亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

喪中はがきで知る友達の母親の逝去。簡素化・希薄化するお葬式。増える偲ぶ会。

   

年賀状を出さなくなって久しいのですけれど、
知り合い、取引先、知人、友人、親戚などから、
年賀状それに先だって喪中はがきが届きます。

昨日も何枚か喪中はがきが配達されていました。
そのうちの一枚は友達のお母さんが
亡くなったことを知らせていたものでした。

友達ですが、そのご不幸はこの喪中はがきで初めて知りました。
最近は、こうしたことが多い気がします。

それは、お葬式を盛大に行わず、身内だけでこじんまりとする
ことが増えているということが理由にあるのかもしれません。

この頃、取引先でも、社長ご本人、社員ご本人が
亡くなった場合は異なりますが、奥さんであったり、
そのお父さん、お母さんが逝去された場合は、
お葬式(告別式)の告知を行わない場合が結構あります。

また告知をしてきても、香典、供花を辞退すると
書かれていることも増えました。

以前はその場合でも香典を用意して参列しましたが、
最近は固く辞退されるので、
はじめから持って行かなくなりました。

あなたはいかがでしょうか?

知り合いのいる町内会では、告別式の参加は
行うものの香典類・お返しはやはり、
お互いに行わないことに決めているとのこと。

以前に比べて、お葬式関係は、
簡素化が進んでいますね。
最近はますます加速化している印象があります。

この傾向はさらに進行していくのかもしれません。

一方でホテル、レストランなどで行う
偲ぶ会形式のものは増えています。

従来の形式にとらわれたお葬式はしないが、
自分たちの好みに沿った送り方はしたい
ということなのかもしれませんね。

これから先、そうしたパーティー、偲ぶ会は
増えそうに思います。

それでも相変わらず喪中はがきは
存在し続けるのでしょうか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ため息は幸せを逃がす。口癖は人生を決定する。

小さい頃、「はあー」とため息をつくと、 父母や周囲の人から、 「ため息をつくと、 …

スターバックス、ついにイタリアに進出か? シュルツ氏がスタバを開いたきっかけはイタリア。

スターバックス。 今や日本の全都道府県にあります。 創業の地はアメリカ西海岸のシ …

「ゲスの極み乙女。」「ゲス不倫」「ゲス男」。「ゲス」ってなんだっけ?

テレビのワイドショー、週刊誌などで、 最近、目に付くのが、 「ゲス不倫」「ゲスの …

日常の小さな贅沢が人生を豊かにする。作家・池波正太郎の母のにぎり寿司。

長時間、パソコンの前座っているせいか、 目が疲れ、背中、肩が張っています。 スト …

朝の光と光線療法で不眠、認知症予防。

9月そして10月も雨の日が多いですね。 テレビの天気予報でキャスターが 9月の東 …

「もしもピアノが弾けたなら」。ある曲を死ぬまでに弾けるようになりたいという知合い。最新の電子ピアノで実現。

昔、西田敏行さんが歌ってヒットした 「もしもピアノが弾けたなら」 という曲があり …

ふるさと納税で楽天スーパーポイントを付与。楽天がサイトを開設。

「ふるさと納税」。 人気ですね。 多くの人がふるさと納税を行い、 実質的な手取り …

「大人に刺さる園児の名言」「見てる、知ってる、考えてる」。その年でないと出来ない表現。

先日、新聞の書籍広告に が出ていました。 タイトル通り、子どもが語った 大人が感 …

デジタル遺品。特集をNHKの「おはよう日本」で特集。

もし自分が亡くなってしまったら、 パソコンに入っているデータ、 ネット上で利用、 …

山本周五郎没後50年。2月14日は命日。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。

歴史小説家・山本周五郎。 今なお多くのファンを持つ、 作家の一人です。 2017 …