亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

家に来ていたつがいのホオジロ。一羽がいなくなり、ひとりぼっち。年を取ると、花鳥風月が心にしみる。

   

家に少しだけ木が植わっています。

そこに様々な生き物がやってきます。

一番多いのが鳥。
ホオジロ、キジバト、メジロ、
スズメなどがやってきます。

ホオジロは去年の秋頃からやってきていました。

2016年2月28日、食事をとっていると、
ホオジロが一羽やってきました。

それを見て母は、
「ずっとつがいで来ていたのだけれど、
最近、一羽だけしかこなくなってね。
どちらかが死んだのかな、かわいそうに」。

自分もホオジロが来ていることは
知っていたのですが、それがずっとつがいで
来ていて、最近は一羽しかこなくなった事は、
母が言うまで全く気付きませんでした。

母に限らず、年配の方から、鳥、花などの
季節ごとの移り変わりを知らされることが多いですね。

自分も出来るだけ、季節の変化に心をとめようと
しているのですが、なかなか実行できていません。

以前、年配の知人に伺ったところ、
自分が年を取り、老い先が短くなった分、
時の流れに敏感になる。
その流れを端的に示すのが、
鳥や花などの花鳥風月。
だから年配になると、そうしたものに詳しく、
変化にさとくなるのだと。

かなり長期にわたって、入院した友達も
上の年配の知人と同じようなことを語っていました。

病室の窓から見える、木の葉、空の雲、
太陽の光の強さ、角度。

それまで考えたり、気にも留めなかった、
自然の変化がたまらなくいとおしくなったと。

それらは時の流れでもあり、命の営み。

自分の命が弱ったり、衰えてくると、
周囲の命を観察することで、
力をもらっているのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

萩の花。ご覧になったことありますか? 秋の萩見。萩寺。花を愛でて季節の移り変わりを感じる。

「花より団子」という言い回しがあります。 「風流より実利を重んじる」 といった意 …

経営コンサルタントの経歴詐称疑惑で思い出す、自称コロンビア大学卒業の同僚の行方。

週刊文春で、学歴詐称などの 経歴詐称が指摘された経営コンサルタント。 その男性は …

やめ時、はじめ時。今の暮らしを見直す。一つやめたら、一つ始められると自分なりのルール。天皇陛下、生前退位のご意向。

知合いの高齢の知合いが、 何十年と買い続けてきた宝くじを 買うのをやめたそうです …

認知症に効果? 夢の薬、物質か、「プラズマローゲン」。日本が精製、実験中。

認知症。 高齢化社会を迎えた日本だけでなく、 世界的にも患者が増えている病気です …

涙のカステラパン。中学の時に食べたパンで同窓会が大盛り上がり。食の記憶。

中学生の時って何であんなに お腹をすかせていたんでしょう。 部活の前と後、学校の …

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

お盆の時期。 お墓参りに行かれた方も多いでしょう。 その際には、お墓を きれいに …

最近、かたつむりを見ましたか? 俳句 「たゆまざる 歩みおそろし かたつむり」と絵本「せかい いち おおきな うち」。

梅雨、湿気の多い時期。 小学生の頃、この時期、 よく捕まえていたのが、 「かたつ …

母の友人が入退院。小さな違和感から見つけたガン。日頃の観察の大事さ。

母が久しぶりに京都在住の 友人に電話したそう。 そしたらその友達が、 先月、入院 …

夏こそゆっくり動け。無理がないので、体に負担少なく、自律神経のバランスが整うそう。

夏休み、大阪の祖母の家に行ったときのこと。 梅田の映画館で映画を見て、その後、ゲ …

忘年会シーズン、スマホ、かばん、財布、家の鍵など、忘れ物防止法。

忘年会、クリスマスパーティ、 そして新年会と飲む機会が増える季節です。 年に一度 …