目やには肝臓の疲れ。眉毛の上をこすれとアドバイスされる。

スポンサーリンク
未分類

最近、朝起きたとき、
目やにが目立つようになりました。

目やにがこんなに出るのは、
小学生の時に結膜炎にかかった時以来。

いやその時ほどの量ではありませんが、
これまでほとんど出なかったので、
気になります。

そんなことを知り合いに話したら、
次のようなことを教えられました。

漢方では、目は肝臓とつながっていて、
肝臓の疲れは目やに、目のかすみなど、
目に症状が出るんだそう。

目やには、脂肪などを大量に取り過ぎると、
肝臓の解毒が間に合わず、出ると考えるのだとか。

酒や脂肪過多、食べ過ぎなどはないか
と聞かれました。

確かにお酒を飲んだ翌日に多い気が。
また最近の食生活で肉をよく食べるようになったので、
必然的に脂肪の量も増えているかも。

ということで、
肝臓をいたわる生活をしなさいと
忠告されました。

具体的には、飲酒を控え、
肝臓の負担を減らす。

食事も気をつける。

右脇腹をマッサージする。
寝るときは右側を下にして血液を集める。
シャワーではなくお風呂にはいり、
身体を温める。(肝臓も温め血流が多くなる)

意外なところでは眉の上をさする。
これも漢方(中医学)的には、
肝臓につながっているんだとか。

早速、眉毛の上をさすってみたら、
結構痛い。

それはやはり肝臓が疲れている印と言われてしまいました。

ちょっと気をつけねば。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント