亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

座右の銘を一ヶ月に一度、毛筆で書き換えて、心を新たに。言霊、常若。

   

会社の壁、机の前、デスクトップなどに、
今年の自分の目標、会社の社訓などを
貼っていらっしゃいますか?

そうした目標を達成するためには、
文字にして、いつも目の付くところに
置くのがよい。

昔の人は、経験的に
それを知っていたのでしょうね。

一方で、貼った紙の文字が色あせたり、
ほこりをかぶっていることも。

人は目に慣れてしまうと、当たり前になり、
風景と化してしまって、脳を刺激しなくなる。

つまりそこにあって、そこにない状態に
なるんだそうです。

知合いの方が、50歳を過ぎて、
本格的に始めたのが書道。

子どものお習字ではないので、
唐時代の名詩、偉人の名言などを
題材に書き記すという習い方なんだそう。

あるとき、お手本の言葉を練習していて、
ふと思いついたのが、知らない言葉ではなく、
自分の好きな言葉、また座右の銘に変えること。
そしてそれを1ヶ月に一度、
書き換えることだったそう。

以前に書いたものは、捨てずにとっておく。

続けているうちに気付いたのは、
同じ字を書いていながら、
そのときそのときで字が違うこと。

字にはそのときの自分の気持ちが
如実に反映されていると感じたそうです。

また同じ言葉でも、書き換えると、
新鮮な気持ちがよみがえるとも。

新生と言う言葉があるけれど、
書き換えることで、
その言葉に再び命が吹き込まれるように
感じたのだと。

そしてそれは、あの伊勢神宮の
式年遷宮の精神に通じるものなのではないか
と思ったそうです。

20年に一度、すべてを同じように新たに造り替える。
繰り返し再生することで、以前と変わらぬ姿を
みずみずしく保ちつつ、永遠を追求する。

「常若」(とこわか)という考え方のようです。

また日本には言霊(ことだま)という考え方もあります。
これは言葉のもつ呪力、魂と考えられています。

座右の銘を自分の手で、書き換えることは、
言霊をいつまでも若々しく保ち、
命を再生し続けること。

そう考えると、書道がすごく面白く、
意義深いものになったそうです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

母方の親戚が集まり「最後の晩餐」?

2017年11月9日、銀座の料理店で、 母方の親戚が集まり食事会をしました。 母 …

燻製より簡単。干物、一夜干し作りに励む知合い。料理をしたことがない人でも簡単に出来る。

定年を迎えた知合い。 まだ仕事は続けていますが、 以前に比べて、時間が出来たので …

家族を殺されたユダヤ人の父母の言葉「財産は頭と心に」。数学者ピーター・フランクルさん。

数学者で大道芸人でもあるピーター・フランクルさん。 最近では、Panasonic …

2015年6月30日。1年の真ん中。「夏越しの大祓い」。「夏詣(なつもうで)」。お菓子「水無月」。

2015年6月30日。 今日で、2015年、1年の半分が過ぎたことになります。 …

2020東京五輪エンブレム。著作権侵害問題。新国立競技場にならい白紙撤回? ベルギーの劇場は使用差し止めを求める。

2020年の東京五輪のエンブレムと、 2013年に公表されたベルギーの リエージ …

生涯で2枚だけ名刺を受け取らなかったことがある。温厚な年上の方が明かしたその理由。

出張先で取引先の方と立ち話。 かなり地位の高い方なのですが、 出入りの業者にも気 …

ローマのコロッセオ、現在、無くなっている床を復元へ。イタリアの文化大臣がツイートで明かす。

ローマのコロッセオ。 古代ローマ帝国時代に剣闘士たちが戦った舞台。 2000年近 …

「お父さん、臭くなくなった」と娘に言われた友達の秘密兵器とは?

結婚されて子どもがいらっしゃるお父さん。 奥さんや娘さん、息子さんから、 「お父 …

日本のバイオリン王・鈴木政吉、「わしは二本のぼうで人生を乗り越えてきた。辛抱と貧乏だ」。

先日、2016年2月14日に、 東海テレビが制作した番組 「日本のヴァイオリン王 …

取引先の人から打ち合わせの後、驚くべき告白。定年前の海外移住。

取引先で打ち合わせ。 1時間くらいで終わり雑談。 取引先の人は、9月に入ってから …