亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

懐かしい芋判、プリントゴッコを不意に思い出す。

   

準備のよい方は、もう年賀状の手配を
すませていらっしゃることでしょう。

年賀状を書かなくなって久しいのですが、
以前は消しゴムで判を作ったりもしていました。

遡れば、小学校の授業で、この時期、
さつま芋で、芋判作りをしていましたね。

あなたの小学校ではどうでしたか?

さつま芋は確か家から持っていったなー。

干支の動物を彫るのが一般的でした。

ある年、次の年が戌年だったので、
みんな犬を図案にして彫りました。

友達の一人のそれは、犬ではなく、
猫にしか見えないものが
出来上がってしまいました。

堀り直すのかなと思って見ていたら、
押した図柄の下に、筆で「犬」と
断り書きをつけていたことを、
まるで昨日のことのように覚えています。

大人になってからですが、
知合いの年配の男性からの年賀状は、
裏一面全体を使った素朴な版画でした。

一度、伺ったところ、10月くらいから
原画・デザインなどを考え、準備にかかるそう。

通常の芋判だと大きさが足りないため、
2つ、3つ組み合わせ、
全面をカバーしていたといいます。

ただ芋判は耐久性がないため、
同じものをいくつか彫らねば
ならなかったとのこと。

市販の版木だと一枚で、
全面をカバーでき、ずべての年賀状を
することができるけれど、素朴な感じがでないので、
わざわざ芋(さつま芋、ジャガイモ類)を使っていたと言います。

今はなくなってしまった「プリントゴッコ」も、
その方は使ったことがあるそう。

けれどやはりこちらも、上手く出来すぎて、
素朴さがなくなるので、わざと大きくて
太い線を使うことで、幼児が作ったような
味を出していたといいます。

プリントゴッコは姉も使っていました。
プライベートな名刺、イベントの案内状
なんかも作っていましたね。

今から考えると、モノ作りや
芸術性をそそる道具でしたね。

プリントゴッコよりいも判はさらに
懐かしさをかきたてます。

小さい時に戻って、
いも判作りに没頭してみたいものですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

現役時代、経費切り詰めのプロだった知合いが定期的に行っている生活の見直し。

定年になり、また年金生活になると、 現役時代より一般に収入が減ります。 最近は寿 …

ベッドルーム。朝起きたら異臭。もしかしてカビ? 温度差、加湿器、鍋料理。冬でもカビ発生に注意。

年末に大掃除してきれいになったベッドルーム。 しかし朝になるとなんだか異臭が。 …

「粛々と」は「上から目線」? 菅官房長官が 翁長沖縄県知事から批判。今後使わないと官房長官。

2015年4月5日、菅義偉官房長官が、 翁長雄志沖縄県知事と会談しました。 その …

「温活」継続中。1年前に較べ体温が上がり調子よし。白湯、スクワット、ルームシューズ。末端温め。

丁度1年前、体温を久しぶりに測ったところ、 若い時に較べ、かなり低くなっており、 …

ヨーグルト、納豆など発酵食品は浮気した方が良いとか。腸内フローラ。

毎日、ヨーグルトを食べています。 家族もそうなのですが、 新しい情報を仕入れてき …

夏の西瓜とメロン。「西瓜は腎臓に良い」と信じていたけれど……。血中のカリウムが高い人はご用心。

夏の西瓜、メロン。 昼下がり、種を飛ばしながら むさぼり食った小学校の夏休みを思 …

チェッコリ。本を学び終えたあと、先生に感謝し仲間と祝う韓国の行事。大叔母の思い出。

チェッコリ。 韓国語です。 頭の片隅に、 このちょっと可愛い響きの言葉があります …

まもなく秋の新そばの季節。100%のそば粉で「そばがき」のススメ。

まもなく秋の新そばのシーズンですね。 新そばは香りが高く、いつもより、 味が濃い …

あっぱれな同級生。ひっそりと被災地通い、そして途上国支援を続ける。「陰徳を積む」。

明日、3月11日。 東日本大震災から5年が過ぎようとしています。 直接ではないの …

皇后陛下、81歳、半寿。天皇陛下と毎朝、スロージョギング。

2015年10月20日、 皇后陛下が81歳の誕生日を迎えられました。 今日の新聞 …