鉄分と認知症の関係。あさりの水煮缶を愛用する知人。

スポンサーリンク
未分類

先日、知合いとの雑談の中で、
認知症と鉄分の関係の話が出ました。

自分は知らなかったのですが、
鉄分不足は認知症になりやすい
という研究結果があるんだそう。

テレビ、雑誌でもこれまで何度か、
特集されていたとか。

また鉄分不足は認知症といかないまでも、
脳の働きに悪影響を及ぼし、
物忘れの原因になるとも。

《貧血に要注意》
(千代田病院【広島県】 認知症・うつ病治療の精神科病院)
http://www.chiyoda-hospital.or.jp/2016102c.html

高齢者になると鉄分の不足で、
貧血になる人が多いとのこと。

それを防ぐ方法は食事から。
ヘム鉄という吸収のよい成分を含む
食品をとることがとても大切なんだとか。

そこで知人が心がけているのは、
テレビ番組でも紹介されたあさり(の水煮缶)。

あさりはそもそも鉄分が多く含まれているのですが、
むき身を水煮した水煮缶は、生のあさりの10倍も
鉄分が多くなっているんだそう。
(殻とか除かれていて、身だけになっていますからね)

安くて、殻の始末も入らず、保存性があり、
気軽に使えるので、大量にあさりの水煮缶を
保管し、毎日の料理に使っているとか。

「その原因Xにあり」
http://www.fujitv.co.jp/sono_x_niari/backnumber170203.html

その番組では最強のレシピとして、
枝豆を入れた「クラムチャウダー」が
紹介されていたよう。

知人は、お味噌汁、
浅蜊入り卵焼き、パスタなどに
活用しているとのこと。

むき身のあさりなら、
使いやすいですね。

他にヘム鉄が多く含まれている食品で、
使いやすいものは、干しエビ。

知人は、粉末にしてふりかけがわりに
いろいろな料理にかけて食べているそう。

真似したいですね。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント