11月8日は「いい歯の日」。歯科医から勧められた2つのもの。歯茎やせ、唾液減少の対策。

未分類

11月8日は「いい歯の日」だそう。

先日、母がかかりつけの歯医者に。

そこで2つのアドバイス(グッズ)を
紹介してもらいました。

母が悩んでいるのは、年配の方に多い
唾液の減少です。

食事の際に唾液が余り分泌されないので、
食べ物がなかなか飲み込めなくなり、
苦労しています。
唾液を補うため、お茶やお水を飲んでいるのです。

勧められたのは、唾液腺マッサージ。
http://www.kokucare.jp/training/training/daekisen/

唾液が出るのを促すマッサージです。
唾液腺は口内3箇所にあるのですが、
その場所を、顔の外から押すなどして
マッサージ。刺激をするものです。

続いては、歯茎やせ。

としをとるとともに歯茎がやせ、
歯が長くなったり、歯茎の色が悪くなったり。

これに対して勧められたのは、歯茎マッサージ。

こちらもマッサージですが、歯茎のやせは、
歯茎への血流が少なくなることから発生しているんだそう。

血流を促すのは、歯ブラシマッサージが効果的。

通常の歯ブラシではなく、
全体がゴム製の歯ブラシを使うのが良いそう。

または、指にはめて使うタイプの歯ブラシ
(ディープクリーン 指で使うハブラシセットなど)

歯茎マッサージは、広い範囲を刺激し、
磨くこともできるため、歯やその周辺についた
歯垢も落とすことができ、
歯垢除去と歯茎の血流増加の
二つの効果があるとのこと。

また忘れがちなのは、舌。
さきほどの歯茎もそうですが、
舌も汚れが付着しており、口臭の
原因となるとともに、味覚の衰えにもつながるよう。

舌ブラシなどで定期的に舌苔をとることで、
臭いの元を取り除き、味覚も蘇るとのこと。
さらに舌を刺激することで、唾液の分泌も促すそうです。

そしてもう一つ。
意外なものを勧められました。

それは乳酸菌タブレット。

口中でなめるようにとかすことで、
口内の虫歯菌などの菌を減らすことができるとか。

朝、起きた時、口の中がねばついたりしますが、
それはこうした口内の悪い菌のせい。
それがこうした乳酸菌タブレットをとることで、
減らすことができるとのこと。

母に加えて、自分も購入し、1週間ほどためしましたが、
取り始めて次の日から、起床時のねばつきがかなり減少しました。

歯周病、虫歯による歯の喪失は、
口の中だけでなく、糖尿病、認知症、
心臓疾患など全身の病気につながると
わかってきたそう。

歯と口内環境を大切にしたいものだと感じました。

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント