亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ウイスキーは、人間社会に似ている」。日本人初のウイスキー殿堂入りの輿水精一さん。

   

「マッサン」ですっかりブームとなったウイスキー。
マッサンがブレンドをする姿で、原酒をいろいろと組み合わせて、
一つのウイスキーを作り上げていくことも知られてきました。

ブレンドをする専門職をブレンダーと呼ぶのだとか。
サントリーで「山崎」「響」を作り上げたブレンダーの輿水精一さんが、
世界で30人しかいないウイスキーの殿堂入りを果たしたそうです。

2015年3月27日、読売新聞の《顔》欄で紹介されています。

およそ100万樽の原酒からブレンドをする比率を考えるとはすごいですね。
2014年9月で15年間務めたチーフブレンダーを退職。
現在は名誉チーフブレンダー。

その輿水さんは、
「ウイスキーは、人間社会に似ている」が持論とか。

その心は?

《欠点のない優等生的な原酒ばかりをブレンドしても、
満足できるウイスキーは感性しない。クセのある原酒を
加えることにより、ぐっと味に深みが出る》。

面白いですね。
同様なことをマッサンも語っていた覚えがあります。

輿水さんも以前、NHKの番組
「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも
語っていらっしゃいました。


また別の分野ですが、法隆寺などを修理した
宮大工の棟梁・西岡常一さんの唯一の内弟子で、
鵤工舎の小川三夫は、「不揃いの木を組む」
という言い方をされています。

適材適所。
その人その人の適性を見て、指導の仕方を考え、変えていく。
人も組織も「不揃い」がいいと。
《自著を語る》
人も組織も生もの
腐らせないためには不揃いがいい
『不揃いの木を組む』 (小川三夫 著 本書・聞き書き 塩野米松)
どんなクセがある原酒、木にも、使い途がある。
どんな人でもふさわしい場所がある。
そう考えると、ほっとしませんか?

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

味覚を取り戻せ。年配の知合いが行なった数々。

年を取ると、味覚が衰える とよく言われます。 香り、味がわからなくなり、 料理の …

日常の小さな贅沢が人生を豊かにする。作家・池波正太郎の母のにぎり寿司。

長時間、パソコンの前座っているせいか、 目が疲れ、背中、肩が張っています。 スト …

母が急にモズクをたくさん買ってきた。アルギン酸、フコイダンが腎臓によい? 幻の手摘みモズク。

モズク、 お好きですか? 毎日1個ずつ食べられるように モズク酢のパックを買って …

三笠宮さま。100歳で薨去。昭和天皇の弟君。逝去と薨去(こうきょ)。崩御、薨御。

三笠宮崇仁親王殿下が、2016年10月27日、 薨去(こうきょ)されました。 1 …

偶然の産物「米ゲル」。2年たっても劣化せずカビも生えないシュークリームの皮。思い出したのは……。

小学生時代の話ですから、 今から相当前の話です。 駄菓子屋でシュークリームを売っ …

岐阜の高山の介護施設で3人死亡。怪我も相次ぐ。母が同級生を心配して連絡したら……。

新聞、テレビで詳しく伝えられていますが、 岐阜県高山市の介護老人保健施設で、 7 …

家・仕事場の近くに中央区コミュニティサイクルのポートが。2015年10月1日からサービス開始。

今年2015年2月に金沢に行ったとき、 コミュニティサイクルを使い、観光をしまし …

夏と言えば、冷やしカステラと牛乳の朝食。食欲がない時は試してみる価値あり。

夏の食べ物といって思いつくのは、 西瓜、トウモロコシ、トマト、 枝豆、そうめんと …

あなたは、1日のうち「無音」な時間はありますか? 音ストレス、脳疲労を回復させる方法は?

現代人、特に都会に住んでいる人は、 多くのストレスにさらされています。 そのスト …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …