亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「もしあのとき、蔵元の跡取りと結婚していたら……」。もう一つの人生。

      2017/04/30

先日、母が話した岐阜県の山の中の
町にある「城跡」について書きました。

親戚の実家があった場所。
敷地の半分は、他人に貸して、
そこに建物はたっていますが、
かつて実家の建物があったもう半分には、
建物はなく、畑となっています。

その敷地の周囲には竹が生えている土手があり、
春先にはそこで筍掘りをした思い出があると。

今日もまた昼ご飯の時に、その続きの話をしました。

城跡の周囲には、一族が数多く住んでいたとのこと。
そこから少し離れた場所には、遠い親戚である
古くからの酒造会社(造り酒屋)があり、
母が一番最初にお見合いをした相手だったんだとか。

相手は是非にと希望したのですが、
母はその場所にも行き、相手の親にも
会ったそうですが、結局、断ったのです。

「なんで断ったの?
その辺りではお金持ちで名家なのに」

「そうした古い家はしきたりだかなんだかで窮屈そうで。
それに今だといいけれど、まだ若かったから、田舎の
山の中に引っ込むのはいやだったから」。

戦後、海外からどんどん新しい映画、音楽が入ってきて、
若かった母は、それらを見に行ったり、聞きに、
住んでいた岐阜市内の繁華街はもちろん、名古屋まで
出かけていたそう。
そうした文化的で刺激のある生活が、酒蔵のある地方では
出来なくなると思ったというのです。

その酒造会社の方は、別の方と結婚。
その方は若死にしたものの、お子さんが跡を継いで、
現在も立派に営業を続けているようです。

「もしその蔵元に結婚したらどうなっていたか、
なんて考えたことは?」

「本当にどうなっていたかって考えたことはあるねー。
人生ってほんの小さな選択の違いで
大きく変わってくるんだと思うね。
でもどの選択をしていても良かったと後悔はしていないけどね」

この春、大ヒットした映画「ラ・ラ・ランド」では、
最後に主人公二人のカップルのもう一つの人生が
描かれます。

このシーンに「きゅん」となってしまったのですが、
人生経験を経ている人が見たら、
より深く感動する場面かもしれませんね。

もう一つの人生を思い描くけれど、
今に至った現在の人生も肯定する。

それが出来る人は、
良い人生を送れた人なのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

懐かしい芋判、プリントゴッコを不意に思い出す。

準備のよい方は、もう年賀状の手配を すませていらっしゃることでしょう。 年賀状を …

長江と揚子江。大型客船「東方之星」の転覆事故で違いを思い出す。

中国湖北省荊州市の長江で、 乗員乗客456人を乗せた大型客船「東方之星」が転覆し …

「人は他人の記憶の中で永遠に生きられる」。オーネット・コールマンへの山下洋輔さんの追悼文の中の言葉。

「フリージャズ」を創始した一人とされる オーネット・コールマンさんが、先日亡くな …

寒中、明日2016年1月21日は大寒。寒稽古、寒餅。寒紅。

2016年1月20日、東京は外に出ると、 体の芯から冷えるような寒さでした。 今 …

ずるい? 機械で筋肉アップ。知合いが通うのはスポーツクラブではなく整骨院。

年を取ればとるほど 重要になってくるのが筋肉。 なにもしないと衰える一方。 けれ …

「年賀はがき」ならぬ「年賀はだぎ」。大阪のメーカーが売り出し。「着衣始(きそはじめ)」。肌着を新調して就職する父を送り出した祖母の思い。

まだ11月だとゆったり構えていたら、 今日はすでに11月17日。 もう月半ばを過 …

今日、あなたは天使に会えましたか? 「その日の天使」。

以前、別のブログで、「いいこと手帳」について書きました。 「いいこと手帳」とは、 …

良い習慣をつけるためには? アプリの力を借りる。年頭の誓い、守れていますか?

明日は1月10日。 2016年になってもう10日ですね。 年の初めに、今年の誓い …

元横綱千代の富士の九重親方、膵臓がんで亡くなる。軽量、怪我を猛烈な稽古とトレーニングで克服した横綱の中の横綱。

元横綱・千代の富士関、九重親方が、 膵臓がんで、2016年7月31日亡くなられま …

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …