認知症発表の大山のぶ代さんが、声優の仕事に復帰。認知症になっても仕事は可能。ケアの重要性。

スポンサーリンク
未分類

2015年5月に、夫の砂川啓介さんが、
妻である大山のぶ代さんが
認知症の闘病中であることを、
ラジオ番組で明かしました。

大山のぶ代さんは、人気のある声優さんだっただけに、
このニュースは大きな波紋を呼びました。

その大山さんが、認知症発表の後、初めてとなる
声優の仕事に復帰したと発表されました。

7月8日に、1時間ほど、
都内のスタジオでせりふを収録したとのこと。

大山さんが演じたのは、ゲームソフトを題材にした舞台
「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE~さよなら絶望学園~」
に登場する「モノクマ」というキャラクター。
この舞台はゲーム版が元になっているのですけれど、
大山さんは、ゲーム版からこのキャラクターの声を担当しています。

所属事務所は、体調を見ながら、
仕事を検討する旨、述べています。

かつて認知症についての理解が
今ほど進んでいないときは、
なってしまうと何もできないように
考えられていました。

けれど人に酔ってその症状、程度は様々で、
体調がよければ、病気にかかる前と同じような状態で、
仕事や日常生活を送ることもできるのだそう。

本人はもちろん、周囲の人の努力やケアで、
認知症の症状の軽減が図られることもあるとのこと。

予防はもちろん、なってからの毎日の暮らし方、ケアが、
症状の進行に大きな影響を与えます。

認知症に関しては、日々、研究が進んでいます。
最新の情報を得て、最善の治療、ケアを行いたいものですね。

認知症ネット
https://info.ninchisho.net/
《認知症ケアと介護の基本》
https://info.ninchisho.net/care/c10

《認知症ケアの7大原則》
http://www.nagomi-care.net/article/13957705.html

関連エントリー
声優の大山のぶ代さん。認知症で闘病中と夫の砂川さんが明かす。 》

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント