亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

懐かしい芋判、プリントゴッコを不意に思い出す。

   

準備のよい方は、もう年賀状の手配を
すませていらっしゃることでしょう。

年賀状を書かなくなって久しいのですが、
以前は消しゴムで判を作ったりもしていました。

遡れば、小学校の授業で、この時期、
さつま芋で、芋判作りをしていましたね。

あなたの小学校ではどうでしたか?

さつま芋は確か家から持っていったなー。

干支の動物を彫るのが一般的でした。

ある年、次の年が戌年だったので、
みんな犬を図案にして彫りました。

友達の一人のそれは、犬ではなく、
猫にしか見えないものが
出来上がってしまいました。

堀り直すのかなと思って見ていたら、
押した図柄の下に、筆で「犬」と
断り書きをつけていたことを、
まるで昨日のことのように覚えています。

大人になってからですが、
知合いの年配の男性からの年賀状は、
裏一面全体を使った素朴な版画でした。

一度、伺ったところ、10月くらいから
原画・デザインなどを考え、準備にかかるそう。

通常の芋判だと大きさが足りないため、
2つ、3つ組み合わせ、
全面をカバーしていたといいます。

ただ芋判は耐久性がないため、
同じものをいくつか彫らねば
ならなかったとのこと。

市販の版木だと一枚で、
全面をカバーでき、ずべての年賀状を
することができるけれど、素朴な感じがでないので、
わざわざ芋(さつま芋、ジャガイモ類)を使っていたと言います。

今はなくなってしまった「プリントゴッコ」も、
その方は使ったことがあるそう。

けれどやはりこちらも、上手く出来すぎて、
素朴さがなくなるので、わざと大きくて
太い線を使うことで、幼児が作ったような
味を出していたといいます。

プリントゴッコは姉も使っていました。
プライベートな名刺、イベントの案内状
なんかも作っていましたね。

今から考えると、モノ作りや
芸術性をそそる道具でしたね。

プリントゴッコよりいも判はさらに
懐かしさをかきたてます。

小さい時に戻って、
いも判作りに没頭してみたいものですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

空茶とおもたせ。一杯茶。馬鹿の三杯汁など祖母たちの言いつけを思い出す。

「空茶」という言葉。 ご存じですか? 2017年5月15日、毎日新聞の 《週刊漢 …

退職金を使ってリフォーム。掃除不要のバスタブ、換気扇に奥さん大満足。

定年退職して退職金をもらった知合い(男性)。 子供部屋をリフォームして、 趣味の …

給食から、あのソフトめんが消える? 小さい時の味の記憶。

学校給食の思い出。 いろいろあります。 地域や年代によって、いろいろと異なってい …

毎日、前腕が凝ってしょうがない。同じ悩みを持つ友達から教わった解消法。

毎日、パソコンを かなり長時間、使っています。 キーボードでメール、企画書、 報 …

田舎の土地や家屋を寄付しようと申し出たら、断られた。実家の不動産の処分で悩む人たち。

仕事仲間の女性。 ほぼ同じ年頃で、親も同年代。 その友人のご両親があいついで亡く …

顔は実は相当、凝っている。顔凝りほぐしの勧め。

肩、腕、背中、腰、足の凝り。 悩んでいる方、多いと思います。 かくいう自分もそう …

「思うは招く」。リアル下町ロケット、ロケットを開発する北海道・植松電機の植松努さん。そのお母さんの言葉。

2015年1月2日、フジテレビで放送された 「奇跡体験!アンビリーバブル」。 日 …

温活を本格的に開始。白湯、温熱サポーター。今年から加わったジンジャーココア。

あるとき、久しぶりに体温を測ったら、35度台。 それに驚いて、体を温める温活を始 …

代官山モトベロの電動アシスト自転車「BESV PS-1」に人だかりが出来ていた訳。

先日、東京の代官山T-SITEプロジェクト内にある 電動アシスト自転車専門店モト …

実家の巨大な仏壇・仏具を整理した知合い。純金のおりんの価値を知る。

実家の家を整理する「親家片(おやかた)」が 話題になっていますね。 知合いに何人 …