アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。worth~。

アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

worth …の価値がある、価値
《ことわざA bird in the hand is worth two in the bush.
手の中の一羽の鳥はやぶの中の2羽よりかちがある;
「あすの百よりきょうの五十」》。
祖母は、「あすの百よりきょうの五十」とか、
「末の百両より今の五十両」「聞いた百文より見た一文」
などと言っていた。少なくても確実なものをということ
だと思うが一方で、将来のためにコツコツと努力を
積み重ねろとも。商売をやっていたのだが、昔は、
ツケで支払う人が多かった。月締め、季節締め、
盆暮れ二度締め。現金でその場で支払ってくれる
客には勘定を安くしたり、いろいろと便宜を図ったり
していたという。またどのくらいのツケなら、
踏み倒さず支払ってくれるか客をよく見極める
ことが商売人として大切だと。人の価値を
見極める能力を持ち、一方で相手に価値を
認めてもらえる人物になれと。ため息をつくばかり。

《ことわざWhat is worth doing is worth doing well.
やるだけの価値があることはきちんとやる価値がある》

worthwhile やりがいのある、時間をかける価値がある
祖母は、時間はその人の資質、努力によりいくらでも
高めることができると。また時間こそが価値そのもの。
自分の時間の価値を考えて、それより安いなら、
「時間を買え」とも。時間を惜しんで目の前の
お金をけちってしまう自分。祖母だったら、
「相変わらず肝が切れない」っていうだろうなー。
worthy 値する

 

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント