亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

液晶のシャープを追い詰めたものとは? 「社徳」。近江商人の「三方よし」、CSR(企業の社会的責任)。

   

自分のような世代にとって、家電メーカーの
シャープと言えば、言葉は悪いけれど、
松下、日立などに劣る二流メーカーというイメージでした。

実際、それは価格に現れていて、例えばシャープの
ブラウン管テレビは松下、ソニーなどの製品より
ずいぶん安く、また家電販売店の安売りの目玉製品でした。

そんなブランドイメージが少しずつ
変わり、向上していったのは、
液晶事業を手がけたころからでしょうか。

正確に「目の付け所がシャープでしょ」との
キャッチフレーズがいつからか知りませんが、
液晶テレビ、ビデオカメラ、ノートパソコンでも、
性能が良く、新しい機能がついた製品が次々と開発され、
販売されました。

実際、そのころ、シャープの製品を購入しました。

国産の高性能を意味する亀山モデルの液晶テレビ。
製品に貼られたステッカーは光り輝いて見えました。

世界一を誇った液晶のシャープが、
現在のように台湾企業の傘下に入るとは。
一消費者でシャープとは製品の購入以外、
全くの利害関係を持ちませんが、信じられない思いです。

2016年3月1日、日本経済新聞に次のような見出しの
記事が出ていました。

《シャープ追い詰めた「社徳」のなさ  編集委員 西條都夫》
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO97828740Z20C16A2000000/?dg=1

「社徳」とは聞き慣れない言葉ですが、
筆者の西條さんは、次のように書かれています。

《社徳のある企業とは立派で尊敬され、
だれもがその企業と取引したい、提携したい
と思う存在である。逆に社徳のない企業とは
自己中心的で威張っており、できれば付き合い
たくない存在だ。》

シャープが現在のように追い詰められたのは、
《大型投資の失敗や経営陣の「無為」などいくつか理由があるが、
「社徳のなさ」もその一因だったと思われる。》
と分析されています。
具体的にシャープの社徳のなさを示す例があげられています。

液晶製造装置を製作していたコマツにシャープは特別仕様の
製品を求めたが、カスタマイズのお金を支払ってくれなかった
というもの。

日立製作所が、液晶事業の再編を打診するため、
シャープを訪問したが、
《「完全に上から目線の対応で、
けんもほろろの扱いだった」と》いう例。

そして、これはネットでもよく書かれていることですが、
シャープの堺工場から液晶パネルを購入する契約を結んでいた
ソニーと東芝に、その供給を制限したこと。

丁度、時代は、家電エコポイント制度のおかげで、
液晶テレビが大変、売れている時。
シャープは、自社の供給を優先し、顧客であり、
ライバルであるソニー、東芝への供給を制限したのですね。

これらによって、シャープは取引先、業界での信頼を失い、
窮地になっても助けてくれるところがなくなって
いったのかもしれません。

現在の滋賀県、近江を拠点にして
全国で活躍した近江商人。

その哲学は「三方よし」、
すなわち
「買い手よし、売り手よし、世間よし」
と言われます。

売り手の自分だけが得をしては、商売は続かない、
買っていただいたお客さまの買い手も得があり、
そしてさらには世間も得をしなければとの理念です。

「WIN WINの関係」という言葉もありますが、
それよりさらに進んだ考えなのかもしれません。

最近では企業の社会的責任CSR(corporate social responsibility)
という考え方が唱えられて、浸透しつつあります。

会社は利益を追求する組織ですが、
社会的な存在であり、社会によって
成立させられている。
そのために会社も個人と同じく、社会に
責任を持ち、還元すべきものは還元しなくてはいけませんね。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「つま恋」、2016年12月25日で営業終了。先輩が何度も語ってくれた生涯の宝となる一夜の出来事。

あの伝説的な吉田拓郎さんとかぐや姫の 野外コンサートが開かれた「つま恋」が、 今 …

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …

読書に目ざめた知人からさらなる情報。LED付きリーディンググラスでどこでも快適読書。

先日、LED付きルーペから、読書灯を交換し、 再び、読書にはまったという知人につ …

「へその緒」を収めた桐箱はどこに? 「へその緒」の話で盛り上がる。母と子の絆。

あなたは自分が生まれた時刻をご存じですか? 私は知らないのですけれど、 今日、友 …

最期まで現役。医師の日野原重明さん。105歳で亡くなる。

100歳を過ぎても医師、講演、執筆など 活動を続けていた日野原重明さんが、 20 …

共に102歳。日本初の女性報道写真家・笹本恒子さん。現役最高齢スイマー・長岡三重子さんの現況。

日本初の女性報道写真家・笹本恒子さん。 そして 現役最高齢スイマー・長岡三重子さ …

2015年上半期 キラキラネームランキングのベスト3は? 「苺愛」「皇帝」「黄熊」。読めます?

キラキラネーム。 今や当たり前のようになっているようです。 2015年上半期のキ …

106歳の先生がおよそ80年前の教え子に手紙。宛先不明。郵便局員が懸命の努力で配達。

台湾から夏の甲子園に出場し、準優勝した 嘉義農林学校の活躍をテーマにした映画「K …

ご馳走続きで知る白飯と水の美味しさ。伯父さんの言葉を正月3日に思い出す。

1月3日。 年末年始続いたご馳走に もう飽き飽きしていて、 残ったおせち、お餅を …

人の心を強くし、力を与える活人剣。「切ってみたいと思わせるなら、それはすでに鈍刀です」。刀匠・河内國平さん。

最近、漫画、ゲームなどの影響で日本刀が好きな女性、 いわゆる刀剣女子が増えている …