亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

ご飯の量が減って栄養失調気味と言われた高齢の知合い夫婦が、食べる量を倍増させた方法は?

   

あなたは1日、どれくらいご飯を
召しあがっていますか?

病気などで、ご飯を控えている方も
いらっしゃるでしょう。

病気でない方でも、高齢になると、
どうしても食欲がなくなり、
自然にご飯の量が減っていくのが
一般的なようです。

高齢の知合いもまさにそれで、
昔は、1食軽く1膳食べられていたのが、
その半分も口に出来なくなりました。

かかりつけの医師、栄養士さんからは、
ご飯でなくても良いけれど、全体的に
カロリーそして栄養ともに足りていない
と指摘されたそう。

そこで栄養補助食品、パンなどで、
カロリー、栄養を満たす取り組みを
始めたそう。

その一環として、ご飯も味を
改善しようとしたとのこと。

まずはお米の質をあげた。
知合いのお米屋さんお勧めの
銘柄を買い始めました。

確かに美味しいものの、
夫婦二人で食べる量が少ないので、
食べ終わる頃になるとどうしても味が落ちる。

そこでこれまで5キロごとだったのを、
2キロごとの購入に。

さらにこれまで使っていた、高級炊飯器の他に、
ガスの上で使う1合炊きの炊飯器も購入。

すると格段に美味しくなったとのこと。

これだけでかなり食べる量が回復。

知合いから言われたのは、
お茶碗を小さいものに変えること。

これまでずっと使っていたのは、
もう20年以上前からの大きめのお茶碗。

若い時には気にならなかったのですが、
大きなお茶碗に少ししか入っていないと
食欲が減る。また以前に比べ、重さを
感じるようになっていたと言います。

小さめな軽量茶碗にしたところ、
軽いことに驚き、またこれまでと
同じ盛りで、一杯に入っているので、
なんとなく満足感があると。

結局2杯食べるようになり、
それまでより1.5倍ほどに増加。

ご飯の量が増えるにつれ、
おかず類の量も増えたとのこと。

これでほぼ満足しているのですが、
次は、少量からできる家庭用精米器を
買おうかと二人で話しているとのこと。

これはご飯が美味しい和食店で、
毎朝、精米したお米を、炊いていると教えてもらったから。

精米したてだと、高価格でないお米でも
一段も二段も美味しくなるのだと。

知人のように食べる量を増やす必要性は、
今のところないのですけれど、
ご飯を美味しくする工夫は真似したいですね。

〇玄米をその場で、1キロずつ精米してくれる
サービスを行っている精米店も増えているようです。
そうした所を頻繁に利用するという手もありますね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

お宅に百科事典、世界文学全集はありますか? 実家の片付けで、この二つを手放した知人宅。寂寥感に襲われる。

お宅には、百科事典、世界文学全集は ありましたか? もちろん紙のものです。 わが …

筋肉は何歳からでも鍛えられる。銭湯友達が100均で夏前に買ったものとは?

行きつけの銭湯にいつもより 早い時間に行ったら、 以前、良く銭湯友達にあいました …

童話作家の佐藤さとるさんなくなる。88歳。「コロボックル物語」シリーズの作者。小学生の時に魅了された。

童話作家の佐藤さとるさんが、 お亡くなりになりました。 89歳でした。 佐藤さと …

若き日の会議の録音テープを聞いて、時の流れと昔の自分のバカを思い知る。

先日、取引先を訪れた時、 そこの知合いから、 「整理したら、面白いものが出てきま …

「40代は急に止まれない」その理由は? 恐ろしい大腿四頭筋の衰え。あなたは? 「緊急体力チェック」。中居正広さんは失格。

今からずいぶん前ですが、 20年ぶりくらいにスキーをしました。 数本、難易度の低 …

「黒木瞳のひみつのHちゃん」の第72回《「17歳の友」にお孫ちゃん》に思う。

黒木瞳さんが、朝日新聞夕刊に 連載している「黒木瞳のひみつのHちゃん」。 その7 …

LED付きの化粧鏡でよみがえった若さ。目を直し、照明を新しくすると若返る。

1日に鏡で、自分のことを何回見ていますか? 回数が多い人ほど、体も心も若い。 な …

一人暮らしの知合いたが、旅の仲間(旅友)を募るサイトを利用。

一人旅も良いですけれど、 集団で行く旅行も思い出を後で、 語り合え楽しいですね。 …

失敗談が心を打つ。元商社マン・江木隆之さんの「英対話」。体験を社会に生かす。

英語。 春から始めようと思っていらっしゃる方、多いのでは? これまで海外旅行に行 …

大人向けの塗り絵「コロリアージュ」。教室、本、色鉛筆。ストレス発散、認知症予防に効果。

以前から気付いてはいたのですけれど、 「大人の塗り絵」がブームのようですね。 実 …