
明治6年以降は、11月23日に執り行われていたとのこと。

これが、戦後、天皇制の色を消し、
勤労感謝の日として、国民の祝日になったのですね。

このお祭は、宮中だけでなく、
伊勢神宮、出雲大社でも
行われているんだそう。

祖母によれば、小さい頃は、この日までは、
お米が出来て収穫しても、まだそれを食べなかったそう。
11月23日の翌日から、新米を食べることができたのだとか。

神様が召しあがる前に食べてはいけないという禁忌だったのですね。

祖母の実家も、またわが家も家業は
農業ではありませんが、昔は、お米に限らず、
初物を買ったり、いただいたときは、まず
神棚(もしくは仏壇)にお供えしてから、
そのお下がりをいただいたものです。

今では神棚、仏壇がない家も多いですから、
お供え、お下がりということも
なくなっているのでしょうね。

今はものが豊富で、どこに行っても食べ物が
潤沢にあふれています。

食べきれない食品の放棄、食べ残しが
問題になっているほど。
飢えとは無縁。

それに伴って、食べ物に対する感謝の気持ちも
薄れてきているのかもしれません。

食べ物をつくってくださる生産者。
そして自然、生産物に感謝を忘れないように
と思った祝日の朝でした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

小説は短編に限るという年配の知合い。毎夜、1話ずつ短編を読む。掌編小説、ショートショート。

自分もそうなのですが、 年齢を重ねると、 集中力が持続しづらくなります。 このた …

かかりつけの医師が母に食べることを勧めた食品。それは鮭フレーク。

長年、病気とは無縁だった母。 すこし体調を崩し、食欲が落ち、 やせてしまいました …

友達がついに靴下問題を解決。さらに進めてスティーブ・ジョブズ化?

服に関して、あなたのストレスに なっていることはありませんか。 自分の場合のそれ …

平城京に「破斯清通」とのペルシャ人の役人がいた。「波斯」(ペルシャ)の末裔(すえ)」。友達の家の言い伝え。

奈良市の平城宮跡から出土した8世紀中頃の木簡に、 「破斯(はし)」という名字を持 …

80歳過ぎの女性。半蔵門線の電車内でスマートフォンを駆使して、乗り換え、行き先を検索。「やってみれば、なんとかなる」。

タブレットは持っているのですが、 スマートフォンは持っていません。 未だに昔なが …

「打って反省、打たれて感謝」。昔教わった剣道の教えを記事に見つける。

昔、剣道を習っていました。 今から考えると、ためになることを いろいろ教わりまし …

新茶の季節。緑茶はミルで粉にして飲むという知合い。

2015年5月2日は八十八夜。 お茶の産地では、茶摘みが行われたところが 多かっ …

折り畳み自転車を買って、自転車通勤を始めた知合い。一番の課題は汗対策。

10月、運動するのに とてもよい季節ですね。 知合いがついに自転車通勤を始めたそ …

公園浴の勧め。芝生、観葉植物など身近な自然でリフレッシュ。

毎日のように近所の公園を巡っています。 ここ最近は桜の花の開花を楽しみにしていま …

大橋巨泉さん。2016年7月12日にお亡くなりに。野坂昭如さん、永六輔さんとともにテレビ界を支えた人が去り、時代の移り変わりを感じる。

「11PM」「クイズダービー」 「世界まるごとHOWマッチ」など、 数多くのテレ …