「ブロッコリーのもやしはどこで売っているの?」と母や近所のおばさんが大騒ぎ。

未分類

もやしやスプラウト類が大好きで、
日頃から、よく買ってきて、食べています。

けれど、家族は余り興味がないようで、
食べるのは自分だけ。

ところが、きょうの夕食時、母が、急に
「ブロッコリーのもやし、どこで売っているのかね-」
と尋ねてきました。

「ブロッコリーのもやし」とは、ブロッコリースプラウトの
ことだと思うのですけれど、なんでまた急に?

「さっき、近所の〇〇さんにあったら、
やっぱりブロッコリーのもやしの話になって。
この辺りの店じゃ売ってないって」。

「お母さん。いつもすぐ近くのマルエツプチか、
ピーコックで買ってきてるけど……」。

「あ、そう。それなら良かった。
すごく身体にいいんだって」。

聞いてみると、昨日、テレビで
ブロッコリー・スプラウトが紹介されたようです。

調べたら、昨日ではなくて、6月8日でした。
NHKのあさイチで
《【NHKあさイチ】ブロッコリーに含まれるスルフォラファン健康効果》
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/06/08/01.html

タイトルにもあるように、
《ブロッコリースプラウトに含まれている
「スルフォラファン」という栄養素》には、
抗酸化作用と、解毒作用があり、身体に良いんですね。

番組では、ブロッコリだけでなく、
新芽を種から育てる方法も紹介していました。

スプラウトは意外に簡単に、また短い期間で
出来ますので、気温が高いこれからの季節、
育てやすいかもしれませんね。

また最近では、スーパーなどにも、
ブロッコリー・スプラウトを置いてあります。

スルフォラファンに関しては、サプリメントも出ており、
別のブログで、以前、ご紹介しました。

サプリメントよりは、やはり食事から取り入れたいですね。
なおスプラウトは、加熱するより、生で食べる方がよいようです。

今回の「ブロッコリーのもやし」騒動で思ったのは、
年配の人にとっては、テレビの影響力は、
中でも健康がテーマにした場合は、
今でも非常に大きいということ。

伝える側は十分に確かめて、情報を送っていると思いますが、
受け取る側は、うのみにしないで、自分の体質、生活なども考え、
取り入れるかどうかをしっかりと考える必要があると感じました。

関連エントリー
《トクダス》
あなたは一度で覚えられるか? スルフォラファンとレスベラトロール、そしてリコピン。

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント