靴下を足袋状の靴下にしたら歩きやすく踏ん張りがきくようになったと知合いの高齢者。

スポンサーリンク
未分類

先日、靴下、そして靴を買いました。

靴下は足の親指と他の指が分かれている
足袋型のもの。

靴は、旅先でも、ウォーキングにもぴったりのシューズ。
ひもで結ぶタイプですが、その横にファスナーがついていて、
ひもをしめたり、縛ったりしなくてもはいたり脱いだりできます。

どちらも知合いの高齢の方からの話を聞いて、
それらにしました。(全く同じものではないけれど)

それは、その方が、上の2つを試して、
非常に良かったと話してくれたから。

足袋型の靴下。
その方は通常の靴下、五本指の靴下も
試したけれど、結局、親指と別の指が
分かれている足袋タイプにしたそう。

それに変えてよかった点は、
足に踏ん張りが効くようになったこと。
外でも室内でもバランスを崩したりして、
よろけたりすることがありますが、
その時に、足が動いて、耐えることが
出来るようになったそう。

また踏みだしも以前より強く出せるようになり、
歩幅が少しだけですが広がったとか。

以前、ウォーキング用の厚めの靴下を
ふだんにはいていた時、そのクッション性の良さ、
温かさ、また靴の中で滑りにくく足の滑らなさ
などにびっくりしたことがあるのですが、
それ以来の驚き。

こうした機能は五本指靴下もあるのですが、
五本指は脱いだりはいたり、また洗濯後、
整えるのが結構面倒で、それがストレスに
なったので、やめました。

自分には足袋型くらいがちょうどよいようです。

また靴の方は余りにもはいたり脱いだりが
便利になりすぎて、今後、靴を買うときは、
このファスナー付きのもののみになりそうで、
それが心配です。

今回、靴下、靴と足回りのものを買ったのですが、
それらをどうするのかは、
転倒予防、筋肉をつけるための運動量増加、
疲労軽減にも非常に重要なようです。

しっかり選びたいものです。

それと、足のサイズは、年を取ると小さくなったり、
病気、むくみで大きくなったりします。
きちんと計測してくれる店で測ってから
購入すると安心ですね。

ちなみにメーカーによる差もありますが、
自分の足のサイズ、以前にくらべ0.5ミリだけ
小さくなっていました。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント