日野原重明先生、なでしこジャパンの試合を見て不整脈。スポーツ観戦は生ではなく録画で。

スポンサーリンク
未分類

まもなく2015年のテニス全米オープンが始まります。
錦織選手の活躍、初優勝が期待されています。

去年、決勝戦をWOWOWの生放送で見ていて、
余りにも興奮しすぎて、胸が苦しくなるという経験をしました。

もともと気が弱くて、ストレスに弱いたち。
なので、余り興奮し過ぎると身体に悪いので、
血圧、脈拍が自分にとって上がりすぎると感じるときは、
テレビを切り、興奮を静めるように心がけています。

103歳の現役医師・日野原重明先生の朝日新聞のコラム
「103歳 私の証・あるがまま行く」。
8月22日と29日の2週にわたって、
「なでしこ観戦中の大ピンチ」とのタイトルでつづられていました。

日野原先生が大好きななでしこジャパン。
この7月のW杯のイングランドとの準決勝をテレビで観戦していて、
気分が悪くなり、調べてもらったところ、
不整脈の一種である心房細動が発見されたという内容です。

聖路加病院で診断そして、応急処置をしてもらい、
その日の午後の講演を無事終えたそう。
その後、心房細動を取り除く、除細動の処置を受け、
翌日には、ご自宅に戻ることを出来たとのこと。

このことから、日野原先生は、得た教訓を書かれています。

《力を込めて応援したくなる試合は生中継で見ず、
結果を知ってから録画でゆっくり楽しむようにする、
ということです》。

なお先生は、
《医師として前々から血圧の高い患者さんに勧めてはい》
たとのことですが、《自分のことになると、そうはいかなかったのです》。

さらに続けて、次のようにも。

《とはいえ、次にまた見たいスポーツ中継があった時、
果たしてあの手に汗を握るような臨場感を味わうのを
我慢して過ごすことができるのか……。まだちょっと自信がありません》。

患者さんに勧める生ではなく録画でのテレビ観戦を
なかなか守れない日野原先生。
なんとも人間らしいですね。

2015年8月29日、朝日新聞
《(103歳 私の証・あるがまま行く)なでしこ観戦中の大ピンチ:下 日野原重明》
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11934461.html

海外で、野球やサッカーの観戦もしくはテレビ観戦中、
興奮して、なくなってしまったなんてニュースを
たまに聞くことがあります。

ストレス、興奮には強いという方も、
年齢を重ねるとあちこちがもろくなっています。
くれぐれもお気をつけ下さい。

 

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント