亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」。気働き。「一を聞いて十を知る」。

   

あなたは、
「鑿(のみ)と言えば槌(つち)」(もしくは「鑿と言わば槌」)
という言い回しをお聞きになったことがありますか?

これは、「鑿を持ってこい」と言われれば、
それを使うのに必要な槌も、一緒に持ってくる
ということで、気が利くこと、気を利かせることの
例えとして使われます。

先日、電車に乗っていた際、隣に座った
年配のご夫人2人が、それぞれのお嫁さんに
ついて語っていました。

その中で、一人が「『鑿と言えば槌』と言うけれど、
うちの嫁ときたら……」と愚痴をこぼしていました。

久しぶりに聞いた表現で、とても懐かしくなりました。

自分や、すぐ上の姉は、今になって思えば、
気が利かない子どもで、何か用を言いつけられたら、
それをするのが精一杯。
とてもじゃないけれど、それ以上に気を回すことが出来ず、
二人とも祖母や父からよく、
「『鑿と言えば槌』にはほど遠い」と言われていました。

何かを言いつけられたら、それを押しつけられたと思い、
いやいややっているから、それだけやったらいいんだろう
という発想になり、実際、それだけしかやらない。

けれど、何か相手の役に立とうと思う人は、
自分ではなく、言った相手の立場に立って
ものを考える。

なので、何をするのか、何が目的かを考え、
それに必要なことをしようと考える。
言っていること以外に必要なものをくみとるのだと。

この表現以外にも、「気働きをしなさい」。
「一を聞いて十を知る」までいかなくていい、
けれど、「一と言うたら二と悟れ」などとも。

大人になっても、
出来てないことだらけで、
恥ずかしい限りです。

〇鑿(のみ)で思い出したのが「左党」という言葉。
酒飲みという意味ですが、「酒杯」は左手に持つところから
こう呼ばれたとも、金鉱山で、左を鑿(のみ)手、右を鎚(つち)手
と言ったところからとも。すなわち左手=「鑿手」=「飲み手」。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏休みに断食で体をリフレッシュする知合い。

先日、夏休み中に、パソコン、 スマートフォンから離れる デジタル断食を行なう取引 …

近所のピピピピとのエラー音?(騒音)に悩まされる。騒音苦情はどうしたらいいのか。 

近所からの騒音(人工音)に 悩まされています。 はっきりと気づいたのは 2017 …

朝日新聞連載の「折々のことば」を毎日書写する知人。読み、切り抜き、書き写し、貼るというアナログな行為が言葉を血肉にする。

以前、このブログで、毎日、筆ペンや筆で、 自分の好きな言葉や偉人の言葉を手書きす …

「体は柔らかい? 体が硬いと心も硬くなるよ」とストレッチを勧めてくれた70前の知合い。脚は180度開いて、おでこが床にぺたり。

70歳前の知合いに会いました。 元気で話すスピードも速くて圧倒されました。 握手 …

知人がスマホのカメラで毎日、撮影しているものとは。

同年代の知合いが、1年ほど前に ガラケーからスマートフォンに変えました。 それを …

食べるものも変えず、量も同じで、お金と手間もかけず、ダイエットに成功した知人。その方法は?

同年代の知人。 去年の健康診断で、肥満、 糖尿病予備軍と言われ、 医師からは、体 …

同じ誕生日・血液型の知合いに久しぶりに会う。織田信長の実験。

あなたには、誕生日・血液型が どちらも同じ知合いがいますか? 以前にも書いたので …

柳家小三治師匠がアルツハイマー病の疑いと高座で告白。

今朝2017年8月8日の東京新聞に、 《柳家小三治が療養へ》との記事が出ていまし …

牡蠣、柿、牡蠣フライ。それぞれの「カキ」のアクセント。

牡蠣、柿。 どちらも美味しい秋ですね。 2017年11月7日、読売新聞の 4コマ …

花、穀物、樹木の肥料の話。いつどこでどのくらい。やり過ぎは枯らすもと。人の成長と共通の教訓。

亡くなった大阪の祖母は、 花を育てるのが好きでした。 実家は農家ではなかったので …