母の日を前に、青いカーネーション「ムーンダスト」の輸入がピーク。

スポンサーリンク
未分類

2015年は5月10日が母の日。

カーネーションの花が花屋さんにあふれています。

昔は赤いカーネーションは、お母さんが健在な場合、
白のカーネーションは、お母さんがすでになくなっている場合
と言われていましたよね。

ずいぶん前に、そうした区別はなくなったみたいですね。

花屋でカーネーションをしっかりと
見たことはなかったのですが、
先日、花屋さんの前で立ち止まり、驚きました。

今、カーネーションは
様々な色や形のものが出回っているのですね。

色だけで言うと、
ピンク、濃赤、黄色、
オレンジ、紫そして青。

この青いカーネーションは、
「ムーンダスト」という種類。

「青いバラ」は不可能の代名詞と言われていましたが、
サントリーフラワーズがこの開発に取り組みました。

バラの前に、青いカーネーションの開発に、
1995年に成功しました。

「ムーンダスト」
http://moondust.co.jp/
母の日の特別サイト
http://moondust.co.jp/md/

そして青いバラの開発にも成功。
2009年に「アプローズ」
というブランドで売り出されました。
http://www.suntorybluerose.com/

「青いカーネーション」ですが、
現在は、常春で花の栽培に
適しているコロンビア、エクアドルの
標高およそ2500メートルの地域で栽培されており、
それが日本に輸入されているようです。

丁度、今頃が輸入のピーク。

ちなみに青いカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」だとか。
(青いバラの花言葉は、「奇跡」「神の祝福」「夢かなう」。
それまで英語Blue Roseは、「不可能」という意味でした)

最近、カーネーションは贈っていなかったけれど、
今年は、青いカーネーションにしてみますか。

〇アメリカの「母の日」の由来
アメリカのアンナ・ジャービスという女性が、
亡くなった母アン・ジャービスの追悼式を
母が日曜学校の教師として働いていた教会で、
1905年5月12日に開いた。
その際に、母が好きだった白いカーネーションを贈ったことが、
カーネーションと母の日の由来とされています。
1914年、ウィルソン大統領が5月の第2日曜日を
「母の日」と制定し、国民の祝日に。

〇日本の母の日
1949年ころから、アメリカにならい5月の第2日曜日に。

〇赤と白のカーネーション
1960年に母のいない子どものことを考えて、
赤に統一。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント