亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

座右の銘を一ヶ月に一度、毛筆で書き換えて、心を新たに。言霊、常若。

   

会社の壁、机の前、デスクトップなどに、
今年の自分の目標、会社の社訓などを
貼っていらっしゃいますか?

そうした目標を達成するためには、
文字にして、いつも目の付くところに
置くのがよい。

昔の人は、経験的に
それを知っていたのでしょうね。

一方で、貼った紙の文字が色あせたり、
ほこりをかぶっていることも。

人は目に慣れてしまうと、当たり前になり、
風景と化してしまって、脳を刺激しなくなる。

つまりそこにあって、そこにない状態に
なるんだそうです。

知合いの方が、50歳を過ぎて、
本格的に始めたのが書道。

子どものお習字ではないので、
唐時代の名詩、偉人の名言などを
題材に書き記すという習い方なんだそう。

あるとき、お手本の言葉を練習していて、
ふと思いついたのが、知らない言葉ではなく、
自分の好きな言葉、また座右の銘に変えること。
そしてそれを1ヶ月に一度、
書き換えることだったそう。

以前に書いたものは、捨てずにとっておく。

続けているうちに気付いたのは、
同じ字を書いていながら、
そのときそのときで字が違うこと。

字にはそのときの自分の気持ちが
如実に反映されていると感じたそうです。

また同じ言葉でも、書き換えると、
新鮮な気持ちがよみがえるとも。

新生と言う言葉があるけれど、
書き換えることで、
その言葉に再び命が吹き込まれるように
感じたのだと。

そしてそれは、あの伊勢神宮の
式年遷宮の精神に通じるものなのではないか
と思ったそうです。

20年に一度、すべてを同じように新たに造り替える。
繰り返し再生することで、以前と変わらぬ姿を
みずみずしく保ちつつ、永遠を追求する。

「常若」(とこわか)という考え方のようです。

また日本には言霊(ことだま)という考え方もあります。
これは言葉のもつ呪力、魂と考えられています。

座右の銘を自分の手で、書き換えることは、
言霊をいつまでも若々しく保ち、
命を再生し続けること。

そう考えると、書道がすごく面白く、
意義深いものになったそうです。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢の知人がベッドから転落して、骨折。転落防止。

あなたが寝ているのはベッドですか、 それとも布団ですか? 高齢者の方も、布団の上 …

ホームのベンチを線路と垂直に。コの字形で授業をしたら学力向上。夫婦の座る位置を変えたら。

毎年、春から夏にかけて通っている取引先は、 京王線の沿線にあります。 このため、 …

すま餅、三個で3軒の家を持つはずが……。35歳で35年ローン。老後の金銭収支をしてみたら……。

あなたは「隅餅(すまもち、すみもち)」という 言葉をご存じでしょうか? 一戸建て …

日常の小さな贅沢が人生を豊かにする。作家・池波正太郎の母のにぎり寿司。

長時間、パソコンの前座っているせいか、 目が疲れ、背中、肩が張っています。 スト …

三浦雄一郎さんの「攻める健康法」。「余命3年」宣告からの復活。「ヘビーウォーキング」「男性ホルモン補充療法」

80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さん。 2018年、85歳で、世界第6 …

定年した知合い。持ち物を整理し、小さなマンションに引っ越してダウンサイジング。生き生きし若返る。

定年した後も、元いた会社に依頼され、 現役時代よりは少ない日数ながらも、 しっか …

小説は短編に限るという年配の知合い。毎夜、1話ずつ短編を読む。掌編小説、ショートショート。

自分もそうなのですが、 年齢を重ねると、 集中力が持続しづらくなります。 このた …

久しぶりに西式健康法の入浴法を実践している人に会った。お温と冷たい水風呂に交互に。

広くて気持ちが良く、 家より良く温まるので、 銭湯に良く出かけています。 先日、 …

70年以上、食べられなかった鶏肉を食べ始めた母。人は何歳になっても意識を変えれば、変われる。

多くの人には、食べ物の好き嫌いありますね。 自分は、納豆が苦手です。 食べられな …

1日の歩行時間30分未満は糖尿病のリスク2割増。国立がんセンターが調査結果発表。モールウォーキング。

あなたは、1日どれくらい歩いていますか? 1日30分未満の方、要注意です。 糖尿 …