亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

枕元の「宝水」入れに最適なストロー付きのボトル。深夜、のどの渇きをうるおす。脳梗塞の予防にも。

   

「宝水」をご存じですか?

以前、このブログで書いたことがあるのですが、
旅館などで枕元に置かれていた水差し。
その水差しや入っていた水を「宝水」と言います。

夜中に、のどが渇き、起きる。
その渇きをいやすための水が宝水。

夜中の水不足は、足のつりや、脳梗塞、
心筋梗塞を招きます。

宝水はそれを防いでくれるものなんですね。

小さい時、親戚のおじさんの家に行った際、
この宝水がおじさんの枕元にあって、
不思議に思ったものでした。

なんであんなものがあるのだろうかと。
大人になると夜中にのどが渇くのかなと。

最近になって、ようやくその意味がわかりました。
のどが渇いて目をさますことがあるんですね。

まあ若い時にも、お酒を飲んだときなどは、
のどの渇きに耐えかねて起きることがありましたが……。

目をさましてすぐのところに、
水があると、わざわざ布団から出て、
歩いて、冷蔵庫などに行く必要がありません。

立ち上がらずに寝たままで飲めると、
そのまままた寝入ることが出来る。
ところが立ち上がって、動いてしまうと、
目がしっかりさめてしまって、
すぐに寝付かれないのですね。

これが枕元に水がある利点の一つ。

ところが、昔ながらのガラスの水差しは、
ふとした拍子に倒したり落としたりして、
割れるのが心配。

また最近のペットボトルでは、
ひねって開けにくかったり、
飲みにくかったりします。

知合いがいいものがあると、
利用しているのが、子どもや幼児に
水、ジュースなどをのませるストロー付きの容器。

これだと倒してもこぼれないし、
ふたをあけるだけですぐに飲めます。
なんなら寝たままでも飲める。

ただそのままだと保温性がないので、
夏はぬるく、冬は冷たすぎる。

さらに探したところ、保温性のある
ストロー付きの容器を見つけたそう。

それが、サーモスの真空断熱ストローボトル
http://www.thermos.jp/product/detail/fhl-400.html?color=BW

保冷専用なのでお湯は入れられませんが、
冬でも常温なら、冷たくて困るということもないそうです。

災害時などの備えにも、枕元に
ボトルに入れた宝水を用意しておこうと思いました。

〇枕元に水があると、朝目覚めた時、
ベッド、布団の中で、ゆっくり一杯のみ、
体を目ざめさせられる。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢者は1日6食(多食)。少しずつ何度でもで、栄養失調を防止。順番にも注意。タンパク質から。

高齢になると、一度に食べられる量が減るようです。 80歳を過ぎた母は、このところ …

高齢者。食べられなくなった方に最適な「粉飴」ってご存じ?

先日、お母さんの介護を されている方の話を聞きました。 今は複数の専門家の方が家 …

「一日一笑」を実践するために。4コママンガ、落語、漫才のCD、テレビ番組。YouTube……。知合いの努力に脱帽。

知合いの人が毎日行っている 面白い取り組みを知りました。 それは「一日一笑」の実 …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの お父さんである、 藤山寛美さんのことを書 …

50の坂。60,70、80と坂はどんどん急になる。坂を越えると2から3年はすっといく。

人生を坂に例えることがよくあります。 有名なのは徳川家康が言ったとされる 「人生 …

カストロ前議長の銅像建立禁止、遺言を尊重して。伯父さんの失敗。

先日、亡くなったキューバのカストロ前議長。 キューバ革命から50年あまりにわたり …

永六輔さん。亡くなる。各地を旅して、そこの体験、空気を、放送で伝える。民俗学者・宮本常一の言葉を実践。

放送作家、作詞家、エッセイスト、 ラジオパーソナリティなど 数多くの肩書きを持ち …

「ジュラシック・ワールド」早くも続編制作決定。興行収入は歴代3位に。もう見たと自慢された……。

「ジュラシック・ワールド」 8月5日、日本で公開されます。 アメリカ、イギリスな …

オスとメス、どっちが美味しい、優秀? 蚕、肉牛、うなぎ、タコ、鯛。 

2016年6月12日、毎日新聞の特集記事 「ストーリー」は、とても興味深いもので …