亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

がん治療からまもなく10年の友達。一病息災で助かった命。

   

先日、会った友達。
今の姿からすっかり
忘れていたのですけれど、
がんの大手術をしたがん患者です。

手術をしてもらった先生からは、
「10年治療に通いなさい」と言われた期限が
あと2ヶ月でやってくると。

今のところ、再発、転移はしていないそうです。

今、一番気をつけているのは、こけないこと。

というのは骨がもろく、すかすかの状態で
骨粗鬆症一歩手前なんだとか。

こけて骨折すると寝たきりになる
可能性が高いので、こけないよう
気をつけているという訳です。

もともと骨を形成する能力が低い
という体質に加え、
抗がん剤治療の副作用で骨が弱く、
骨の密度が低くなったんだそう。

この10年で良かったのは、
月に一度の治療・診察に通い続けたおかげで、
体調、体質を、医師はもちろん、
自分もしっかりと把握することができ、
自分の体の変化に敏感になったこと。

「一病息災」とはよく言ったもので、
病を一つ抱えていると、それによって
体をよく観察し、体に悪い習慣はやめ、
良いことをしようという気持ちになり、
実行できたんだそう。

友達曰く、今や日本人の2人に1人が
がんで亡くなる時代。
がんをきっかけに、自分の体に
向き合うことが重要と。

〇10年の間にがん治療は、手術、薬、
検査の精度など驚くほど、
進歩しているんだそう。
〇初期のがんならほぼ確実に直ると
言えるとか。
〇初期のうちに直すためには、やはり
早期発見が必要。定期的に検診を受けること。
〇また日頃から自分の体調、変化に気をつけること。
少しでもおかしいと思ったら、病院に行く癖を
つける。
〇気軽に相談できるかかりつけの医師を持つ。
〇がん、病気に関する知識をつける
医者任せではダメ。治すのは自分。

病から多くのモノを得ている友達。
彼女からたくさんのことを学びました。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

わが家と同じ除湿機を使っていた知合い宅。最新の除湿機に買い換え、その性能に驚く。

梅雨の時期。 続く雨に洗濯物が乾かないと お悩みのお宅も多いのでは? わが家も電 …

故郷から送ってきた十年熟成自家製味噌。知人がその味噌汁を飲みながら、感じた時の流れ。

知合いの故郷は長野県。 蔵がある代々続く農家です。 東京に住む知合いのもとに、 …

熱中症の診療指針を初めてまとめる。日本救急学会。予防・治療には0.1~0.2%の食塩水を飲むこと。

ゴールデンウィーク。 東京は日差しが夏のようでした。 すでに北海道などで真夏日の …

ドキッとした言葉。「あなた、今、ときめいている人、ことはある?」。高齢の知人のときめきの工夫。

最近、80代の知合いにいわれ、 ドキッとした言葉があります。 「あなた、今、とき …

年齢を重ねても骨折知らずの叔母さんのお土産はワカサギの唐揚。一物全体。食材はまるごと食べる。

先日、90歳近くに成っても元気に動き回る 叔母さんが久しぶりにわが家にやってきた …

NHKスペシャル「腰痛・治療革命 ~見えてきた痛みのメカニズム~」。慢性腰痛は腰ではなく脳が原因に衝撃。

同級生や同年代の友人・知人で 腰痛に悩んでいる人が多くいます。 自分も日中、座り …

97歳の現役医師。身体の整え方。太陽の光を一日15分浴びる。実用的な34の秘密。

高齢の現役の医師として有名なのは、 104歳の日野原重明先生がいらっしゃいます。 …

2015年統一地方選の投票日の天声人語。菊池寛の「入れ札」。投票とくじ引き。

2015年4月26日、統一地方選の投票日ですね。 東京都中央区に住んでいます。 …

写真俳句に凝っている高齢の知合いが、最近、毎日作っているものとは?

以前、このブログで、携帯電話で写真をとり、 それに俳句を添える、いわゆる写真俳句 …

人生は脇道、寄り道、曲がり道。

先日、地下鉄の駅から自宅への帰り道にある、 飲み屋の前で、「寄り道セット1000 …