88歳の竹島静枝さん。介護資格を取得。高齢でも介護をする側に回れる。励みになるニュース。

未分類

2015年12月18日、朝日新聞の夕刊に、

川崎市に住む竹島静枝さんという女性が、
介護資格をとったとの記事が出ていました。

年齢は88歳。
驚きですが、竹島さんは、この11月半ばから介護の学校に通って、
講義を受け、12月17日、介護職員初任者の修了試験を受けて、
見事、合格されたとのことです。

88歳と聞くと、なにも今更、介護されるような年になって
と思ってしまいます。

竹島さんは、糖尿病、心臓病の持病があり、勉強しておけば、
介護されるときに、相手も自分も楽なはずと思い、学校に通い、
資格をとることを思い立ったそうです。

講義では17人の受講生の中で一番熱心にメモをとり、
実習も経験を生かして一番上手にこなし、講義は皆勤。
さらに受講生たちの飲み会にも毎回参加していたとのこと。

いやー、気合いが入っていますね。

記事には竹島さんの半生が紹介されています。
尋常小学校を卒業後、女中として奉公に出され、21歳で結婚。

3人の子宝に恵まれたものの、すでに旦那さんと、
2人の息子さんは亡くなっているそうです。

尋常小学校以来およそ75年ぶりの学校。

《「教わることをなかなか覚えられないのは困るけれど、
新しいことを知ることができて面白い」》
とお答えになっています。

今後ですが、竹島さんは、実際に介護施設で
働くことを考えていらっしゃるそう。

88歳でも介護されるのではなく、介護をする側に回ることができる。
その可能性を示した竹島さんは、同年代さらには、
下の世代の人にとっても、大きな励みになりますね。

「今度、生まれ変わったら、〇〇したい」
ある年齢に達したら、そう言いがちです。
けれどもしかしたら、意識を変えれば、
生まれ変わらなくても、現世でそれにチャレンジできるの
かもしれませんね。

そんなことを思わされた、心はずむニュースでした。

 

コメント