亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

2015年統一地方選の投票日の天声人語。菊池寛の「入れ札」。投票とくじ引き。

   

2015年4月26日、統一地方選の投票日ですね。

東京都中央区に住んでいます。
今回はこれまでに経験しなかったほど、
選挙戦が盛り上がっていた気がします。

個人的には、区長選、区議選ともに
立候補者数がこれまでより多かったから。

そして、家のすぐ近所に候補者の
選挙事務所が複数開かれ、候補者の連呼が
連日、聞こえてきたからと分析しています。

2015年4月26日の
朝日新聞のコラム天声人語。

投票日にちなみ、菊池寛の短編
「入れ札」が取り上げられています。

小説「入れ札」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/47858_32247.html

《その時、国定忠治には子分が11人いた。
上州から信州に落ち延びるにあたり、連れを3人に絞りたい。
そこで親分について行くのは誰が適任か、全員に無記名で
投票させることにした。菊池寛の短編小説「入(い)れ札(ふだ)」だ
▼一番の年頭(としがしら)なのに、最近めっきり信望を失った子分がいる。
後輩らに追い抜かれ、親分にも軽んじられている。誰が誰に投票するかは
わからないが、自分は3人の中に入るまい。この子分の寂しさや嫉妬、
そして入れ札にどう臨んだかを軸に物語は進む》

さらに哲学者・柄谷行人(からたにこうじん)さんの
分析が示されています。

《ここで扱われているのは、日本国憲法も保障する
「投票の秘密」だという。匿名だからこそ他人の目を
気にせず、自分の考えを貫ける。そのことが人々の
自由を最終的に守るのだ、という議論につながっていく》

「日本精神分析」の第3章「入れ札と籤引き」です。

「松岡正剛の千夜千冊」でも取り上げられています。
http://1000ya.isis.ne.jp/0955.html

なお天声人語はこの後、投票率の低下、
投票率をあげる新たな試みなどを紹介した後、
《自由な社会を守るために、どうか投票所へ。》
と締められています。

柄谷氏の論ですが、無記名投票が、人々の自由を守る
とする一方で、欠点を指摘してもいます。

無記名投票は、代表する者と代表される者を切り離し、
議員は、選んだ有権者に対して拘束を受けない。
また実際の投票においては、多くの場合、
本当の「投票者の秘密」はないとも。

代表制民主主義は、必ずしも人民の代表を
選んでいる訳ではないと有権者が不満をいだき、
反動として、独裁者を誕生させることもあると。

そこから、氏は、無記名投票にかわるものとして、
「くじ引き」を導入してはと主張されています。

古代ギリシアのアテネでは、「くじ引き」により、
市民の中から実務の担当者が選ばれ、それらの者からなる
500人評議会が、国家の政治をになっていたのでした。

「ギリシアのアテナイ(アテネ)の民主主義(制限的直接民主政治)」
民会は、 20 歳以上の市民全員が出席、一人一票で役員ストラテゴを選出。
500人評議会(執政官アルコン):30 歳以上の市民から抽選で、 500 人選出。
ストラテゴ(将軍職):任期は1 年で 10 人。民会が投票で選出。

柄谷氏は、選挙のみならず、大学、高校の入試も、
「くじ引き」を取り入れてはとも提案しています。

無用な競争・努力による無駄をしないですむから
というのがその根拠ですが、なかなかそのまま
受け入れがたい主張ではあります。
(上の作品「入れ札でも「くじ引き」を主張する子分が出ます)

さて菊池寛の「入れ札」ですが、
戯曲版もあります。

戯曲のほうの「入れ札」。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/486_19918.html

小説との違いが興味深いです。

短い作品ですので、
是非、読み比べてみてください。

さて、これから「入れ札」に行ってきます。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

猫、犬などのペット問題。自分が亡き後、どうするか? 万が一の時のための互助組織、サービス。

知合いの同年代の女性。 どちらも高齢の犬と猫を飼っています。 少し前、その彼女の …

あなたの靴下は膝下までありますか? 膝下靴下をはき始めて、足元が暖かくなったと知人。意外に多い男性の脚のむくみ、冷え症。 

あなたの靴下の長さはどれくらいですか? かかとくらいまでの若者は別にして、 多く …

心臓病、脳卒中。万病の元・血管年齢を若返らせるには。

「○○年齢」。 健康・美容の話題で様々な「○○年齢」があります。 見た目年齢、肌 …

88歳の竹島静枝さん。介護資格を取得。高齢でも介護をする側に回れる。励みになるニュース。

2015年12月18日、朝日新聞の夕刊に、 川崎市に住む竹島静枝さんという女性が …

粉末健康法。自家製の粉末緑茶を再び飲み始めました。

以前、別のブログで粉末健康法、 特に粉末緑茶について書きました。 いろいろな食べ …

2015年ノーベル医学生理学賞受賞、大村智さんのお母さんの日記に記していた言葉。

2015年ノーベル医学生理学賞を 受賞された大村智さん。 受賞された時に、その語 …

体力測定の結果、体力年齢=実年齢+30歳を嘆く知人。

体育の日の休日。 体を動かされましたか。 この日に、各地で運動会や、 体力に関す …

次の表現を直しなさい。「失敗は成功の墓」。「え、正解では?」。「よーく見てください」。

問題です。 次の表現の間違いを直しなさい。 「失敗は成功の墓」。 多くの方は、「 …

傘の進化に驚く。晴雨兼用、グラスファイバーの傘で、夏の熱暑と豪雨に備える。

2017年7月19日、関東地方は梅雨が明けました。 数日前からもうずっと30度を …

加齢による物忘れ防止法。あの女優さんの名前だれだっけ? あれ、それが多くなったら。

このブログに何度も書いていますが、 加齢の影響か、モノの名前や人の名前が なかな …