母方の親戚が集まり「最後の晩餐」?

スポンサーリンク
未分類

2017年11月9日、銀座の料理店で、
母方の親戚が集まり食事会をしました。

母の故郷は岐阜。
兄弟姉妹は7人ですが、
現在、健在なのは4つ上のお姉さんだけ。

そのお姉さん(伯母さん)が、
もうなかなか会う機会がないから、
最後にみんなと会いたいということで、
食事会を開くことを提案したのです。

甥、姪の多くは東京や近郊にいるので、
故郷の岐阜ではなく東京開催となりました。

伯母さんは、娘、
従兄弟(伯母さんの母の妹の子)と、
息子のお嫁さんの3人と一緒に、上京。

レストランにやってきました。

午後6時半から食事開始。
食事をしながらですが、
お開きになるまで、3時間余り。

その間、ずっと話が途切れることなく、
近況やら、昔話に花が咲きました。

年長の3人が小さい頃の話は、
当然、われわれは知らなかったので、
驚くことばかり。

それにしても、7~80年も前のことを、
細かいことまでよく覚えているものだなと感心。
それくらい小さな時の体験というのは、
強烈に印象に残っているのかもしれません。

あっという間の3時間。
おわりには、これで最後とせず、
また来年やりましょうと盛り上がりました。
(次は岐阜)

翌朝、ホテルに泊まった
岐阜の4人組がわが家に。

年配の2人は母と昔話。
伯母は、母が小さい頃から好きだった
お菓子「味噌松風」を土産に持ってきて
くれたのですが、年はとっても
姉は姉なんだなと感心しました。

また3人の話を少しだけ
聞いていて、昔の共通体験を
語り合えるということは、
人の精神衛生上、この上なく
貴重なことなんだなと感じたことでした。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント