亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

アメ好きの知り合いの女性。アメを減らして、乳酸菌タブレットをなめ始めて……。

   

関西の女性、特に熟年から上の
世代の方は、アメを必ず持っているといいます。

自分でなめるだけでなく、
初対面の相手でも気軽にあげたりして、
会話のきっかけにしたりしています。

いわばコミュニケーショングッズとして、
アメを使っているんですね。

あなたは、そうした見知らぬ中高年の女性に、
アメをもらったことはありますか?

自分は何度かもらったことがあります。
これまで東京ではありませんが、
関西で体験しました。

ところが先日、地下鉄の車内そしてホームで
乗り換え方法を教えた女性から、
小袋入り(個装)ののど飴をもらいました。

初めて東京でもらった感動と、
そうしたちょっとしたお礼としても
使われるんだなと感心しました。

早速、もらったアメをなめたところ、これが結構、
美味しくて、のどもすっきりしたような気がしました。

次、コンビニやスーパーで見かけたら、
買ってしまうかもしれません。

アメ、キャンディーのメーカーは、
プロモーションの一環として、
中高年の女性にサンプルを大量に配る
というのも有効かもしれません。

これで思い出したのが、やはり
ポーチ・バッグに常にアメを何種類か
持ち歩いている知り合いの女性の話。

その方からは一度もなぜか、
アメをいただいたことはありません。

もしかしたら、
「アメはあまり食べないので……」
と初対面に近い頃、一度、断ったのが
以後ずっともらえない理由なのかもしれません。

先日、その方とお話を交わす機会がありました。
「ガムを最近の人はかまなくなった」
という所から、アメの話になりました。

その方もガムは全くかまないそう。
口寂しいときはアメ。

ところが、ガムは歯や歯茎の健康を維持するためによい
と聞き、アメに加えて、ガムも追加ようと思ったと言います。
けれど歯科医から、乳酸菌タブレットがよいと言われ、
こちらを試すことにしたんだそう。

少し前、このブログでも書きましたが、
母がやはり歯科医に勧められ、
自分もそれを日中などになめています。

今、歯科医の間で、乳酸菌タブレットを
患者に勧めるというプロモーション中なんでしょうか?

その女性は、医者から勧められた
本格的なタイプだけでなく、
ほかに同様な乳酸菌タブレットはないか
と探し、カバヤ食品の「菌活生活」

https://www.kabaya.co.jp/catalog/index.php?c=catalog_view&pk=1355
という製品を見つけ、それも取り入れたとのこと。

複数とっているので、それ単独のおかげとは言えないものの、
口中はもとより、おなかの具合もよくなったとのこと。

キャンディーの世界も、
身体によいと言う製品が、
いろいろ出ているようです。

機能性食品として認定されている
キャンディーもあるみたいですね。

UHA味覚糖 (機能性食品と認められたキャンディー第一号)
https://www.uha-mikakuto.co.jp/kinousei/

「コンピュータ作業の多い方に」とうたっている
「特濃ミルク8.2カボチャミルク」が気になるなー。
「ルテイン」が配合されているんですね。

ライオン菓子、機能性キャンディー
http://www.lion-k.co.jp/product/healthy.html

扇雀飴本舗、機能性&のど飴
http://www.senjakuame.co.jp/company/products/functional.html

マスク代わりに、のどの健康のために
ノストフラン 機能性シートキャンディ 24枚入り360円(税抜)
http://www.mac-bio.co.jp/nostoflan.htm

「森永製菓 たべるマスク」(こちらを最近は一番使っています)
http://www.morinaga.co.jp/taberu-mask/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

勉学の秋。高校講座、放送大学の講義をテレビ・ラジオで見たり、聞いたりする人が多い。受験サプリを大人が?

少し前の「放送塔」という読売新聞朝刊の 投稿欄に、65歳の男性の投稿が掲載されて …

機嫌がいいときの自分の写真を持っていますか? うきうきした時の声は?

人でも動物でも赤ちゃんを見ると、 心がなごみますね。 ご自分のお孫さんや、ペット …

祖母の家近くのお寺で開かれた小学生の時の「肝試し」の思い出。闇と静寂。

読売新聞の夕刊に、 富山県射水市の高野山真言宗金胎(こんたい)寺が https: …

ジョギング好きの知合い、足底腱膜炎に。意外なところに原因。

同年代の知人は、もう何年も前から、 毎日ジョギングをしています。 久しぶりに先日 …

するめ健康法? 知人が毎日、持ち歩くものとは? 脳を活性化し、ドライマウスを防止。

まもなくお正月。 ちょっと気が早いでしょうか。 お正月の準備のために、 様々なも …

長江と揚子江。大型客船「東方之星」の転覆事故で違いを思い出す。

中国湖北省荊州市の長江で、 乗員乗客456人を乗せた大型客船「東方之星」が転覆し …

「くるみペーストを買って」と頼んだ母。テレビの影響。

「ブロッコリースプラウト」。 ご存じですか? ブロッコリーのもやし(芽)です。 …

夏休み3ヶ月の名古屋の中華料理店。明大前の肉まん屋さん。休むことで長続きする。

あなたの今年の夏休みは、何日間でしたか? 仕事柄、イタリア人の知合いが多いのです …

改めて教えられた運動の後の栄養補給の重要性。高齢になっても動ける体でいるために。

新年に今年こそは、毎日運動をして体を鍛え、 脂肪のないスリムな姿になる と決意し …

100歳の現役写真家・笹本恒子さん。「野の花に感謝の気持ちを」。骨折し車椅子でも野の花を撮る。

日本ではじめての女性報道写真家・笹本恒子さん。 100歳で現役を続けていらっしゃ …