亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「ウイスキーは、人間社会に似ている」。日本人初のウイスキー殿堂入りの輿水精一さん。

   

「マッサン」ですっかりブームとなったウイスキー。
マッサンがブレンドをする姿で、原酒をいろいろと組み合わせて、
一つのウイスキーを作り上げていくことも知られてきました。

ブレンドをする専門職をブレンダーと呼ぶのだとか。
サントリーで「山崎」「響」を作り上げたブレンダーの輿水精一さんが、
世界で30人しかいないウイスキーの殿堂入りを果たしたそうです。

2015年3月27日、読売新聞の《顔》欄で紹介されています。

およそ100万樽の原酒からブレンドをする比率を考えるとはすごいですね。
2014年9月で15年間務めたチーフブレンダーを退職。
現在は名誉チーフブレンダー。

その輿水さんは、
「ウイスキーは、人間社会に似ている」が持論とか。

その心は?

《欠点のない優等生的な原酒ばかりをブレンドしても、
満足できるウイスキーは感性しない。クセのある原酒を
加えることにより、ぐっと味に深みが出る》。

面白いですね。
同様なことをマッサンも語っていた覚えがあります。

輿水さんも以前、NHKの番組
「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも
語っていらっしゃいました。


また別の分野ですが、法隆寺などを修理した
宮大工の棟梁・西岡常一さんの唯一の内弟子で、
鵤工舎の小川三夫は、「不揃いの木を組む」
という言い方をされています。

適材適所。
その人その人の適性を見て、指導の仕方を考え、変えていく。
人も組織も「不揃い」がいいと。
《自著を語る》
人も組織も生もの
腐らせないためには不揃いがいい
『不揃いの木を組む』 (小川三夫 著 本書・聞き書き 塩野米松)
どんなクセがある原酒、木にも、使い途がある。
どんな人でもふさわしい場所がある。
そう考えると、ほっとしませんか?

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

靴下を足袋状の靴下にしたら歩きやすく踏ん張りがきくようになったと知合いの高齢者。

先日、靴下、そして靴を買いました。 靴下は足の親指と他の指が分かれている 足袋型 …

関西出身の知人。夜に納豆。入れるのはヨーグルトで快調、快腸。

納豆はお好きですか? わが家は必ず冷蔵庫に入っていて、 朝、家族の誰かがいただき …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

あのプチプチが認知症予防・進行を遅らせるのに効果? 楽しみながらリハビリ「脳活!暇つぶシート 」。

割れ物などを送るときに 包んで割れるのを防ぐ気泡シート。 一般にはプチプチなんて …

あなたの靴下は膝下までありますか? 膝下靴下をはき始めて、足元が暖かくなったと知人。意外に多い男性の脚のむくみ、冷え症。 

あなたの靴下の長さはどれくらいですか? かかとくらいまでの若者は別にして、 多く …

がんがくれた贈り物=キャンサーギフト。柔らかな日の差す両国橋を渡った先で、自転車に遭遇。亡くなった友を思い出す。

自分の身の回りに、がんになった人、 たくさんいます。 自分より年下なのに、亡くな …

「人生に疲れたら、人生論の本より、徒然草」。古典の力。紙の本、電子書籍。

最近、会った高齢の方から、 「徒然草」の話をされました。 昔、学校で習った覚えは …

高齢の知合いが定期的に利用している意外な場所とその利用法とは。

先日、高齢の知合いの方と話す機会がありました。 その方がふだん定期的に利用してい …

お天道様、吹き渡る風のありがたさ。静かに流れる時の豊かさに気付く。

2016年5月12日の東京のお天気は晴れ。 午前10時すぎ、事務所には柔らかな陽 …

年寄りは年寄りが嫌い。年寄りが出ているテレビ番組を見ていると、変えろという母。

朝や昼など、食事をとりながら、 母とテレビを見ることが結構あります。 その時、大 …