妊婦はローストビーフを食べてはいけないの?

スポンサーリンク
未分類

2018年4月24日、昼食をホテルのレストランで
取引先の人と一緒にとりました。

メニューの一つがローストビーフ。
そこで話題になったのが、
「妊婦はローストビーフを
食べていいのか、悪いのか」

少し前、ネットで話題になったんだそう。

現在妊娠中である女優の佐々木希さんが、
インスタグラムでローストビーフを食べたと公開。

それに対し、産婦人科医である宋美玄さんが、
ツイッターで、妊娠中のローストビーフは、
不適切であると意見を書いたとのこと。

ここから、賛否両論のコメントがついたそうです。

自分はこの騒ぎは知らなかったのですが、
ローストビーフ、生チーズなどについて
少し知識があるので、食中毒、寄生虫の関係が
問題になっているのかなと思いました。

妊婦の方は食生活、服薬、運動、飛行機の搭乗など
日常生活において多くの制限を受けます。

食生活で言われるのは、生ものを避けること。
食中毒、寄生虫を心配するためです

なので、当然ながら刺身、生肉、
レア肉、生ハムなどは
食べないように指導されます。

ではローストビーフは?

トキソプラズマは、肉の表面だけでなく、
肉の内部にも入り込みます。
なので肉の表面だけを焼くだけではダメで、
内部も一定時間、高熱で処理する必要があります。

国立感染症研究所、トキソプラズマ症
《中心部まで十分に加熱することやまな板を肉用と
その他用に分けるなどの対応が必要である。なお、
食肉中のシストの不活化には、中心が67℃になる
までの加熱4)、あるいは中心が-12℃になるまでの
凍結5)が有効であるとされる。電子レンジによる
加熱では内部温度の十分な上昇が得られないため
必ずしも確実であるとはいえない》
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/3009-toxoplasma-intro.html

食品安全委員会
《寄生虫による食中毒にご注意ください》
http://www.fsc.go.jp/sonota/kiseichu_foodpoisoning2.html

ローストビーフの場合、肉の中心部の温度は、
レアの場合だと50度ほどから、ミディアムと
徐々に上がりますが、ウェルダンでも63度ほどで、
67度以上にあげることはありません。
(そこまであげると、パサパサで固くなりまずい)

なのでトキソプラズマの危険性がゼロとは言えないので、
妊婦の方はローストビーフはやめておいた方が良いでしょうね。

なお本格的な生ハム、スモークサーモン、
また海外のナチュラルチーズなども、
リステリア菌などの危険性があるため、
妊婦は避けた方が賢明です。

もちろん上記の食品がすべて、菌に犯されている
という訳ではなく、その危険性があるということです。
http://www.med.kobe-u.ac.jp/cmv/pdf/pnf6.pdf

《厚生労働省》
《リステリアによる食中毒》
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055260.html

〇各種の食中毒菌
通常、肉の表面のみで、肉の内部にはいない。
(内臓肉、成型肉の場合は別)
表面、側面を十分な時間、加熱することで滅菌可能。
但し、時間とともに牛肉の表面から内部に浸透するので、
妊婦、幼児、高齢者などは内部もしっかり加熱したものを
食する。

〇ガーデニングなどの土いじり、ペット(特に猫)にも注意
トキソプラズマなど寄生虫の危険性あり。

東京都福祉保健局
《生の牛肉を食べてはいけないと聞きましたが、牛ステーキをレアで食べても大丈夫ですか?》
https://food-faq.jp.net/modules/faq/?action=Detail&faqid=54

NHK《2012年05月14日 (月)
妊娠時 寄生虫 “トキソプラズマ”の危険》
https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/119912.html

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント