亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「もしあのとき、蔵元の跡取りと結婚していたら……」。もう一つの人生。

      2017/04/30

先日、母が話した岐阜県の山の中の
町にある「城跡」について書きました。

親戚の実家があった場所。
敷地の半分は、他人に貸して、
そこに建物はたっていますが、
かつて実家の建物があったもう半分には、
建物はなく、畑となっています。

その敷地の周囲には竹が生えている土手があり、
春先にはそこで筍掘りをした思い出があると。

今日もまた昼ご飯の時に、その続きの話をしました。

城跡の周囲には、一族が数多く住んでいたとのこと。
そこから少し離れた場所には、遠い親戚である
古くからの酒造会社(造り酒屋)があり、
母が一番最初にお見合いをした相手だったんだとか。

相手は是非にと希望したのですが、
母はその場所にも行き、相手の親にも
会ったそうですが、結局、断ったのです。

「なんで断ったの?
その辺りではお金持ちで名家なのに」

「そうした古い家はしきたりだかなんだかで窮屈そうで。
それに今だといいけれど、まだ若かったから、田舎の
山の中に引っ込むのはいやだったから」。

戦後、海外からどんどん新しい映画、音楽が入ってきて、
若かった母は、それらを見に行ったり、聞きに、
住んでいた岐阜市内の繁華街はもちろん、名古屋まで
出かけていたそう。
そうした文化的で刺激のある生活が、酒蔵のある地方では
出来なくなると思ったというのです。

その酒造会社の方は、別の方と結婚。
その方は若死にしたものの、お子さんが跡を継いで、
現在も立派に営業を続けているようです。

「もしその蔵元に結婚したらどうなっていたか、
なんて考えたことは?」

「本当にどうなっていたかって考えたことはあるねー。
人生ってほんの小さな選択の違いで
大きく変わってくるんだと思うね。
でもどの選択をしていても良かったと後悔はしていないけどね」

この春、大ヒットした映画「ラ・ラ・ランド」では、
最後に主人公二人のカップルのもう一つの人生が
描かれます。

このシーンに「きゅん」となってしまったのですが、
人生経験を経ている人が見たら、
より深く感動する場面かもしれませんね。

もう一つの人生を思い描くけれど、
今に至った現在の人生も肯定する。

それが出来る人は、
良い人生を送れた人なのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

信号機。赤青緑の配列は? Googleのロゴの配色は? 人は見ているようで見ていない。課題を与えて脳を活性化。

インターネットを使った事がある方なら、 検索サイトGoogleはご存じで、 毎日 …

アメリカ東部の長距離自然歩道アパラチアン・トレイルを歩く二人。映画「ロング・トレイル!」、2016年7月30日から公開。

いつかはと描いている夢の一つが、 長距離の自然歩道トレイルを歩き通すこと。 その …

暑中お見舞い。暑中伺い。違いをご存じですか? 黒木瞳さんも知らなかった常識。お中元のタブー。

黒木瞳さんが、朝日新聞に連載の 「黒木瞳のひみつのHちゃん」。 2015年6月2 …

自分への質問。自分を知っているようで知っていない。人生の意味、目的を知る5つの質問。

去年、銀婚式を迎えた知合いのご夫婦。 そのお祝いに旦那さんから奥さんに 花をプレ …

年配の知合いのスポーツクラブの意外な利用目的とは?

年配の知合い。 近所のスポーツクラブの会員となっています。 最近、24時間オープ …

一人サマータイムを続ける知合い。電車がら空き、仕事はかどり、定食屋でもすいすい。いいことだらけだそう。

一時期、省エネの観点から 盛り上がったサマータイム・夏時間。 どうなってしまった …

「おいど(お尻)をしめなさい」。元気、精気を逃がさず。心も安定。

先日、テレビを見ていたら、 京都の祇園が特集されていました。 (再放送) 新日本 …

「汗と涙の結晶」は「the crystal of sweat and tears」で通じる? ホンダジェットの藤野道格(ふじの・みちまさ)社長のスピーチより。

2016年2月4日、朝のNHKニュース「おはよう日本」の中で、 ホンダジェットが …

「今日はこれが思い出せなかった」ノートをつける知合い。何かを思い出せない時、どうしてますか?

若い方には無縁な話かもしれません。 年を取ると、「こんなことがなぜ?」 と思うよ …

タンパク質1日体重1キロあたり1グラム。高齢者はそれ以上。1日肉・魚など250グラム作戦。ロコモ予防。

高齢の母がいます。 かかりつけの先生から、 いろいろと医療知識を仕入れてきて、 …