寒い季節。暖かいスープ、煮物を作るのに最適。プチプチ、発泡スチロールで省エネ、ほったらかし保温調理。

スポンサーリンク
未分類

寒い季節、暖かい料理が恋しい季節となりました。

冷え性で体温が低く「温活」をしています。
勧められたことの一つは、冷たい飲み物、
食べ物を避け、暖かい料理をとること。

煮物、スープ、シチューは最適。
なのですが、作るのが結構大変。

長時間、煮込んだり、
加熱し続けたりしないといけない。

と思い込んでいたのですが、
知恵と工夫で短時間の加熱で
あとはほったらかしで、料理ができる
と教わりました。

電気を使ってスープ、煮ものなどの長時間かかる料理を
作る機械、道具も発売されています。
しかしお金もかかるし、場所もとる。

また圧力鍋は短時間で済みますが、持ってない人は、
新たに買わなければならず、経済的に負担です。
(モノが増えてしまうというデメリットも)

沸騰したあとは、保温容器にいれて調理する
サーモスのシャトルシェフという鍋もあります。

https://www.shuttlechef-club.jp/about

効率がよく、見栄えもよいのですが、
それにしても新たに買い増す必要があります。

また最近では小型のスープジャーで
保温調理し、スープなどを外で楽しんでいる人も。

このシャトルシェフ、スープジャーの原理を
手持ちの鍋や身近な道具、材料で再現できます。

やり方は簡単。
いつものように鍋にスープなどの
材料を入れ、温め、煮立てます。

ガス、(IH調理器)をとめ、鍋を
使い古しのタオル、毛布、もしくは
プチプチでぐるっとくるみます。

そしてそれを発泡スチロールの箱に入れるだけ。
煮ものなどの味は温度が徐々に下がるときに
しみこんでいくため、発泡スチロールでの保温は、
まさにその状態を再現できるのだそう。

発泡スチロールは、スーパー、
八百屋さんなどで無料でもらえます。
また未使用のものは
ホームセンターなどでも販売されています。
(大きさにもよりますが、1000円以下で入手可能)

発泡スチロールでの保温調理は、
省エネになりますし、火を使う時間が短く、
保温の時間はほったらかしですので、
有効に時間が使えます。

《保温調理のススメ》
http://www.h-greenfund.jp/eco_life/hoon_main.html

発泡スチロールでの保温調理で、
今年も根菜のスープ作りを始めます。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント