亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

座右の銘を一ヶ月に一度、毛筆で書き換えて、心を新たに。言霊、常若。

   

会社の壁、机の前、デスクトップなどに、
今年の自分の目標、会社の社訓などを
貼っていらっしゃいますか?

そうした目標を達成するためには、
文字にして、いつも目の付くところに
置くのがよい。

昔の人は、経験的に
それを知っていたのでしょうね。

一方で、貼った紙の文字が色あせたり、
ほこりをかぶっていることも。

人は目に慣れてしまうと、当たり前になり、
風景と化してしまって、脳を刺激しなくなる。

つまりそこにあって、そこにない状態に
なるんだそうです。

知合いの方が、50歳を過ぎて、
本格的に始めたのが書道。

子どものお習字ではないので、
唐時代の名詩、偉人の名言などを
題材に書き記すという習い方なんだそう。

あるとき、お手本の言葉を練習していて、
ふと思いついたのが、知らない言葉ではなく、
自分の好きな言葉、また座右の銘に変えること。
そしてそれを1ヶ月に一度、
書き換えることだったそう。

以前に書いたものは、捨てずにとっておく。

続けているうちに気付いたのは、
同じ字を書いていながら、
そのときそのときで字が違うこと。

字にはそのときの自分の気持ちが
如実に反映されていると感じたそうです。

また同じ言葉でも、書き換えると、
新鮮な気持ちがよみがえるとも。

新生と言う言葉があるけれど、
書き換えることで、
その言葉に再び命が吹き込まれるように
感じたのだと。

そしてそれは、あの伊勢神宮の
式年遷宮の精神に通じるものなのではないか
と思ったそうです。

20年に一度、すべてを同じように新たに造り替える。
繰り返し再生することで、以前と変わらぬ姿を
みずみずしく保ちつつ、永遠を追求する。

「常若」(とこわか)という考え方のようです。

また日本には言霊(ことだま)という考え方もあります。
これは言葉のもつ呪力、魂と考えられています。

座右の銘を自分の手で、書き換えることは、
言霊をいつまでも若々しく保ち、
命を再生し続けること。

そう考えると、書道がすごく面白く、
意義深いものになったそうです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

嫌いな人、物、場所などにも意味はある。嫌いを大切にすると自分が変わる。

先日、会った年配の人の話。 心動かされることがあったので、 記しておきます。 そ …

「ためしてガッテン」で高野豆腐の特集。ふっくらやわらかの決め手は、熱湯もどし。

高野豆腐の料理、お好きですか? 以前、別のブログで高野豆腐の煮方を紹介したところ …

高齢の知り合いが、最近、贈られて、本当に役立つと喜んだグッズとは? 贈り物の極意とは?

まもなく敬老の日。 父母また祖父母にプレゼントをと 考えている方も多いことでしょ …

民進党の英語表記の頭文字DIPはアメリカの俗語で「間抜け」。ポカリスエット、ウォークマン。結局、DPに。

民主党と維新の党が結成する合流新党「民進党」。 台湾にもまさに同じ名前の政党があ …

iPhoneを買って外出が多くなったという年配の知り合い。その訳は?

まもなく70代になろうという知り合い。 何年か前にスマホデビューしたそう。 去年 …

ヨドバシカメラ。ネットと実店舗のポイント、特典を統一。実店舗のクレジット払いで10%還元に。

ヨドバシカメラ。 ポイント還元の元祖です。 ヨドバシゴールドカードでポイントを集 …

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

ミニマリスト「好みの物に囲まれるな」。祖父「欲しいものより必要な物」。

新年。 初売りに出かけ、福袋をはじめ、 いろいろと買い込んだという方も多いことで …

母子手帳ならぬ「祖父母手帳」。今時の子育ての常識をまとめた手帳をさいたま市が発行。「孫育て」と「孫疲れ」。

何年か前、中学の同級生(女性)に孫が出来たと知り、驚きました。 若い時に結婚し、 …

お盆の思い出。懐かしの駄菓子ストロー寒天を発見した従兄弟から、メールが来る。

あなたはストロー寒天という駄菓子を ご存じでしょうか。 ストローの中に色つき(赤 …