「的を得る」は誤用ではない。誤用説の大元、三省堂国語辞典第7版で誤用説を撤回。

スポンサーリンク
未分類

「的を得る」との表現、
あなたは、どう思われますか?

「的を得る」は、「当を得る」「要領を得る」との
混同からの間違いで、「的を射る」とするのが正しいと。

自分もそのように思っていました。

文化庁が発表した平成24年度の「国語に関する世論調査」では、
「的を射る」を使う人が52.4パーセント、
「的を得る」を使う人が40.8パーセント
との結果が出ています。

ところが、この誤用説は誤りで、
「的を得る」も正しい表現であると
誤用説を唱えていた三省堂国語辞典第7版が認めたというのです。

どういうことなんてしょう。

実は、三省堂国語辞典が、「的を得る」を「誤用である」としたことで、
それが多くの本、メディア、またほかの辞典にも広がっていったそう。

ところが、その頃から、この誤用説は根拠が不明量であるとして、
批判していた人たちもいたのですが、三省堂国語辞典の権威の前に、
その主張は認められなかったようです。

ところが、2013年12月に三省堂国語辞典の第7版が発売になりました。
その版から、「的を得る」が一つの項目として採用され、誤用ではない旨、
記されたのです。

編集者である飯間浩明さんは、ご自身のtwitterで、
「『三省堂国語辞典』第7版では、従来「誤用」とされていることばを再検証した。
「◆的を得る」は「的を射る」の誤り、と従来書いていたけれど、撤回し、おわび申し上げます。」
と書かれています。

誤用が時代の流れで、誤用でなくなったということではなく、
誤用説そのものが誤りであったと撤回したんですね。

うーん。

今、大辞林、明鏡国語辞典などを見てみると、
まだ「的を射る」が正しく、「的を得る」は誤りであると書かれています。
これも次の改訂では改められるのでしょうか?

辞書にも誤りはある。
ほかにもこうした誤りはありそうですね。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント