亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

家に来ていたつがいのホオジロ。一羽がいなくなり、ひとりぼっち。年を取ると、花鳥風月が心にしみる。

   

家に少しだけ木が植わっています。

そこに様々な生き物がやってきます。

一番多いのが鳥。
ホオジロ、キジバト、メジロ、
スズメなどがやってきます。

ホオジロは去年の秋頃からやってきていました。

2016年2月28日、食事をとっていると、
ホオジロが一羽やってきました。

それを見て母は、
「ずっとつがいで来ていたのだけれど、
最近、一羽だけしかこなくなってね。
どちらかが死んだのかな、かわいそうに」。

自分もホオジロが来ていることは
知っていたのですが、それがずっとつがいで
来ていて、最近は一羽しかこなくなった事は、
母が言うまで全く気付きませんでした。

母に限らず、年配の方から、鳥、花などの
季節ごとの移り変わりを知らされることが多いですね。

自分も出来るだけ、季節の変化に心をとめようと
しているのですが、なかなか実行できていません。

以前、年配の知人に伺ったところ、
自分が年を取り、老い先が短くなった分、
時の流れに敏感になる。
その流れを端的に示すのが、
鳥や花などの花鳥風月。
だから年配になると、そうしたものに詳しく、
変化にさとくなるのだと。

かなり長期にわたって、入院した友達も
上の年配の知人と同じようなことを語っていました。

病室の窓から見える、木の葉、空の雲、
太陽の光の強さ、角度。

それまで考えたり、気にも留めなかった、
自然の変化がたまらなくいとおしくなったと。

それらは時の流れでもあり、命の営み。

自分の命が弱ったり、衰えてくると、
周囲の命を観察することで、
力をもらっているのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

芦田愛菜さんの座右の銘は山中伸弥さんと同じ「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」。思い出したのは「人間到る処青山あり」。

先日、TBSで放送された 「1番だけが知っている」というテレビ番組。 http: …

三助さんのいた荒川区・斉藤湯がリニューアルオープン。2015年4月27日。

三助さん。 言葉だけではなく、その存在を体験したり、 知っている方は、どれくらい …

「今日はこれが思い出せなかった」ノートをつける知合い。何かを思い出せない時、どうしてますか?

若い方には無縁な話かもしれません。 年を取ると、「こんなことがなぜ?」 と思うよ …

土用の丑の日には、丑湯。夏でもお風呂に入って温まる。

2017年7月25日は、夏の土用丑の日。 鰻の蒲焼きを召しあがった方も 多いこと …

知合いが始めた定期契約・支出の見直し、カット。リスト化しておくと、万が一の際、遺族が助かる。

あなたは定期的 (毎日、週間、月間、季間、年間など)な契約を どのくらいされてい …

ドラマ「人は見た目が100パーセント」ではないけれど、タクシーの運転手から「お孫さんは?」と言われて愕然として見た目に気を使い出した知合い。

2017年4月からフジテレビのドラマで 「人は見た目が100パーセント」が 放送 …

まずは3分間の踏み台昇降運動から。続けるコツは、好きな歌を聞きながら、歌いながら。フレイル・認知症予防。

以前、友達のお母さんが、 お医者さんに勧められ、 家の中で踏み台昇降運動を毎日し …

ジョーバは物置の中の知人宅。今度のボーナスで狙うはコアトレチェア。

ジョーバ。 おぼえていらっしゃいますか? 当時、ナショナルが出していた 乗馬フィ …

知人が新しいマンションに引っ越して、「引きこもり」状態。そのわけは?

知人が新しいマンションに引っ越しました。 その様子を尋ねたら、 「危ない。このま …

「花よりも 花を咲かせる土になれ」「駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人 そのまた草鞋(わらじ)を作る人」。

昨日、たまたまつけたテレビで、 手帳の中身を見せて下さい との企画を放送していま …