NHKスペシャル「腰痛・治療革命 ~見えてきた痛みのメカニズム~」。慢性腰痛は腰ではなく脳が原因に衝撃。

スポンサーリンク
未分類

同級生や同年代の友人・知人で
腰痛に悩んでいる人が多くいます。

自分も日中、座りっぱなしの仕事なので、
椅子、座り方には気をつけていますけれど、
長時間、根を詰めると、
腰が疲れてだるい時があります。

そんな自分にとって驚いたのが、
2015年7月12日に放送された
NHKスペシャル
「腰痛・治療革命
~見えてきた痛みのメカニズム~」です。
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0712/index.html

3ヶ月以上痛むが続く慢性腰痛。
日本にはおよそ1400万人ほどいるそう。

その慢性腰痛の原因の多くは、
「腰」ではなく「脳」に原因があり、
その場合、ある方法で、
症状が劇的に改善する可能性があるとの内容です。

「慢性腰痛」のメカニズム
腰痛への恐怖、ストレスから、
脳の中のある部分(DLPFC)の働きが悪くなる。
そこは、痛みを緩和する物質を出す部分。
そこが働かないので、痛みが緩和されない。

なので、その部分を働かせる。
そのためには、脳へのストレスをなくす。
ストレスは、また腰痛が
起こってしまうかもしれないという恐怖がもたらす。

なので対策は、その恐怖を起こさせないこと。
具体的には、腰痛への不安を解消する映像を見る、
恐怖心を克服する運動をする、
さらに専門的な心理療法を取り入れるなど。

こうしたことを行い、劇的に改善し、
痛みがなくなる実例が紹介されていました。

海外では盛んに行われている療法ですが、
日本では、腰痛治療のガイドラインに記されているものの、
一般にはまだまだ広がっていないというのが現状だそう。

NHKは、ホームページにその詳細を乗せていますが、
腰痛に苦しんでいらっしゃる方は是非それをご覧ください。

また、一般の病院でもこの治療が採用され、
多くの腰痛患者を救ってほしいですね。

詳しい情報はこちらにあります。
http://www.nhk.or.jp/kenko/nspyotsu/

また再放送は、
2015年7月15日(水)午前0時10分~0時59分(14日深夜)です。

NHKでは「ためしてガッテン」
「きょうの健康」などでも
腰痛について放送しているようです。

「きょうの健康」
《2015年05月19日(火)放送
慢性腰痛を治す 「薬と認知行動療法」》
http://www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2015/05/0519.html

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント