萩の花。ご覧になったことありますか? 秋の萩見。萩寺。花を愛でて季節の移り変わりを感じる。

スポンサーリンク
未分類

「花より団子」という言い回しがあります。

「風流より実利を重んじる」
といった意味合いです。

あなたは、「お萩」を
召し上がったことはありますか?

おそらく甘いものが苦手な方でも、
小さい頃に、一度は口にされたことが
あるのではないでしょうか?

そのお菓子の名前の元になった
と言われているのが「萩」です。

秋の七草の一つですけれど、あなたは、
萩の花をご覧になったことがありますか?

意外に少ないのでは?

知り合いは、春の桜はもちろん、
季節季節の花をその旬の時期に、
名所を訪れ、愛でるという行楽を
行っています。

花は、年に一度しか咲かず、
先送り先送りをしていると、
結局、機会を逃し、一生、
その花を愛でずになくなってしまう
と考えたから。

母もそうですが、年をとればとるほど、
季節の移り変わりが心にしみるようになる。

時の移ろいを象徴するのが花。
その花をしっかり見て、その生命力を
心に刻んでおこうと思うようです。

知人も同様に、東京の花の名所を
あちこち訪れています。

萩の名所は、わが家からも
意外に近い場所にありました。

江戸時代から「萩寺」として名高いのが、
亀戸の龍眼寺(りょうがんじ)。
http://www.ryugenji.net/

《江戸初期には、住職が百種類もの萩を諸国から集めて
境内に植えたことから、通称“萩寺”として多くの
文人墨客が訪れ、「江戸名所図会」には萩を愛でる
人々で賑わう様子が描かれています。》

ちなみに江戸時代の花見は春は梅、
そして秋は萩だったとか。

境内には松尾芭蕉の句碑が。

「濡れていく 人もおかしや 雨の萩」

境内には数種類のあわせて
数千株もの萩が植えられているそう。

見頃は秋のお彼岸の頃から、
10月の上旬。

残念ながらもう、今は見頃を過ぎたようです。

秋の花の名所
http://www.enjoytokyo.jp/feature/flower/cosmos/other.html?__ngt__=TT0c6dddcb3001ac1e4a1021MspdiS4kVEc9f1PfVB8wuw

個人的にも、花に限らず、
季節ごとの自然の移り変わりを
じっくりと感じたいと思う年頃になりました。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント